産婆ガイド

←BACK  ■ NEXT→

9 癒体技法
共振タップ
 

タッピングとは

 タッピングは、情動アタックや情動拘束から解放される技法として、
20世紀の末に発見され、発展してきた。指先で特異点をトントンとタップする簡単な技法だが、思わぬ効果がある。指圧などの伝統技法からタッピングに適当な
ツボを取り入れ、TFTやEFTなどさまざまな流派が生まれている。
自分一人でやってもいいし、二人でやてもいい。二人で行う場合は、片手を自分のツボに、他方の指先を相手のツボにタップしながら、もっとも心地よい強さやリズムを見つける。
 からだの闇を旅していると、思わぬ忘れていた記憶にぶつかり、そのときに受けた情動的なショックや囚われがぶり返してくることがある。エッジ・クオリアだ。
始める前に、そのときの苦しみ度を10とすると、
タッピングしながら、それがじょじょに軽減されていく度合いを、8とか、4とかと
計測して、効果を自覚しながら進めていくのが、もうひとつの特徴である。
言い表しがたいリゾーム的なものを、簡単な数字(ツリー)に置き換えることで、
効果を自覚しながら促進するのは、ツリー・リゾーム技法のひとつである。
十数年前、学校建設の過程で、脅迫神経症に見まわれ、
わけの分からない怖れや苦しみに直面したとき、
藁にもすがる思いでこれを試みて、それなりの軽減効果があった。
ほかの癒体技法である共振タッチや指圧、エッジワークなどにも適用できるかもしれない。
逆効果もあるので、慎重に実験しながらすすめてください。


くわしくはTFTやEFTなどのサイトやYuotubeなどのビデオがたくさんアップされているので、参考にしてください。

共振指圧
共振傾聴