←BACK ■ NEXT→

体底呼吸(ボトム呼吸)

体底呼吸とは、
息を吐くときにからだの底の会陰部の筋肉を引き締めていき、
そこを緩めると同時に息を吸い始める。
そしてすぐさま体底を引き締めていく。
息を吸い始めるときにだけそこを緩める呼吸法です。

次の3段階に分けて習得してください。

ステップ1: 自己観察

1.静かに座り、胸筋を使わずに、下腹部だけで呼吸する。
2.息を吸ったとき、からだのどこがどう動き、
下腹部のどこがどのように膨らんでいるかをよく観察する。
3.胸部と腹部を隔てている横隔膜が引き下げられるとき、
肺が拡張して空気が入ってくること、そして、それに押されて、
下腹部全体が下方に押し下げられていることを、
からだでつかめるようになるまで続ける。
4.同様に、息を吐くとき、からだのどこがどのように動いているかを
じっくり観察する。
5.下腹部が縮み、横隔膜が押し上げられることによって
、肺が縮小して空気が押し出されることが、
からだでつかめるようになるまで続ける。

ステップ2: 呼気のとき体底を締める、最初の体底呼吸

1.上で観察した流れを、少し、意識的に増幅する。
息を吐きながら、体底の会陰部の筋肉(肛門の周囲の筋肉)と、
最下部の腹筋(以下、上の二つをさして体底と略す)を緊張させていく。
2.最大限まで息を吐いたら、その瞬間体底部の緊張を解いて緩める。
自然に横隔膜が下がり、肺に空気が流れ込んでくるのを感じる。
3.肺がいっぱいになるまで横隔膜を押し下げ、空気を吸い込んでいく。
4.最大まで吸ったら、息を吐きはじめながら、体底を緊張させていく。

ステップ3: 絶えず体底を締める体底呼吸


1.上と同様だが、息を吐きながら体底を緊張させていき、
最大限まで息を吐いたら、その瞬間だけ、体底の緊張を解き、吸気をはじめる。
2.息を吸い込み始めるや否や、ふたたび体底を緊張させていく。
3.最大限まで吸ったら、息を吐き始める。体底部の緊張は続けていき、
最大限まで吐ききった瞬間だけ、ふたたび体底を緩め息を吸い込む。
4.上の<第二ステージの体底呼吸>との違いをよく把握し、
呼気の開始の瞬間以外は、
いつも体底を緊張させていることに慣れるまで続ける。
自分でもっともよいリズムを見つけていく。

この、技巧的な体底呼吸は、つぎの最小呼吸の基礎となる。
最小呼吸は、異次元の存在や死者のからだになりこむために
欠かせないテクニックであるから、時間をかけて練習すること。
(以下単に体底呼吸というとき、このステージ3の体底呼吸を指す。)

また、この体底呼吸をコントロールできるようになると、
それを使って、体底に支えられた
野太い体腔声音を持続的に出せるようになる。
息を吐きながらでも吸いながらでも体腔音声が出るように、
音像流チャンネルを十分に開くためにも、不可欠の呼吸法である。

また、調体法2の小周天八方回しをする上でも、
この体底呼吸が必須のものになる。

このように、随所で必要となる重要な呼吸法であるが、
これに囚われて、いつもいつも体底呼吸をしていなければならないわけではない。踊りにおいては、随時その動きに最も適した呼吸法に
自在に切り替えられるようになることが肝心だ。


体底呼吸から小周天回し、八方ゆらぎへの流れ

ステップ1: 自己観察

体底呼吸の第1ステップは、
ただただ自分の呼吸を感じ、観察する。
ボトムはどう動き、腹筋、横隔膜、
胸はどう動いているか。
鼻口のどは何を感じているか。
呼吸を仔細に眺めつつ楽しむ。

ステップ2:体底を締める

体底呼吸の第1ステップでは、
呼気を吐ききるとともに、
体底を締めはじめる。
体底とは、肛門周りの筋肉と、
4つに分かれている腹筋の最下部だ。
そして、それを緩めると同時に
空気が自然に入ってくる。
最初はこれを繰り返す。

ステップ3:小周天、八方小周天に呼吸をまわす

体底呼吸の第3ステージでは、
体底を緩めるとともに、
空気を仙骨から脊髄に沿って送りあげていく。
首、頭、額、目、鼻へ
口に来るとともに呼気をはじめ、
再び体底を締めはじめる。
タオでいう小周天の動きだ。
空気が送られた部位と対話する。
「今日の調子はどうだい?」
固まっていれば膨らまして新鮮な
空気を送る。
やがて、八方小周天に移る。
水平の大時計を床の上に想像する。
自分はその中心にいる。
前が12時、後ろが6時だ。
6時から吸い上げ、12時に吐きおろすのが小周天だ。
それを7時の方向(斜め後ろ)から吸い上げ、
1時に吐き下ろしていく。
順次、8時―2時、9時―3時と一周する。
からだの各部の調子を聴く。

ステップ4:絶えず体底を締め続ける

体底呼吸の第4ステージでは、
息を吸い始めるときだけ
体底をゆるめ、すぐまた締めはじめる。
呼気のときも吸気のときも
体底は締め続けている。
そして、からだの下部から順次
上部に吸った空気を送りあげる。
下腹部、腹部、胸部、上胸部、首、頭へと
じょじょに空気を送る。
送る空気とともに内臓の各部の調子を聴く。

ステップ5:体底だけで呼吸する最小呼吸

体底呼吸の第5ステージは、
逆に胴体の各部は動かさず、
体底の開け閉めだけで呼吸する
最小呼吸だ。
これは、衰弱体や死体になりこむ
練習のときの課題となる。

★関連技法→小周天八方まわし
Google
WWW を検索
subbody.com を検索

調べたいキーワードを、上の検索欄に入力して、[Google検索]をクリックしてください。
お望みのキーワードのあるページが見つかります。

| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |