自全歩行


自全を運ぶ、自全歩行

サブボディがいるのは地下だけではない。
床の上をはいつくばいいざりながらついてくるサブボディ、
空中をさまようサブボディ、
からだの中からすきあらば躍り出ようとしているサブボディ、
皮膚の上を滑っているナメクジ様のサブボディ、足
元にまといつく瀕死のサブボディ、
ありとあらゆるこの世ならぬ形をしたサブボディたちが絡みつき、
妖怪が取り付いて山のように重くなったからだを、
少しずつ前に運ぶ。
全身がいつも微細なゆらぎをたたえている。
死に瀕しているサブボディをひとりも取りこぼさぬように、張り詰めて歩む。


●関連技法
巣の歩行
山の歩行

| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |  

←BACK ■ NEXT→