探体法16  ゆらぎ立ち



ゆらぎ立つ。

脚のかたち、足のかたちをさまざまに変え、
踏み方をほんの少し変えるだけで、
違ったクオリアがからだを駆け抜ける。
仙腸関節の開閉、
膝のゆるみ、
足の土踏まずの反り具合、
踏み点、
重心の注ぎ込み方、
一つ一つを微細に変え、
さまざまなゆらぎをまとった立ち方を知る。

両足の足幅(スタンス)を変えて踏む。
両脚を付けて立つ。
少し開いて立つ。
かなり開いて立つ。
大きく開いて立つ。
仙腸関節を開き、閉脚(ターンイン)で踏む。
仙腸関節を閉じ、開脚(ターンアウト)で踏む。
土踏まずの甲弓を丸めて踏む。
土踏まずの甲弓を平たくして踏む。
つかみ足(足指と踵で床をつかん)で踏む。
爪先立ちで踏む。
足刀(小指側の側面)で踏む。
足峰(親指側の側面)で踏む。
踵で踏む。
ひざを緩めて立つ。
踏み込んだ同じ脚に地球からの反作用を通す。
踏み込んだのと反対の脚に地球からの反作用を通す。
足裏を滑らせて動く。

立つということの微細さの限りを味わい分ける。

これらの立ち方、ゆらぎの通し方、
踏み方の変幻を学びながら、
からだとからだの闇に起こる微細なゆらぎに耳を澄ます。
足の形や踏点をさまざまに変奏して踏み、
ありとあらゆるゆらぎをからだに通す。
そのゆらぎの中に、自分固有のサブボディからの
サブシグナルを聴き込んでいく。
かすかな固有のクオリアのゆらぎを捉えたら、
それに従い、乗り込み、増幅していく。

立ち方や歩行の練習は、
型の習得にとどまらず、それを超えて
サブボディの探体の豊富化として捉える。
すべては、創造のきっかけをつかむためのものなのだ。
この原理を身につけること。

立つ、踏む、歩く、倒れる、転がる、……すべての動きの中に
自分固有の微細なゆらぎを探し、聴き込むことから始める。


| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |  

←BACK ■ NEXT→