探体法9 八覚ブロック アンド リリース探体

八覚リゾーミングの次の段階は、
ブロックとリリースを付け加える。

体底呼吸とともに八覚のなんらかのクオリアを
からだに広げていく過程で、
からだのどこかでそのクオリアが肥大し、
それに囚われることを思い浮かべる。
そしてそれにのり移られたからだになる。
からだの一部に折りたたまれているくぐもりが共振して
感じられたら、それを体験する。
そして、呼気とともにそのくぐもりが
抜け去っていくのを感じる。

ひとつのクオリアに囚われてしまうことと、
その囚われから解放されるクオリアを体験する。
ブロックか、リリースかの、
いずれかに、深い味わいを感じたら、
それにからだごと乗り込んでいく。

折りたたまれていた思わぬ自分の分身に出会うことができる。
そして、からだのどこからでも、
折りたたまれているクオリアを引き出し、
それに成りこんでいくことができるようになる。
そう、生命だけが感じ、使うことのできるクオリアを
自在に使いこなせる<クオリア遣い>に変成したのだ。

そして、最後に
あらゆるクオリアは時に自分を拉っしさるが、
時が来れば抜け落ちていくものであることに気づく。
この気づきのチャンネルが最後に開く。
もう、どんなクオリアに成りこもうとも
そこから引き返すことのできるからだになったのだ。

| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |  

←BACK ■ NEXT→