変容法 6 異次元開畳


サブボディ世界の特徴は、
ものごとがすべて異次元開畳という仕方で展開することである。
よくなじんだ三次元の空間や一次元の時間による時空ではなく、
そこは非二元かつ多次元変容流動時空なので、
ひとつの次元で起こっているかに見えることのなかに
そこに折りたたまれていた別の次元が開畳していくる
密かな兆しが潜んでいる。
その秘密の兆しを密かにつかみ、開畳していく。
その開畳の仕方も無数のバリエーションがある。
じわじわと異次元がからだの一部から滲み出してきたり、
いきなり別次元に落ち込んだり、
知らないうちに別の世界に迷い込んでいたり、
数え切れないほどの展開法がある。
それをどうして学ぶか?
すべての生きた実例が自分のからだの闇にある。

この極意をつかむためには、
夜見る夢や白昼夢、妄想、幻想などがどのように始まり
どのように別のものに変容展開していくかを
常につぶさに観察することである。
すべての鍵は自分のサブボディの昼夜分かたぬ活動の中に
隠されている。

この異次元開畳術の専門家となることをめざすことだ。
それだけで、世界のどこにもない自分だけの
創造法、展開法を身につけることができる。


Google
WWW を検索
subbody.com を検索

調べたいキーワードを、上の検索欄に入力して、[Google検索]をクリックしてください。
お望みのキーワードのあるページが見つかります。

| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |  

←BACK ■ NEXT→