<序破急>


踊りをいかに始めるか、
始まりにおいてもっとも大事なこととは何々なのか。
それが<序>をめぐる問題だ。

1.<序>の<序>――兆しを秘めよ

からだの闇で何らかのクオリアと出会う。
これが踊りの始まりになる。
まだ動きにはならない。
動き以前に命はクオリアと出会っている。
だが、それは本人しか知らない秘密だ。
兆しを秘めること、秘兆。
これが<序>の<序>のこころだ。
その秘められた兆しの中には、
この踊りの一切の花も謎も予感のように折りたたまれている。
だが、それは踊る本人にさえ長い間分からないことだ。

動きの前に踊り手はいかなるクオリアと
これから格闘することになるのか、
十分に準備ができていなければならない。
観客にはまだ何も見せない。
静まり返ったからだのなかで
命とクオリアの共振だけが静かに始まっていく。
従来の舞踏のことばでは<タメ>をつくるという
ことばでこの<序>の<序>の呼吸が伝えられてきた。

2.<序>の<破>――秘兆ゆらぎ

秘められたクオリアとの出会いが、
かすかなゆらぎとなって現れ出す。
これが<序>の<破>だ。
何かしら、かそけきものが始まっている。
だが、何が始まっているのか誰にも分からない。
始まりつつあることだけを伝える。
これが秘兆ゆらぎだ。
クオリアはいつもゆらいでいる。
であったクオリアが重いクオリアなら軽さとの間でゆらぐ。
温かいクオリアなら、寒さとの間で。
生と死の間で。
開けと閉じとの間で。
命と石の間で。
明るさと闇との間で。
一色のクオリアだけではない。
からだのあちこちが違った次元にゆらぐ。
そうだ。さまざまなクオリアがゆらぎ立つ。
こうなれば、自全ゆらぎの始まりとなる。
観客のほとんど全員が、始まりつつある何かに捕らえられている。
だが、何が始まろうとしているのか、謎はいっそう深まっていく。
これが<序>の<破>の命である。
ここで観客のまなざしを掴んで終わるまで離さない。
踊りという命の共振現象がここから始まっていく。

3.<序>の<急>――異次元開畳

やがて、ゆらぎが拡大し、誰の目にも何が起こっているのかが
はっきり見え出す。
踊り手は一つの異次元を開畳し、その世界の住人に変容する。
これが<序>の<急>である。
この開畳する異次元の中にいかに観客をともに引き入れるか、
これが<序>の<序>から、<序>の<急>にいたる課題である。
すべての<序>のテクニックはそのためにある。

4.<破>――異次元開畳につぐ開畳

この<序>のテクニックをつかみさえすれば、
後はどんな世界でも開畳していける。
通常<破>は、3段から5段を設ける。
<破>1、<破>2、<破>3と畳み掛けていく。
すべての<破>は、違った仕方で開畳されなければならない。
緩急、高低、時間、空間、チャンネル転換……
予想外の次元が予想外の仕方で開畳される。
工夫のしどころだ。
踊り手は、サブボディを乗り換え乗り換えして、
自全の全領域を旅していく。
現世に生きていたはずの観客を、すべての異次元にいざなっていく。
そして、いつしか知らないうちに、
観客もまた踊り手の棲む異界の住人とされてしまうのだ。

5.<急>――揉み寄せ、発明

さまざまな<急>がありうる。
<急>は最大の発明のしどころである。
順手ならば、さまざまな動きを短時間のうちに次々と見せ、
手数を増やして揉み寄せ、緊張を極限まで高めていく。
それが揉み寄せの<急>だ。
そののちに、その踊りの中で最も踊りたかった踊りにいたる。
それが最後の<急>だ。
命に聴けばいい。
「この踊りを何千万回繰り返せるかい?」
命が「然り!」と答えれば、
それは紛れもない君のサブボディにとっての<急>である。
激しいクライマックスに至る<急>もあれば、
静寂の極致に至るアンチ・クライマックスの<急>もある。
華やかな花を見せる<急>もあれば
真っ暗な謎の中に沈んでいく<急>もある。
いや踊りにはこのどちらもが必要だ。
その踊りの花と謎を最果てまで開け果てる。
それができたら<急>を踊ったことになる。
世界でまだ誰も見せたことのない<急>を発明すること。
それが<急>の課題である。

そこで、踊り手は異界の住人として、
この世に異界からのまなざしを差し向ける。
その異界が死者の世界ならばそれは他界からのまなざしとなる。
この現世はクオリアの輝きに満ちている。
命はそれらとまばゆいばかりに共振している。
だが、死の世界は、どんなクオリアとも共振することはない。
共振なき世界から、共振世界を見つめる。

そのまなざしは現世に生きている観客に、
そこで生きろ!と告げる。
そここそが君の生きる場所だ。
見てみろ輝かしいクオリアに満ちているではないか。
豊かな共振にあふれているではないか。
自分の日常世界の豊かさを忘れて退屈し、
踊りなどを見に来ている観客に、
創造主として生きろと告げる。
それがサブボディからサブボディへのメッセージだ。


Google
WWW を検索
subbody.com を検索

調べたいキーワードを、上の検索欄に入力して、[Google検索]をクリックしてください。
お望みのキーワードのあるページが見つかります。

| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |  

←BACK ■ NEXT→