サブボディ・メソッド 実技ガイド

 この夏は、ここ数年しばらく中断していた『実技ガイド』を再編集している。
中断していたのは、実技ガイドが膨大になりすぎて開くのが重くなっていたからだ。
この機会に一つの本にまとめて出版する予定だ。
数年ぶりに振り返ると、この数年でサブボディ技法はずいぶん深化し、
何を実現しようとしてきたのかが、はっきりしてきたのが分かる。
この記事はその象徴ともなるだろうものの一つだ。

6 変容法
微細リスニングとリゾーミング
 
 

からだに耳を澄ます。
あるかないかのクオリアを聴く。
瞬間ごとに変わっていくクオリアの流れの一瞬を狩る。
そしてからだを預ける。
ときにゆらぎや震え伸び、縮み、ショックなどの動きになる。
ときにおびえやくぐもりなどからくるからだの密度の変化になる。
それらの変化がからだの一部から他の部位へ波及・伝染していく。
それを管理するのがリゾーミング技法だ。
瞬間ごとにからだを構成する百兆個の細胞のいのちの共振パターンが変わっていく。
通常速度で起こる変化を微分化して、いのちに何が起こっているかを詳細に見せる。
リゾーミングはいのちの共振技法として欠かせない。
ひとつの踊りのなかで、もっとも大事なクオリア変容が起こる場面は、緩速化してじっくり踊る。
いきおい観客のいのちもその変容に巻き込まれる。
それが生命共振舞踏だ。
いのちからいのちへ伝わる生命共振だけが世界を、
ゆっくりとだが確実に変えることができる。

 

『実技ガイド』をもっと読む
Google
WWW を検索
subbody.com を検索

調べたいキーワードを、上の検索欄に入力して、[Google検索]をクリックしてください。
お望みのキーワードのあるページが見つかります。

| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |  

←BACK ■ NEXT→