行方不明者たちの日記
 (多重日記 改題)

 
 2015年1月1日

赤子系サブボディという最終課題


去年から、「おさなめくじ」、「をぢことは何か」と書き継いできて、
ようやくわかりかけてきた。
俺の最期の課題は、これらの赤子系のサブボディとの
よい共振方法を見つけることなのだ。

思えば数々のサブボディをもっとも深層で操っているのが
りゅうり大魔王だ。
赤子のまま66年も歳を経てきて手に負えぬほど老獪になっている。
みずからは姿を隠したまま、他のサブボディを巧みに操って
意を遂げようとする。
口にできぬほど汚い手口で。
産婆系や龍二系の賢しらな意識系のサブボディも
難なく手駒にしてしまう力量を持っている。
古代日本やヒンドゥーの神々が千変万化する権現性を持つのは
あるいはアニミズム時代の原始人も
この幼魔系のサブボディの自らは隠れて他の姿に変容する性質を
知っていたのかもしれない。

ともあれ、をぢこのおかげで
わたしの最終課題が何であるかにはっきりと直面した。
りんやしうにまといつくロリ系のサブボディもまた
りゅうり大魔王の権現だった。
三歳で母をなくしたりゅうり大魔王が
どういう経路で生き延び、自らを鍛え上げてきたのか、
しばらくその来歴を探ってみよう。
あるいはいまの少数部族を訪ねるインドリゾ―ミングツアーも
りゅうり大魔王の差し金ととらえるべきかもしれない。
会いたい人にそこで出会えるかもしれないと。


オリッサに進路を定めたのは、
10数年前ケララの部族で出会ったフォレストガイドの若く美しい妻の
面影と、しうと、この少女が多重共振していることに導かれている。
ならば、そんな赤子のりゅうりの意向に
他のメンバーを引きずり込んでいいのか、という根本問題にまで
波及してくる。
りゅうりは何に執着しているのか。
俺が脱がなければならないアタッチメントとは何なのか。
自分の中の最深層のりゅうり大魔王は、
<脱ぐ>などというたやすい比喩では扱えない。
竹取翁として醜く成仏するほかないのではないか。






「行方不明者たちの日記」をもっと読む

2015年1月3日

サブボディ群の色分け


下記の2008年3月30日の色分けを少し増補改訂する。
このころは解離された人格状態として分類していたが、
いつの間にか、かつてのような激しい解離は起こらなくなった。
いまはからだの闇のさまざまな傾性として、
あるいは多彩なサブボディとして捉えるのが適している。

 世界チャンネルサブボディ  
アド系サブボディ(山沢・今故・憤怒) ●●●
ロリ系を含む
関係チャンネルルの性的サブボディ
ヒューマノイド系サブボディ(システマ・仕事師)
希望の論理サブボディ(かつては絵かき人格)
か弱いサブボディ
自然派サブボディ(苔丸・鳥吉・魚輔)
幼魔系サブボディ
(りゅうり大魔王・テーブル返し・代替転換屋)
原生夢ドリームボディ
生命龍
教師人格・産婆サブボディ  多重日記以外の記事に登場
 タナトス・翁系サブボディ  

タナトス系と世界チャンネル系を付加した。
関係チャンネルに現れるサブボディはロリ系から幼児・少年性欲系まで、
つながり欲の段階から性欲まですべて性的サブボディとして
ピンクにした。
アド系サブボディも、修羅から山沢夙、今故血人肉男と多数いるがすべて赤にした。
ヒューマノイド系としてシステマ、仕事師、コピーライター君などをまとめた。もっとも生命共振から遠い状態だ。
幼魔系には、盟主のりゅうり大魔王をはじめ、テーブル返し、代替転換屋、計算屋など多数いる。
胎内時代や乳児時代に起源を持つサブボディはもっとも多次元かつ非二元的であり、変容の幅が大きい。関係チャンネルに現れればネズミやひっつきむしなどとなる。
二歳以前の非性的な非二元的存在のうち、それ以後の性的分化の過程で失われた異性的傾性が共振投射されたものがアニマ・アニムスの期限であろう。これはごく最近の気づきだ。
もっとも変容流動が激しく変幻自在な権現性を持つ、
ヒンドゥーのシヴァ神同様だ。(これは別項で展開する)。
----------------------------------------------

2008年3月30日の色分け

少しだけ風通しが

多重日記の左欄を、記事見出しで検索できるように改造した。
いうまでもなく、こんな仕事は仕事魔君しかできない。
同じ、あるいは良く似た人格状態を色分けしてみた。

アド人格群(山沢・今故・憤怒) ●●●
ロリ人格を含む性的人格群
仕事師人格群
絵描き人格
か弱い人格群
自然派人格群(苔丸・鳥吉・魚輔)
テーブル返し・代替転換屋
原生夢人格群
生命龍
踊り人格・教師人格・産婆  多重日記以外の記事に登場

かなり大雑把な色分けしかできなかった。
人格群は重なり、複雑に交錯し、変容し続けている。
たとえば性的人格状態には随分ゆらぎの幅があるが、
それらはみなピンクにするしかなかった。
アド人格も多数いるがすべて赤にした。
仕事魔は、以前の記事ではコピーライター君とか
システマとか仕事師と呼ばれている。
胎内時代や乳児時代に起源を持つ人格状態は、
もっとも変容流動が激しく変幻自在なので言葉でピンで止めることも、
色分けすることも事実上不可能だ。
その多次元ゆらぎの実際の模様は微妙過ぎてとても言葉では書き留められない。
上の色分けはかなり強引に二元論的に単純化せざるを得なかった。
それらを無理に区分するのは、ほとんど二元論の暴力だ。
だがそれでも、そのおかげで、この4年間の人格状態の変移が
随分すっきりと見通せるようになった。
同じ系統の人格状態も年によって呼び名が変わっている。
その出て来かたにも随分ゆらぎがある。
からだの闇は多次元に変容流動している。

大雑把な言葉による記録でも透明化には随分役立つ。
リゾームをツリーに変換することは、多次元を低次元に単純化することだが、
パースペクティブを分かりやすくするには、今のところこの方法しかない。
この区分は非二元かつ多次元なリゾーム状のからだの闇を
二元的に低次元変換したものだと、分かっておく必要がある。
これが両方の世界を行き来し、透明化するためのツリーリゾーム論理なのだ。

そのときどきで書けていることと、書けていないことがある。
これは自分ではよく分かっている。
ロリ人格とその他の性的人格の間で激しい葛藤が存在するが
両者とも言葉の世界には出てこようとしない。
一回だけ、ロリ人格が真夜中に出現して、自分が性的主人格だと
クーデターのように宣言したことがあったが、たちまち明くる日に
別の人格に見つかって削除された。

ともあれ、無数の人格状態が交錯しつつ変容している。
仕事魔さんの作業なしには、この風通しはつくれなかった。

踊りを始めて十年間、下意識を尊重するあまり、
意識人格であるこの仕事魔さんを憎み、排除し続けていたことが
大きな問題だったことがようやく分かった。
意識と下意識のよい関係が見出される必要がある。
仕事魔という呼び名にはまだ、踊り人格からの嫌悪がこもっている。
名前を仕事師と呼びかえ、自分の中の一員としてちゃんと承認し処遇したい。
タバコを吸う性癖が問題だが、それはこれからの課題だ。
これはわたしにとってはここ十年間でもっとも大きな革命かも知れない。




2014年
 
 
 2013年11月21日

おさなめくじ


不意に、長年潜みに潜んでいた秘密のサブボディが姿を現す。
誰ものからだの闇には誰しも気づいていないすきまがあって、
それらの闇の隙間からすきまへ、無限変容しながらすり抜けるやつだ。
わたし自身にさえそいつのことは気づけないままだった。
だが、思い起こせばひとびとが目を瞑り、そのひとだけのからだの闇に降りる時間、
そいつはひそかに闇の隙間を縫って踊っていた。
おさなめくじ
そいつは現世に出てくれば忌み嫌われる。
この世の軛から解き放たれる踊りの中にしか生きることのできぬやつだ。
現世では

ひまくのうらからうらへはいずりまさぐりまくるおさなめくじ

そんなやつが生きることをゆるされるはずもない。
(それでもしぶとく生きながらえてきたけどね、ひとびとの目を盗み
眠りの隙間をかいくぐって…)


あさっては死んだ母の89回目の誕生日、
マザーファッカーでもあるおさなめくじのハレの門出にふさわしい。



「行方不明者たちの日記」をもっと読む

「からだの闇」をもっと読む


サブボディ舞踏スクールホームページ |
RSS FEED
RSS FEED
2015年
 
←BACK ■ NEXT→