<序>――秘兆


踊りをいかに始めるか、
始まりにおいてもっとも大事なこととは何々なのか。
それが<序>をめぐる問題だ。

1.<序>の<序>――兆しを秘めよ

からだの闇で何らかのクオリアと出会う。
これが踊りの始まりになる。
まだ動きにはならない。
動き以前に命はクオリアと出会っている。
だが、それは本人しか知らない秘密だ。
兆しを秘めること、秘兆。
これが<序>の<序>のこころだ。
その秘められた兆しの中には、
この踊りの一切の花も謎も予感のように折りたたまれている。
だが、それは踊る本人にさえ長い間分からないことだ。

動きの前に踊り手はいかなるクオリアと
これから格闘することになるのか、
十分に準備ができていなければならない。
観客にはまだ何も見せない。
静まり返ったからだのなかで
命とクオリアの共振だけが静かに始まっていく。
従来の舞踏のことばでは<タメ>をつくるという
ことばでこの<序>の<序>の呼吸が伝えられてきた。

2.<序>の<破>――秘兆ゆらぎ

秘められたクオリアとの出会いが、
かすかなゆらぎとなって現れ出す。
これが<序>の<破>だ。
何かしら、かそけきものが始まっている。
だが、何が始まっているのか誰にも分からない。
始まりつつあることだけを伝える。
これが秘兆ゆらぎだ。
クオリアはいつもゆらいでいる。
であったクオリアが重いクオリアなら軽さとの間でゆらぐ。
温かいクオリアなら、寒さとの間で。
生と死の間で。
開けと閉じとの間で。
命と石の間で。
明るさと闇との間で。
一色のクオリアだけではない。
からだのあちこちが違った次元にゆらぐ。
そうだ。さまざまなクオリアがゆらぎ立つ。
こうなれば、自全ゆらぎの始まりとなる。
観客のほとんど全員が、始まりつつある何かに捕らえられている。
だが、何が始まろうとしているのか、謎はいっそう深まっていく。
これが<序>の<破>の命である。
ここで観客のまなざしを掴んで終わるまで離さない。
踊りという命の共振現象がここから始まっていく。

3.<序>の<急>――異次元開畳

やがて、ゆらぎが拡大し、誰の目にも何が起こっているのかが
はっきり見え出す。
踊り手は一つの異次元を開畳し、その世界の住人に変容する。
これが<序>の<急>である。
この開畳する異次元の中にいかに観客をともに引き入れるか、
これが<序>の<序>から、<序>の<急>にいたる課題である。
すべての<序>のテクニックはそのためにある。


Google
WWW を検索
subbody.com を検索

調べたいキーワードを、上の検索欄に入力して、[Google検索]をクリックしてください。
お望みのキーワードのあるページが見つかります。

| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |  

←BACK ■ NEXT→