ヒマラヤ共振日記
World Resonance!
Thailand
 

Syv

"Color me America"

シブ、バンコク舞踏祭で踊る


シブはレドーとバンコク舞踏祭で公演。
レドーはビルマ出身のアメリカ人舞踏ダンサー。

check out his website www.ledoh.org


Photo by ボアズ

バンコク舞踏祭の写真を見るにはここをクリック

Sylvutchka b

<tcheripachka[at]yahoo.com>

 Change [at] to @
Singapore and Thailand

Syv


Butoh Gang (Pilar,Syv,Igu,Bo) meet at Bangkok

シブ、シンガポールとタイでワークショップ

バンコク舞踏祭が終わった。
再会したリゾームノマドたちは再び世界各地に散っていく。
いぐは故郷の岩手で新しい拠点を創る。
ボーはスペインへ、ピラーはヒマラヤで産婆修業を続ける。
シブはシンガポールに向かい、
ヨガをやっている友人と舞踏とヨガを統合したワークショップを開催するという。
そうだ。走り続けることだ。
行く先々で生命共振のビールスをまき散らせ。


Butoh and Continuum Workshops

When: February, 2012
Where: Singapore & Bangkok
-------------------
dear lee,

 

bangkok festival is over, last night i took ikuko to the airport. it was a great adventure to have her here.

 

i am also so grateful to have been able to perform and attend a few workshops with different dancers. i learn from the variety of those people. i want to dance more and more! i want to find my own butoh and flowers. and i hope to come back to your school one day to become a midwife.

next year in february i will go to singapore to give some butoh and continuum workshops. and i will try the same here in bangkok; together with a yoga teacher friend, we are having a project of integrating butoh into yoga.

 some small steps ahead.

 


Sylvutchka b

<tcheripachka[at]yahoo.com>

 Change [at] to @
India
 
 
Akshi

アクシ、デリーでサブボディワークショップ

今年の1年コースを修了したアクシが、1月地元のデリーでワークショップを開く。
デリーのパフォーマンスワークショップ情報誌にも記事が掲載された。
アクシのワークショップは楽しく気持ちよく下意識の深みに導いてくれる。
私も何度も経験し、思わぬ動きが出てきたりした。
デリーに来月おいでの方は、この機会に体験してみてください。
きっと予想もせぬ新しい気づきに出会えると思います。

 こういうサブボディ・コーボディの産婆が毎年少しずつ世界の各地に拡がっていく。
それがもう後戻りのしようのない確実なことになってきた。
情報洪水に囚われた現代人の世界が、
ごくごくすこしずつだが、確かに変わっていく。
私の役目はここまでだ。
どう変わるのか、私にはそれを見届ける時間はない。
だが、何百年後かの世界を空想して楽しむことができる。
そうだ、残りの人生は空想をたくましくして
虚空に遊ぼう。

Where: At Gati Dance Forum, Delih
When: From the 16th Jan to the 20 th Jan.
5 days, 2 hrs each day
Fee: 1500RS
Apply: mail to gatidance[at]gmail.com

<http://www.gatidance.com/Upload/jan2012newsletter.jpg>

Contact Akshi: akshi.khandelwal[at]gmail.com
(Change [at] to @)

Thailand
 

Igu performed at
Bangkok Butoh Festival




いぐ(Ikuko)、バンコク舞踏祭で踊る

Ikuko改めIgu が、タイの舞踏祭で無事「無妙鬼」の公演を終えた。
すでにバンコク入りしていたボーやシブがサポートしてくれた。
ボアズがメイク段階からの写真をつききりで撮ってくれた。
ありがとう。
生まれたばかりのサブボディは、こうしてさまざまな時空で踊ることによって
新たな共振パターンを見につけ、生長していく。
ともあれその最初の経験を越えた。
ここまで来ればもうサブボディが迷子になることはない。
来年以降はこのワールドリゾナンスのネットワークが
さらに世界各地に広がっていくだろう。
力をつけたリゾームダンサーたちが
自力でその道を切り開いていってくれるに違いない。

明日21日はタイの舞踏祭の最後を飾る舞踏ジャムだ。
コロンビアのピラーやスエーデンのイザベルも参加して
国際的な共振ジャムになるだろう。

Spain
 

Sara, Roberto, Migui




サラ、ロベルト、ミギがバルセロナでビデオダンス
 
Noche de butoh en el Inusual!

El próximo miercoles hacemos otra noche de butoh (y van 3) en el Inusual Project [C/Paloma, 5].
Habrán performances, videos de Urban butoh y la presentación del documental "el alma del baile" en Verkami.
Van a actuar los siguientes artistas:

Roberto Romero
"Fuego camina conmigo"
El ciclo de las vidas continua...
sumando energía a cada paso.
ayudando así superar nuestros miedos
y mejorando el presente...
cada nuevo ahora...

Migui Mandalasol
"Tacto"
Muertes y vidas bajo el tacto rocoso del ser.

Duración: 12 min aprox

Sara Pons
"Esta"
¿Que te persigue en la vida que a veces te hace cosquillas y otras te arrebata el suspiro?

duración: 14 min aprox.


Nos gustaría que vinierais a disfrutar de una noche de danza en compañia de amigos.

Nos vemos el miércoles!!!!


"el alma del baile" en Verkami: http://www.verkami.com/projects/817-el-alma-del-baile
Urban butoh videos: http://vimeo.com/26881375
blog "el alma del baile": http://elalmadelbaile.wordpress.com/


USA Subbody Workshop 2013

Kats D


Resonance: Special Holiday Report 2011 – Newest on Kats D

1.  Kats D receives a certificate for Subbody Butoh Midwife

This December, I – along with my classmate Ikuko – have completed two-year Subbody Butoh Midwife course and received a certificate of completion from my teacher Rhizome Lee. Subbody Midwife is a term Lee uses for a Subbody Butoh instructor because we help giving birth to Subbodies.

Next year, I will return to Himalaya to study and research further.  I will also help Lee as an intern.

Ikuko (her Butoh name is IGU) and I were the first two students to receive this certificate and it was very exciting!

I would like to thank my partner Mike for his patience and understanding. I would also like to thank Minnesota State Arts Board Artist Initiative Grant for giving me opportunities to come to Himalaya for the first time in 2007 and this year to further my study.

2.  “ツトム君の夢―A Dream of Calabi-Yau Fetus” video uploaded

When I came to Subbody Butoh School Himalaya for the first time in 2007, one day I had a vision of a giant fetus floating above my head. His umbilical cord was attached to my head and he was swaying above my head like a balloon. It was the first time I had such a vivid hallucination or vision or whatever you call it and I was fascinated and to tell you the truth a bit scared. I named him “Tsutomu –kun” for no particular reason.  Since then, every time I imagined him floating above my head, I could go deep into Subbody mode in an instant. Though he doesn’t appear regularly anymore, it has been my dream to create a piece worthy of his name.

It took me four years to make this dream a reality. After studying one year at Subbody Butoh School this year, I was ready to create this piece. I was very excited that my friend Nikhil Kashyap created an image for me. (The image is posted on my Facebook page.)

I performed this piece on December 1st, 2011 and it went really well. The piece lasted 1 hour 45 minutes, but people told me that they didn’t feel the time. I am very content with this piece and I feel that this is a dance that I can keep working on and improving for years to come. As Lee says, this is the piece that “I can perform hundreds of times.”

I have uploaded an excerpt on You Tube. Please enjoy!!!

http://youtu.be/Pz-WB1EHM4U

(My study this fall and the creation of this piece is supported by Minnesota State Arts Board Artist Initiative Grant.)

3.  Winter 2012 Subbody Butoh Workshop : pre-registration deadline coming!

Subbody Butoh – Dance of Life

8 weeks workshop with Kats D

Subbody Butoh Method was developed by Rhizome Lee, a Japanese Butoh practitioner. “Subbody” means subconscious body. In the subconscious realm, away from the boundary of ego and daily consciousness, our mind and body melt into oneness and create world that is completely different from daily world. Though various conditioning techniques, a Subbody Butoh practitioner creates movements through exploring the subconscious realm. For more information about Subbody Butoh Method, please go to: www.subbody.net

This workshop will focus on the essential aspects of Subbody Butoh:

  • Quiet down the daily consciousness and listen to the subtle body signals.
  • Go beyond our physical, psychological and social bounds in order to create movements that are novel and unique to the individual body.
  • Develop Subbody movements through opening eight channels (body feeling, movement, visual, audio, emotion, relationship, world-self image and thinking).
  • Explore movements through Hidden Body (Hidden Skin, Hidden Muscle, Hidden Joints, etc)
  • Through the Life Resonance with other Subbodies, become Co-body.

This workshop requires no dance experience.  Anyone who would like to explore his or her hidden creative potentials is welcome!

When:  Thursday 6:00-9:00pm          January 5, 12, 19   February 2, 9, 16, 23   March 1  

Where:  Fallout Urban Art Center Studio Three, 2601 2nd Avenue South, Minneapolis

Tuition:  $200 ($180 when you register by December 15th)

To register, please write a check payable to Kats D Fukasawa and mail to 5015 14th Avenue South, Minneapolis Minnesota 55417.  Full payment required to register.

Kats D (Workshop Instructor) has been studying Subbody Butoh under the guidance of Rhizome Lee since 2005. In 2011 Kats D is certified as Subbody Butoh Midwife (instructor) by Subbody Butoh School Himalaya.  He has also studied with other Butoh masters, such as Katsura Kan, Akira Kasai and Kim Itoh. He performs and teaches Subbody Butoh regularly in the Twin Cities and abroad. For more information about upcoming performances and workshops by Kats D, please go to: http://sites.google.com/site/katsdsubbody

For more information about workshop, please contact Kats D Fukasawa at KatsD.Subbody@gmail.com.

4.  Now accepting Shiatsu appointments for December to March

I will be in town from late December till early March and I am taking Shiatsu appointments for these months. Please go to my online calendar and find time and dates that work for you and contact me. Also, please feel free to inquire about evening and weekend appointment.

Thank you,

Kats

Shiatsu is a healing bodywork originated in Japan.  Shiatsu restores one’s self-healing ability by balancing one’s vital energy (Ki).

Through applying pressure to various parts of the body, the practitioner treats one’s meridian (pathways for Ki). 

Shiatsu is beneficial as a treatment for a chronic illness as well as a preventative or recreational remedy. Shiatsu enhances one’s holistic health.

*Shiatsu is practiced lying on the floor with the clothes on.  Please wear loose comfortable clothes.

Kats D Fukasawa - Shiatsu Practitioner

 

Address:  5015 14th Ave. S, Mpls, MN 55417

Phone:  612.703.7501

Email:  KatsShiatsu@gmail.com

Web:  http://sites.google.com/site/katsshiatsu/

Subbody Butoh Practitioner

5015 14th Ave. S

Minneapolis, MN 55417

612-703-7501

KatsD.Subbody@gmail.com  

Thailand

Syv



シブ、バンコク舞踏祭で公演

hello!
i hope the festival has been the scene of many self-discoveries. from what i read in the websites, it's been a rich time. i am so glad for all of you.
i just came back from japan and i will be performing at bangkok festival this friday and saturday with Ledoh, a burmese-born american butoh dancer. just found out yesterday so no much time to rehearse, but it is a good chance to dance dance dance experiment feel. check out his website www.ledoh.org

the piece is called "Color me America".

Syv

Thailand

Igu, Bo, Syv
Pilar, Isabelle, and Gessuri





いぐ(Ikuko)、ボー、シブ、ピラー、イザベル、ケスリが、
タイでの公演、ワークショップの旅へ

Ikuko改めIgu が、タイの舞踏祭で「無妙鬼」を踊る。
12月16日、17日の両日、バンコクのデモクラシー劇場で公演し、
その後すでにバンコク入りしているボー、シブ、ケスリ、
さらにピラー、イザベルも合流して、バンコクをはじめ、ボーの拠点パタヤ、
シブが見つけてきたシンガポールなどで公演、ジャム、
ワークショップなど多彩な活動を展開する。
シブも出会ったアメリカ人の舞踏家と明日バンコク舞踏祭で公演するという。
みんなフレキシブルなので、何が起こるかわからない。

彼らは昔風の集団ではない。
一人ひとりが変幻自在なリゾームであり、ノマドとなって移動し、
行く先々で連結集合して密度を高め、高原状のプラトーを形成する。
そして、自在に分離して世界各地に飛び散る。
今年の生徒は半数以上が来年春、創造の産婆になるためにまたヒマラヤに戻ってくる。
みんな現代社会に縛られている人間の皮を脱ぎ捨てて、
立派なリゾーム=ノマド=プラトーに生成変化しつつある。
これがこれからの世界と人間を変えていく新しい生き方だ。
いよいよ世界共振が活性化して動き始めた。
タイには昔の生徒が十人以上いてB-Floor劇場始め、
それぞれに活発な活動を展開している。
タイで一体何が起こるか、
世界がどう変わっていくか、楽しみが尽きない。

Switzerland
Pit


ピット、ベイセルで舞踏公演

Dear Lee

We will have a performance night at the 10 of December with the people form the last year Butoh-Off Festival.

THE DARK SIDE OF THE MOON

with Flavia Ghisalberti & Alex Ruhe, Lucie Betz, Peter Damian and surprise guest and group performance.

Vernissage Alex Ruhe/ Seattle

Samstag, 10. Dezember 2011, ab 19 Uhr
Kollekte Für Die Künstler

Neues Kino - Klybeckstrasse 247  -  Basel

www.neueskinobasel.ch

-----------------------------------------
ピット、舞踏写真集を出版

TANZ DER SEELE

I will also release a book with different performance pictues and artwork from the last years.

Have a wonderful festival
with resonance

Pit

Switzerland
Asuka


アスカ、スイス山中に永住の地を見つける

今年の夏、アスカはジュネーブ郊外の山中で私の集中ワークショップを開いてくれた。
Tiocanという十数人が泊まれる心地よいコミュニティ・スペースだった。
晴れた日にはモンブランも遠望できる絶景の地だ。
なんとアスカはその施設に永住することになったという。
来年の夏もやってこいという。
おう、行くともさ!
二つ返事で応えた。
古い生徒が拠点をもつまでに成長してきたのだ。
こんなにうれしいことはない。
アスカはもともとユニークな空間を創りだして、
そこに人々を招待してさまざまな共振の実験をすることを追求してきた。
まさに格好の場所を手に入れたわけだ。
近いうちにヨーロッパでもっとも面白い事の起こる場所のひとつになるだろう。
いつも命に、一番やりたいことは何なのだい?
と聴き続けていれば、いつか必ずこういうふうに見つかるものだ。
そこは文字通り、
リゾームやノマドの集散するプラトー(高地)となるだろう。
おめでとう!



Tiocan Jounal (French)を見る

Switzerland
 Asuka


アスカ、ジュネーブで公演



Facing Geneva a fond

This is also a photo from a performance I did last saturday...
within a gallery context,
for a collective experimental art exhibition called zeitgeist.
I was wearing prostetics so it was really strange to dance with..


Visit Asuka's facebook
Switzerland-Spain
 
Belen


ベレン、スイスのベイセルでボイスワークショップ

スペインのベレンがスイスのベイセルでボイスワークショップを開く。
この8月にジュネーブで開いた集中ワークショップで会ったばかりだ。
古い生徒たちはノマドになって漂流しているので
どこで何をしだすか、神出鬼没だ。


 EXPERIMENTAL VOICE WORKSHOP IN BASEL!!

When: 26, November, 2011
Where: Basel, Switzerland

Belén Navarro Rousseau

Thailand
 
 
SPECIAL PROMOTION
Performances on Fridays December 2, 9,  and 16 all tickets
discounted @ 300 THB
RESURRECTION: THE 7th INTERNATIONAL BUTOH FESTIVAL THAILAND
 
Butoh Performances
·        December 2-3 featuring work by MIMIHIME Kitchen (Japan), Katsura Kan (Japan), Kae Ishimoto (Japan)[Dec.2 ony] and Bob Webb (USA) @ 19:30; 400 THB/350 THB students
·        December 9-10 featuring work by Ledoh & Salt Farm (USA), Simona Orinska (Latvia),   and Yukio Waguri (Japan) @ 19:30; 400 THB/350 THB students
·        December 16-17 featuring work by Nyoba Kan (Malaysia) and IKUKO (India) @ 19:30; 400 THB/350 THB students
 
All performances at Democrazy Theatre; Saphan Khu 1034/29-30 soi, Rama IV Rd., MRT Lumphini, Exit 1; www.siamdemocrazytheatre.com
 
Sponsored by Ray of Light Productions, B-Floor Theatre, Mid Atlantic Arts Foundation through USArtists International in partnership with the National Endowment for the Arts and the Andrew W. Mellon Foundation, Boaz Zippor, andMalaysia Guest House
For information and reservations contact bbkbutoh@yahoo.com or call 080 773 6607 
Terry Hatfield
Director - Butoh Co-Op Thailand
Producer - Ray of Light Productions


Ikuko, Bo and Syv



Ikuko タイの舞踏フェスティバルで公演。

ボー、シブとバンコク、パタヤ、シンガポールで

公演、ワークショップほか、多彩な活動

Ikuko が、バンコクの舞踏祭で踊る。12月16日、17日の両日、
マレーシアの舞踏グループニョバカンとともにゲスト出演することになった。
その後ボー、シブとともに、バンコクをはじめ、ボーの拠点パタヤ、
シブが見つけてきたシンガポールなどで公演、ワークショップなど多彩な活動を展開する。
一人ひとりのリゾームがノマドとなって移動し、行く先々で連結集合して
高原状のプラトーを形成する。いよいよ世界共振ネットの活動が具体化し始めた。
タイには昔の生徒が十人以上いてB-Floor劇場始め、
それぞれに面白い活動を展開している。
タイで一体何が起こるか、
世界がどう変わっていくか、楽しみが尽きない。

 
 
 2011年11月19日

堀川久子の深み


堀川久子さんの若いころのビデオを偶然Yuotubeで見かけたのでなにげに見て驚いた。
繊細な美しさに息が止まった。
こんな踊りをしていた人だとは知らなかった。
堀川さんとは十三年ほど前、ベネズエラのカラカスで、
親友のデビッド・ザンブラーノの招待で参加した国際クリエイターズ会議で、
二週間一緒に踊った。
その後オランダのアムステルダムでデビッド・ザンブラーノと踊ったとき、
チェロを弾いてくれたのが久子さんの彼氏のトリスタン・ホイジンガ氏だった。
カラカスでいい気になって踊った私の伝染熱に、「からだが動きに取られている」
という辛辣な批評を加えてくれたのが久子さんだった。
その言葉の意味を捉えるまでに数年かかった。
だが、今回彼女の踊りをビデオで見て、
そのからだの闇に澄ましている耳の繊細さに驚いた。
まだまだ私はこういう耳の澄まし方を生徒に産婆できるまでには至っていない。
第3回舞踏祭を無事迎えていい気になっていた私だが、
来年以降の課題が突然見えてきた気がした。
ありがとう。久子さん。
からだの闇はとてつもなく深い。
まだまだ、あなたから学ばねばならないものがいっぱいありそうです。



Resonance Net
USA
Kats D


Resonance: Late Autumn 2011
– Newest on Kats D

Web: http://sites.google.com/site/katsdsubbody/

Video: www.youtube.com/KatsDSubbody

 

Photo: http://picasaweb.google.com/katsd.subbody

 

Facebook: www.facebook.com/KatsD

 

1.  ツトム君の夢―A Dream of Calabi-Yau Fetus”

2. Winter 2012 Subbody Butoh Workshop

3. Shiatsu for Your Health and Wellness

----------------------------------------------------------------------

1.  ツトム君の夢―A Dream of Calabi-Yau Fetus”

When I came to Subbody Butoh School Himalaya for the first time in 2007, one day I had a vision of a giant fetus floating above my head. His umbilical cord was attached to my head and he was swaying above my head like a balloon. It was the first time I had such a vivid hallucination or vision or whatever you call it and I was fascinated and to tell you the truth a bit scared. I named him “Tsutomu –kun” for no particular reason.  Since then, every time I imagined him floating above my head, I could go deep into Subbody mode in an instant. Though he doesn’t appear regularly anymore, it has been my dream to create a piece worthy of his name.

It took me four years to make this dream a reality. After studying one year at Subbody Butoh School this year, I am ready to create this piece. I am very excited that my friend Nikhil Kashyap created an image for me. (The image is posted on my Facebook page.) I don’t think the piece will be complete this year, but this will be the beginning of the creative process.

I am performing this piece as a part of 3rd Himalaya Butoh Festival starting November 19th. If you know anybody who is in this area, please let them know. I will also bring this piece back to the Twin Cities in near future.

 When:  Thursday December 1st, 6:00pm

Where: Subbody Butoh School Himalaya, Jogiwara village, Dharamsala, District Kangra, Himachal Pradesh, India

Tickets: Free

For more information about 3rd Himalaya Butoh Festival, please visit www. Subbody.net

My study this fall and the creation of this piece is supported by Minnesota State Arts Board Artist Initiative Grant.

--------------------------------------------------------------------------

2.  Winter 2012 Subbody Butoh Workshop

8 weeks Subbody Butoh Workshop with Kats D

Subbody Butoh Method was developed by Rhizome Lee, a Japanese Butoh practitioner. “Subbody” means subconscious body. In the subconscious realm, away from the boundary of ego and daily consciousness, our mind and body melt into oneness and create world that is completely different from daily world. Though various conditioning techniques, a Subbody Butoh practitioner creates movements through exploring the subconscious realm. For more information about Subbody Butoh Method, please go to:www.subbody.net

This workshop will focus on the essential aspects of Subbody Butoh:
  • Quiet down the daily consciousness and listen to the subtle body signals.
  • Go beyond our physical, psychological and social bounds in order to create movements that are novel and unique to the individual body.
  • Develop Subbody movements through opening eight channels (body feeling, movement, visual, audio, emotion, relationship, world-self image and thinking).
  • Explore movements through Hidden Body (Hidden Skin, Hidden Muscle, Hidden Joints and Hidden Inner Organ)
  • Through the resonance with other Subbodies, become Co-body.
This workshop requires no dance experience.  Anyone who would like to explore his or her hidden creative potentials is welcome!

When:  Thursday 6:00-9:00pm          January 5, 12, 19   February 2, 9, 16, 23   March 1  

Where:  Fallout Urban Art Center Studio Three, 2601 2nd Avenue South, Minneapolis

Tuition:  $200 ($180 when you register by December 15th)

To register, please write a check payable to Kats D Fukasawa and mail to 5015 14th Avenue South, Minneapolis Minnesota 55417.  Full payment required to register.

Kats D (Workshop Instructor) has been studying Subbody Butoh under the guidance of Rhizome Lee since 2005. He has also studied with other Butoh masters, such as Katsura Kan, Akira Kasai and Kim Itoh. He performs and teaches Subbody Butoh regularly in the Twin Cities and abroad. For more information about upcoming performances and workshops by Kats D, please go to: http://sites.google.com/site/katsdsubbody

For more information about workshop, please contact Kats D Fukasawa at KatsD.Subbody@gmail.com.

---------------------------------------------------------------------------------

3.  Shiatsu for Your Health and Wellness

Shiatsu is a healing bodywork originated in Japan.  Shiatsu restores one’s self-healing ability by balancing one’s vital energy (Ki).

Through applying pressure to various parts of the body, the practitioner treats one’s meridian (pathways for Ki). 

Shiatsu is beneficial as a treatment for a chronic illness as well as a preventative or recreational remedy. Shiatsu enhances one’s holistic health.

Shiatsu is practiced lying on the floor with the clothes on.  Please wear loose comfortable clothes.

Kats D Fukasawa - Shiatsu Practitioner

 

Address:  5015 14th Ave. S, Mpls, MN 55417

Phone:  612.703.7501

Email:  KatsShiatsu@gmail.com

Web:  http://sites.google.com/site/katsshiatsu/

 

Hungary


A
gni







アグニ、ブダペスト舞踏祭に参加

去年夏の生徒ハンガリーのアグニが、
ブダペストの第2回舞踏フェスティバルで踊った。
大野慶人さんも参加していたようだ。

  • Dear Lee!

    I was thinking of you while preparing to the performance I participated in the 2nd Butoh Festival in Budapest. I miss your guidance, presence and resonance. I hope I will learn from you more in this life.

    Agni

  • To see more, Visit
https://picasaweb.google.com/pettendiszabopeter/ButohFesztival20111Nap?authkey=Gv1sRgCOmc_Kr3pPKE_gE


Cambodia


Joel



去年夏の生徒で、私のサイトの記事すべてをPDFファイルにしてくれた
ジョエルが、カンボジアにリトリートセンターをつくり、
インターンシップの機会も持つまでに発展させてきた。
この夏はナターシャがそこを訪れ、
そこで会った同郷のノアが今月から短期で受講し始めた。
私もそのうち訪れたいところだ。




HARIHARALAYA 
INTERNSHIP

OPPORTUNITIES

Join us at Hariharalaya for a unique experience living in the Cambodia countryside, the former capital of Cambodia known as Hariharalaya with 1200 year old Shiva and Nandi Temples, a present day farming community just 14k outside of Siem Reap. Share in a growing, active spiritual community based on personal growth and transformation, community, healthy and integrated lifestyles, conscious eating, creativity, breathing and being. Participate in creating an international retreat centre – a place for people of all races, cultures and ages to come back to their center, their true self – through healing, silence, yoga and meditation, healthy eating, fresh clean air, natural environment and more! 

  We now offer ongoing community intern opportunities in exchange for room, 
meals, yoga and meditation classes, as well as other benefits from living and working 
in a community centered retreat center – including discounts on healing services, 
participation in retreats (as schedule and availability permits), community living,
access to bicycles and more. 

Visit site: http://www.hariharalaya.com/internship-opportunities.html

 Contact Joel: HARIHARALAYA [AT] GMAIL.COM
( Change [at] to @)

Israel
Shlomotsi Mazuz dear friends, a uniqe butoh performance will take place on November 30th in Jerusalem,
dancers - Marianela Leon Ruiz (spain), Berenika Shneider and me. more info will come soon...


2011年6月2日 

携帯電話は「発がん性を持つ危険有害物質」に、WHO(世界保健機関)が指定

大事なニュースなのでギガジンから転載します。
携帯の危険性については、前々からやばいと感じていた。
それも命に関わるやばさを感じるので、わたしは一切使ったことがない。
携帯だけではなく電話も使わない。
こんなニュースに触れても多くの人は携帯の便利さに囚われて無視するだろう。
大新聞もテレビも報道しない。
だが、うかつに未知な便利さに触れては生命に別状をもたらす。
聴こえるか聞こえないかの微細な命の声に耳をすますことだ。

「国際連合の専門機関「WHO(世界保健機関)」が携帯電話を「発がん性を持つ危険有害物質」に指定した事が明らかになりました。

WHO: Cell phone use can increase possible cancer risk - CNN.com

アメリカのCNNの報道によると、携帯電話の電磁波が癌を引き起こす可能性があるとして、WHOが携帯電話をエンジンの排気ガスやクロロホルムなどと同じ「発がん性を持つ危険有害物質」に指定したそうです。

これはアメリカを含む14ヵ国、31人の科学者で構成されたチームが行った携帯電話の安全性に関する研究で明らかになったもので、脳実質あるいは脊髄実質から発生する瘍「神経膠腫」や「神経腫」といった脳におけるがんを引き起こす可能性がある証拠を発見したとのこと。

携帯電話の電磁波はX線のようなものではなく、非常に低い出力の電子レンジのようなものであるとされており、言うなれば「食べ物の代わりに脳を電子レンジに入れるようなもの」であるとロサンゼルスのCedars-Sinai Medical Centerの代表で、神経学を専攻するKeith Black博士はコメントしています。」



ニュースの原文を読む


New Zealand

Russel Walder

Ghost Dance

sounds true

ニュージーランドのラッセルワルダーが、新しいライブのビデオをアップロードした。
彼は、深く細胞の生命に染みこんでくるサウンドを磨き続けている。
数年前に手紙をくれたことがあった。
わたしは自分の生命やクオリアについての考えが
とても特殊で、とうてい人には伝わらないものと思っていた。
それがわたしの拙い英語を通じて彼に響いたことを知って
伝わる人には伝わるのだと、とても心強く思った。
それ以来私たちは深く共振する友だちになった。
彼が言うように、いつか共演できる日がくることを楽しみにしている。


"Oct 19. 2007
Rhizome,

I have looked at your website on occasion, and read your thinking abouth the qualia of the inner life. I have sentyou my latest sd RISE as a response to what you are saying.・・・・・
My music is an intention prayer that links to the listener's cellular body. The intention is a wave of shape of unlocking and awakinening. It offers a link to the ancient voices that hovers within. I'm shure you will hear what is interwoven within the notes.
Perhaps there will be occasion to do some work together.

Blessings,
Russel Walder"


Contact: Nomad Soul Records
www.nomadsoulresords.com
www. russelwalder.com

 
Switzerland
 

Asuka, Pete & Lee



スイスのアスカとピットがこの7月、Leeのワークショップをジェノバで開いてくれることになった。
これでこの夏は7月スイス、8月ギリシャで連続ワークショップだ。


Subbody Butoh Workshop in Switzerland

11 - 22 July 2011, geneva

With Rhizome Lee

 

 7月11日から22日まで、
月曜から金曜、毎日午前10時から午後4時まで
参加費:2週間375ユーロ
(7月15日までに予約の場合325ユーロ)
過去の共振塾生は1割引)
半額の前納が必要

予約はアスカまたはピットまで

Asuka, tobutorri@yahoo.com (french&english)

Pete, resonart@gmx.ch (german&english)


 
ポスター(PDF)を見る

Japan

きよこ 
震災後を生きる 五濁悪世を生きる・生きることの再発見

 兵庫県高砂のきよこさんから、先日の公演のチラシが届いた。
ミンデルのプロセスワークを創造に活かす新たな実験を進めているようだ。
学ぶべきことはいっぱいある。

高砂BUTOH協同組合10周年記念公演 第1弾
ダンスリレーション



本日は、ご来場ありがとうございます。一緒にこの場を作り上げてくださいね。シャロニさんと協同で作品作りをしました。協同の課題として、プロセス指向心理学の持つ方法論を舞踏にどう生かすかということがありました。そして、大震災後の生きるについての認識の共有化も課題でした。プロセスワークの方法については、それぞれの持つ二次プロセスをうまくキャッチするシャロニさんのセンスに導かれながら、各自のプロセスからでてきた動きを踊りに合作していくという方法でできたのが、最初のコラボレーション。ともかく、シャロニさんの滞在期間にあわせ急ピッチの作業でしたが、皆さんにみていただける機会がもてたことは幸せなことです。どうぞ自由にお楽しみください。
私たちの夢の国 (全員)  もう帰れない(ゆみこ・いくこ)  マッド・キング(マサト・ゆういち)
ソロ (私たちには私のエゴがみえない)  マサト きよこ シャロニ
出演    Sharoni Stern  Siegel 
( アメリカ コロラド ボウルダーで舞踏カンパニーをつくり、インターナショナル舞踏フェステイバルを主催し、舞踏家 桂勘のアシスタントとして世界を駆け回っています。日本には4月13日初来日、京都・信楽にてライブ。その後高砂で協同制作)

高砂BUTOH協同組合(きよこ マサト 由美子 裕一 かおり いくこ )

楽師  はくさんまさたか (デジュリジュ) 後藤じゅな(ギター) 参加の皆さん(一緒に
     いろんな音で参加してくださいね)

 五濁悪世 意味
末世。末法の世。五つの汚れに満ちた悪い世の意。▽仏教語。「五濁」は五つの汚れ。劫濁こうじょく(時代の汚れ。以下の四濁の起こる時代)・煩悩濁ぼんのうじょく(貪むさぼりや怒りなど人の浅ましさがはびこる)・衆生濁しゅじょうじょく(心身が弱く苦しみが多く、人の資質が低下する)・見濁けんじょく(誤った悪い思想・考え)・命濁みょうじょく(寿命が短くなり、最後には十歳になる)をいう。出展 三省堂提供(新明解四字熟語辞典)
高砂BUTOH協同組合
                     
日時  5月7日(土曜日) 1午後3時~ 2午後7時~
場所  市川町 光円寺 本堂(市川町甘地384)

 連絡先 きよこ(090-4496-2494)
E-mail butoh-ky@khc.biglobe.ne.jp
Spain- Germany- Turckey
 Ainhoa- Ozerk Sonat Pamir



アインホア、オゼークを撮る


Ulgen


スペインの写真家アインホアがキャサリンに続き、
トルコのオゼークの写真を撮った

森の自然の中に人体を配するアインホアらしい
美しい仕上がりだ。


写真を見るには ここをクリック

アインホアのサイトは: http://ainhoavalle.carbonmade.com/

ozerkpamir[at]yahoo. com
(Change [at] to @)


遠い森 きよこ 第1回ヒマラヤ舞踏祭より

 
去年の秋のきよこの踊りは、彼女の62年の人生の
すべてを賭けた渾身の踊りだった。
今年もこんな踊りを深めていってほしい。


きよこ 

 ご無沙汰しています。昨年は大阪でのダンスイベントでした。久しぶりにふるさと公演です。
高砂BUTOH協同組合もいつしか10年を迎えています。
友人・知人の皆様、どうぞ光円寺までお越しくださいませ。
未曾有の大震災と福島原発の事故を境に私たちの生き様はさまざまにゆすられています。
寺の本堂で、この3月11日以降を生きる意味をしっかりと見据えて肉体化していきたいと考えています。
ともに、空間をつくっていただけましたらさいわいです。  


高砂BUTOH協同組合10周年記念公演 第1弾
ダンスリレーション


震災後を生きる 五濁悪世を生きる・生きることの再発見

日時  5月7日(土曜日) ①午後3時~ ②午後7時~
場所  市川町 光円寺 本堂(市川町甘地384)
              電話 0790-26-0162
               (播但線甘地駅下車 北へ 徒歩6分)
出演    Sharoni Stern  Siegel さんをむかえます。 
( アメリカ コロラド ボウルダーで舞踏カンパニーをつくり、インターナショナル舞踏フェステイバルを主催し、
舞踏家 桂勘のアシスタントとして世界を駆け回っています)
高砂BUTOH協同組合メンバー(きよこ マサト 由美子 友美 裕一 )
楽師  はくさんまさたか  ほか未定
入場料は、お気持ちでお願いします。全額、東日本大震災の支援のカンパとさせていただきます
      
 連絡先 きよこ(090-4496-2494)
E-mail butoh-ky@khc.biglobe.ne.jp
ヒマラヤ共振日記
 

遠藤喨及師の『気の幸福力 気心道とタオ指圧』に心を洗われる
2011429

いやあ、久しぶりに良いものを読んだ。
指圧の師遠藤喨及さんのブログをひらくと、
無料のe-bookをダウンロード出来るようになっていた。
さっそくダウンロードして読み始めると、ぐいぐい引きこまれた。
わたしは日本にいた頃すぐ近くに住んでいた遠藤師の指圧クラスに通った。
そして、浄土宗の僧侶である師から自我のやっかいさとその処理の仕方を学んだ。
もっとも、学んでいる最中はまったく身体に入ってこなかった。
そのころはまだ自分の思考の止め方を知らなかったのだ。
ヒマラヤに来て何年かするうちにじょじょに師の教えが身に染みこんできた。
サブボディメソッドの基本となっている生命共振も
師の指圧の極意である共感的想像という根本的態度を
生命を主語に言い換えたものにほかならない。
だが、今回日常世界の人々に「いかに幸福になれるか」と
粘り強く語りかけている師の言葉を読んで、
まだまだ自分の至らなさに思い至った。
生命共振などといきなり言ってしまっては、
日本や各国の日常世界で住んでいる多くの人に届かないだろうことを
思い知った。
それにひきかえ遠藤師は、日常界の言葉をうまく使って
究極の幸福にまで導いて行こうとされている。
脳みそを久しぶりに新鮮な流水でじゃぶじゃぶ洗うことができた。

読者の方々にもぜひ一読をお勧めします。

「気の幸福力」の無料ダウンロードはここから

タオ指圧のホームページはここから

遠藤師はいま多くのタオサンガのメンバーと共に
東北の現地で救援活動に従事されている。
その様子はここから



USA

Odile


オディール、ニューオーリンズで連続クラスをスタート


オデールが先日のワークショップの成功を受け、
ニューオーリンズで8回連続のクラスをスタートする。
最後には地元のジャズフェスティバルのあと、
参加者全員で舞踏公演をする予定という。

ジャズと舞踏の奇妙な取り合わせだ。
楽しいことがすこしずつ増えていく。

 ANCESTRAL WHISPERS:
Subbody Butoh Classes


DANCE.THEATRE.HEALING.MEDITATION.BODYWORK.SHAMANISM.
CREATION.DESTRUCTION.BREATH.RESONANCE

Time:
Tuesday, May 10 - June 2
Tuesdays and Thursdays
6-8pm

Performance and Potluck, JUNE 4th (optional)

Location:
New Divine Yoga Studio
1228 O.C. Haley Blvd
New Orleans, Louisiana

Tuition:
8 classes for $88

Make-Up Classes Available

To Register: 512.921-0464, odilenicole[at]gmail[dot]com

*introduction to techniques of Tatsumi Hijikata, founder of Butoh and to Rhizome Lee's Subbody Butoh method ( http://www.subbody.net/ )
*further release habitual binds of the body and ego in creation process
*transcend societal and cultural ideas of beauty
*dive in and create from the archetypal mind, darkness of Self, and sub-conscious realms
*research your Life’s necessary movement
*further develop unity consciousness with other bodies and all of Life

About the Facilitator: Odile’s BUTOH exploration began with Wicked Cricket Dance Theatre in 2001. This marked the beginning of her integration of Butoh dance, Physical Theatre practice and Eastern contemplative studies. After clearly meeting the voices of her Ancestors through the dance, she was drawn to the Subbody Butoh School in the Himalayas, where she learned, performed, and taught most of last year (2010). She looks forward to acting as “midwife” to the emergence of your Subbodies/Co-body, while honoring New Orleans’s rich energies.

To learn about the Subbody Butoh method visit: http://www.subbody.net/


Please contact for more information...
odilenicole[at]gmail.com
(Change[at] to @)


Canada- Spain

Katherine



キャサリンから、ニューソング


EMI CATOU GUTUAL



Katherine's song site(My space)

Katherine's Lyrics of the song site

Contact:Katherine Sheng Morrison <aeioukatou[at]gmail.com>
(change [at] to@)

 
 Pilar guides Butoh Contact Workshop and Jam
ヒマラヤ共振日記
 
Kats D, ジョギバラ日記をブログで連載中
201143

カツDが、自分のブログに共振塾での体験を綴る「ジョギバラ日記」を連載している。
豊富な写真で、ヒマラヤの生活がどんなものか手に取るようにわかる。
興味がある方は覗いてみてください。
英語だけど、写真だけ見ても楽しめる。

カツDのブログを見る
Guatemala- Canada

Gesurri



ゲスリ、カルガリで、ヒマラヤ行きのお別れ公演

2009年に続き共振塾2年目になるグアテマラ出身、
カナダのダンスカンパニーで活躍していたゲスリは、
4月にお別れ公演をしてから、ヒマラヤ行きの旅に出る。
今年は濃い奴らがどんどん集まってくる。


Time
Thursday, April 14 at 8:00pm - April 16 at 4:00am
Location
Big Secret Theatre/Epcor/Vicious Circle AFTER PARTY
225 8 Ave SE ,Calgary, AB

More Info
My last 14 in Calgary will be spent on stage performing in a show called "VIA" which is centered around the sacred images and literature of the 14 Stations of the Cross.
In collaboration with Corps Bara Dance Theatre and Cum Vino Cantus Choir, directed by Jean-Louis Bleau.

3 SHOWS
When: April 14th – 16th @8pm
Where: Big Secret Theatre/Epcor

Adult Tickets: $25
Youth/Student/Senior Tickets: $20
At Door: all tickets $30

Tickets: Call 403-660-8093

AFTER PARTY!!! SATURDAY 16TH @10pm
Vicious Circle 1011-1st St. SW

As most of you already know the number 14 creates my path, thats why I decided I needed to be a part of this project...this show is not about religion, Its about love and compassion.
I am blessed and grateful to God for having this life and I would be honored if you would join me for this experience Or stop by Vicious for a DANCE !!! before I continue on my journey to India~

Colombia

Pilar



ピラー、カリブ海から帰還

aguas habitadas


ヒマラヤのようなところにいると、
「朋あり遠方より来たる。また愉しからずや」という
孔子の言葉が見にしみてよくわかる。
なかんずく古い生徒が長い旅を終え、
ひとまわり成長して帰って来る時ほどうれしいものはない。
3度目の共振塾になるコロンビアのピラーは、
今回はメキシコのセノテスという汽水域の
透明な地下水世界の体験を終えて帰ってきた。
そこはとても静かな異世界だったという。
そこでの水中写真を彼女のFacebookにアップロードしている。

その透明な異世界では深い母系につながる元型を体験したという。
今年は共振塾のプールを使って、胎内瞑想の世界や
グレートマザーの世界へガイドしてくれそうだ。



Crick here to view more

View images of Cenotes


Cambodia-Japan

北島砂織

カンボジアからの共振

カンボジアでの募金活動は、アムリったの人たちではなく、
日本のNGOの人々が中心になって行っているものでした。
ここに訂正させていただきます。
NGOの北島さんからの便りを掲載します。
バイクタクシーの運転手が5ドル届けたとか、
余分なお金などほとんどない国での募金活動は、大変でしょうが
それだけにカンボジアの人々の生命共振の豊かさは胸に来ます。

Leeさん

プノンペンにおける震災イベントをHPでご紹介くださってありがとうございます。
インドから発信いただけるなんて、感激!

一点ご連絡ですが、今回のイベントは日本のNGOの中での有志が中心になって企画したもので、アムリッタの方々は直接に関わっていらっしゃるわけではありません。私が在住プノンペン外国人に広報したものを、アムリッタの方がLeeさんに転送いただいたのだと思います。

この週末は、私の知り合いもバンコクやモザンビークで活動を起こしているようです。
被災者の支援が一番の目的ではありますが、直接被災していない私たちも、被災地の様子を見てあまりのインパクトにフリーズしてしまっている心と身体を、具体的にほぐしていくきっかけになっているように思います。
カンボジアでも、バイクタクシーの運転手が大使館に「少ないけど」と五ドルを届けたとか、若い人が募金箱に500リエル(10円ちょっと)入れてくれたりとか、日本人を応援してくれる人がいます。彼らとつながるきっかけになれたら、と思います。

では、取り急ぎHP掲載のお礼まで。
北島砂織

 
もっと読む

 

Cambodia

Suon Bun Rith


カンボジアからの共振

去年の冬ワークショップをしたカンボジアの
パフォーミングアーツグループ アムリったの人たちが
日本のための支援募金をはじめたという。
ありがとうございます。

NEVER TURN YOUR BACK TO OUR FRIEND WHO NEED HELP.

JAPAN, WE PRAY FOR YOU!

BLESSING, RITH

 

Dear all,

 

Volunteers from Japanese NGOs Network in Cambodia (JNNN) will hold a donation drive this Sunday (27 March) near Wat Onalom (near Amanjaya and Bougainvilla hotels on the riverside) for 9:00-11:00 in response to the earthquake that hit eastern Japan on 11 March.

 

Please come and join us!

Donations are welcome, but just leaving a message would be an encouragement for those in dire situations right now...

 

Saori

 

-----------

 

"Pray for Japan x Japanese NGO Network in Cambodia"

 

Date:   9:00-11:00 on Sunday March 27, 2011

Venue:  In front of Wat Onalom (near Amanjaya and Bougainvillier Hotel on the riverside).

 

Main activities:

 

- Collection of donations

- Collection of messages for the victims

- Sales of Pray for Japan T-shirts at USD 2.5 (USD 1 will go to the donation)

- Performance by a marching band by Cambodian high school students

-Presentation of the photos of the affected areas and NGO activities on the ground

 

An earthquake of magnitude 9.0 hit eastern Japan on 11 March. The number of death and the missing is over 24,000, and the tragic toll is expected to rise further. Even two weeks after the dreadful disaster, food, water, electricity, fuel, and means of communication remain all scarce commodities for many of the survivors in emergency shelters. The livelihoods in extensive areas in eastern Japan are virtually shattered.

 

WHY DO WE NEED YOUR SUPPORT?Why Pray for Japan in Cambodia?

 

As Japanese NGOs working in Cambodia, we wish to put together voices and support from Cambodian people and deliver them to the people of Japan. Japan has a long history of supporting Cambodia. We hope this event will further strengthen the friendship between the two countries. The messages will be sent to people in the disaster-hit areas through NGOs, as well as posted on various internet sites.

 

WHERE WILL YOUR DONATION GO?NGO Relief Fund for Japan Earthquake and Tsunami

 

Your valued contributions will save lives and restore livelihoods of the people affected by the disaster. We partner with Japanese NGOs actively engaged in emergency and recovery assistance through JANIC (Japan NGO Center for International Cooperation, http://www.janic.org/en/), a network organization coordinating the financial support for NGOs assisting the disaster victims. All the donations made at this event will be used to support 28 NGOs through the “NGO Relief Fund for Japan Earthquake and Tsunami” administered by JANIC.

 

We are in the process of setting up a bank account. The details will be passed on later.

 

Please come and join us to support the people of Japan.

 

For further inquiries, please contact:

Mr. Taku YAMAGUCHI

Email: hofg_cam@yahoo.co.jp

Telephone: 012-589-514 (mobile) / 023-221-802 (at NGO Hearts of GOld)

 

 

NOW YOU CAN FIND US ON:

Facebook: http://facebook.com/amritaperformingarts

Twitter: http://twitter.com/amritacambodia

Blog: http://amritaperformingarts.wordpress.com



 
Israel

Shlomtsi


シュロムチ、テルアビブで舞踏公演


ערב מחול בוטו עם קאצורה קאן (יפן) בשיתוף פעולה עם יוצרים מהארץ ומחו"ל
Time
Tomorrow at 8:30pm - Saturday at 10:00pm

Location
אולם אנסמבל עיתים, נחמני 

more info

 
Poland

Monika



モニカ、去年の舞踏練習写真集をfacebookにアップロード

View more
 
USA

Odile


オディール、ダラムサラでの交流写真集を
facebookにアップロード



View more


 
Spain

Sara, Migui


"TriButoh a Japón" Sabado 26 en Rai Art.


世界のあちこちで生命共振が開こっている。
TriButoh とはTribute Butoh for Japan
(日本に捧げる舞踏)というような意味の造語だ。

hola welcomen!!

Hola Tod@s !!!
 
 Para quien le pueda interesar ...El Próximo sábado en El Rai c/calder nº12 a las 21:30h , tributoh a japón, pase de videos de Urban Butoh + 3 solos (Robe ,Migui y yo misma).
 
welcomen... os adjunto flyre tributoh japón , abrazos y besos.
 
Sara.

Canada- Spain

Katherine


キャサリン、シンギングボウルの音で唄う

バルセロナの路上でゴルカとともに唄っているキャサリンから
新しい唄が届けられた




(Plug-in missedと出る場合は、
Firefox かInternetExploreでお聴きください。
Chromeでは再生できないようです)

Hello Lee!

I send you a track of me singing with singing bowls.
I hope you enjoy.

Hug,
Katherine


キャサリンの唄をもっと聴く(My space)

Contact:Katherine Sheng Morrison <aeioukatou[at]gmail.com>
(change [at] to@)

Germany
 

近くの町マナリーに住むドイツ人のマルチンがビデオを紹介してくれた。
この他にも多くの友人から励ましのメールを受け取った。
世界中の多くの生命が共振している。
ありがとう。
一緒の時代に生きている生命たち。

 

Martin Lehmann-Waldau




Prayers for Japan

dear lee,

while sending out love and healing to japan i found this video that you might
find inspiring

http://www.youtube.com/watch?v=zGWAZVZG1TA

wish you a strong sprinf in the mountains!

martin


Thank you, Martin.

Lee

Croatia

Niki

a Thought for you

Dear Friends, 
I know that maybe many people has already contact you in relation with the situation in Japan, and that you are maybe tired.
But I feel the need to share with you this moment and to say you that our mind and our energy is sent to Japan,
to keep the power to get up and go on  facing the death but living the life.
The shadow that is expanding on the Earth is like an enormous cloud that makes rain our eyes.
Let's dance it, let's flow it and let's pray for a better future, that is near for whom is ready to face the troubles and the pain.
Let me give you my support an my hopes that you and your family is good. 
And, if you need my help, you have just to ask...here I am!
Hugs, Love and Harmony from
*Niki
 

Switzerland

Pete


 

ピット、今日スイスで公演 Equinox

くわしくは、www.resonart.net
ヒマラヤ共振日記
 
 被災地の人々
2011年3月19日

被災地に雪が降る。
燃料不足のおり、どんなにか寒く心細い日々を過ごしておられるだろうか。
ヒマラヤでも生命は共振して震えています。


「死亡7320人、不明1万1370人」(朝日新聞 19日)
東日本大震災は神戸大震災を超えて
日本最大の災害となった。
ご冥福をお祈りします。
だが地震、津波にとどまらず、放射能汚染の畏れがこれから長い時間続く。
すでに牛乳、ほうれん草から基準値以上の放射能が検出されたという。
「茨城産ホウレンソウ、福島産牛乳から基準値超す放射線量
官房長官会見 」(日経新聞 19日)

福島をはじめ東北の人々の暮らしはどうなるのか。
ただただ、生命の共振に耳を澄ます。
今はどんなことばよりも、それが最も大事なことなのだ。


 
2011年3月17日

姉妹に捧ぐ

こんなむごく悲しい写真は生まれて以来見たことがない。
脳裏に焼き付いて離れない。
今日の授業中、気がついたらわたしは
もう息をしない泥まみれの妹を抱いて歩くこの少女のからだになりこんでいた。
ついさっきまで一緒に遊んでいた妹のからだが
だんだん冷たく重くなっていく・・・
そして、遠い昔、わたしの胸の底に刻み込まれていた
宮沢賢治の悲しみが共振して震え始めた。
無声慟哭するいのちが百年の時を超えて共振したのだ。


 永訣の朝


けふのうちに
とほくへ いってしまふ わたくしの いもうとよ
みぞれがふって おもては へんに あかるいのだ
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)

うすあかく いっさう 陰惨(いんざん)な 雲から
みぞれは びちょびちょ ふってくる
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)

青い蓴菜(じゅんさい)の もやうのついた
これら ふたつの かけた 陶椀に
おまへが たべる あめゆきを とらうとして
わたくしは まがった てっぽうだまのやうに
この くらい みぞれのなかに 飛びだした
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)

蒼鉛(そうえん)いろの 暗い雲から
みぞれは びちょびちょ 沈んでくる
ああ とし子
死ぬといふ いまごろになって
わたくしを いっしゃう あかるく するために
こんな さっぱりした 雪のひとわんを
おまへは わたくしに たのんだのだ
ありがたう わたくしの けなげな いもうとよ
わたくしも まっすぐに すすんでいくから
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)

はげしい はげしい 熱や あえぎの あひだから
おまへは わたくしに たのんだのだ

銀河や 太陽、気圏(きけん)などと よばれたせかいの
そらから おちた 雪の さいごの ひとわんを……

…ふたきれの みかげせきざいに
みぞれは さびしく たまってゐる

わたくしは そのうへに あぶなくたち
雪と 水との まっしろな 二相系をたもち
すきとほる つめたい雫に みちた
このつややかな 松のえだから
わたくしの やさしい いもうとの
さいごの たべものを もらっていかう

わたしたちが いっしょに そだってきた あひだ
みなれた ちやわんの この 藍のもやうにも
もう けふ おまへは わかれてしまふ
(Ora Orade Shitori egumo)

ほんたうに けふ おまへは わかれてしまふ

ああ あの とざされた 病室の
くらい びゃうぶや かやの なかに
やさしく あをじろく 燃えてゐる
わたくしの けなげな いもうとよ

この雪は どこを えらばうにも
あんまり どこも まっしろなのだ
あんな おそろしい みだれた そらから
この うつくしい 雪が きたのだ

(うまれで くるたて
  こんどは こたに わりやの ごとばかりで
   くるしまなあよに うまれてくる)

おまへが たべる この ふたわんの ゆきに
わたくしは いま こころから いのる
どうか これが兜率(とそつ)の 天の食(じき)に 変わって
やがては おまへとみんなとに 聖い資糧を もたらすことを
わたくしの すべての さいはひを かけて ねがふ


Brasil-Germany-Japan

Fabricio


 

ファブリシオ、オープンホームプロジェクトを開始

原発事故の放射能漏れから逃れる必要がある日本の妊婦や子供などに
住居を提供するボランティアプロジェクトを、ドイツに居るファブリシオがはじめた。
興味のある方は、彼に連絡を。

we are a group from Berlin, Germany and wish to organise travel out of Japan during nuclear uncertainty and offer private accomodation in Europe....

OPEN HOME PROJECT

For those living in Japan,

Deepest sympathy toward those who have been affected by the East Japan Earthquake. Our worries are now toward the atomic contamination regarding the power plant. The effects toward pregnant women and young kids are extremely large under these conditions. Due to those reasons, the people in EU have volunteered to share their living spaces and homes for bringing people in from Japan.

The priority is based on the health risk of atomic contamination.

  • pregnant women
  • children
  • children's mother
  • disaster victims

http://love4japan.com/
Fabricio Krithika
Nomadic University
Schwedterstrasse 17
10437 Berlin

Contact:Krithika and Fabricio do Canto<info[at]ffindia.com>
(Change[at] to @)
 
 福島第一原発 爆発の瞬間 Explosion at Fukushima nuclear plant
2011年3月15日
 

畏れていたこと


何十年も前から畏れていたことがとうとう起こった。
ただ想定以上の自然災害が起これば
放射能漏れが起こることは必至だった。
もうことばはない。
ただただ、生命に耳を澄ますことが出来るだけだ。


 

 

Turkey
2011年3月13日
 

畏怖する生命


大震災のなかで生命に聴く。

こんな時こそ命に触れることができる数少ない機会なのだ。

生命に耳を澄ませば、生命はただ怯え震え

なすすべもなくおののいている。

これが生命の本源だ。

40億年前たったひとつの生命として地球上で発生した生命もまた、

なすすべもなくただただ震えていただろう。

周りは見知らぬものばかりだ。

原初の生命がうまく共振できるものはごくごく限られていた。

水と、適度な温度と、アミノ酸などからだをつくる分子、

カルシウムイオンやナトリウムイオン、カリウムイオンなどのイオン類、

当初はそれら限られたものとだけ共振して生き延びていた。

あとは酸素にしろ光にしろ、大敵だった。

うまく共振できないものに囲まれて

原初の生命はただただ恐れおののいていた。

畏怖することが生命にとって最初から続いている最も基本的な共振パターンである。

自我や自己はそれを忘れている。

自分を何か偉大な力を持ったものと取り違えている。

大地震や津波は地球の自然が畏怖を忘れた人間の思い上がりに対する
自然からのメッセージなのだ。

トルコのオゼークがくれたメールはそのことに触れていた。

 

Condolence from Istanbul

ozerk sonat pamir

 

 

  Dear Lee;

 

 I am witnessing an unstoppable ocean devouring everything,

 

 somehow setting the cities on fire.

 

 It seems like the act of a mother  who can not cope

 

 with the tortures of her own children anymore.

 

 I hope you and your loved ones are safe

 

 yet it seems thousands are dead and lost.

 

 I wish peace to all restless spirits...

 

 peace peace peace

 

 özerk

 

海が人間の作った構築物を津波でなめ、火で洗うのは

言う事を聞かない子を叱る母のようだと書いている。

 

そうだ。

叱られ、落ち込み、畏怖し、立ちすくむこと。
それが大事だ。
とんでもない目にあって動転したとき、からだの闇のいろんなものが一挙に出てくる。

真っ先に出てくるのは本能的に自分を守ろうとする自我であり、
混乱した自分を立てなおそうとする自己だ。

それから、荒れ狂う情動や感情、固有夢や怖い記憶がぶり返すかもしれない。
わたしは和歌山県海南市の干潟の町に育ったので、
生まれてから何回もの台風と津波を経験している。
毎年のように街の半分は水没した。
津波にさらわれて漂う夢はなんども繰り返し見た固有夢のひとつだ。
波間に同級の女の子が溺れている。
それを助けに行こうとして泳いでいるうちにわたしも溺れてしまうというのが
基本パターンだ。
今回もその夢を繰り返しみた。


そして、静まり返ったからだになってはじめて感じられるのが
なにものかに畏怖している生命だ。
こんなときこそ、

からだの闇の中に棲息しているさまざまな方たちの、

かすかな傾性の違い、ベクトルの違いを感じ分けることのできる
またとない機会なのだ。

生命にそっと耳を澄まそう。

 

 

Japan
ヒマラヤ共振日記
 
2011年3月12日

東日本大震災---こんなときにこそ

こんなときにこそ、命の声に耳を澄ます。
おびただしい出来事と、その情報があふれかえって
動転しているときにこそ、
かすかなかすかな生命の震えに耳を澄ます。

かつて、スマトラ沖大津波がアジアの沿岸の民を襲ったとき、
わたしは南インドのタミールナドにいた。
列車が遅れて、予定より一日遅れでそこについた。
予定通り付いていたら、わたしも今頃は海の底だった。
一日前に大津波がその町を襲って何万人もの人が死んでいた。
海辺の町は海面すれすれのところにあり、
海が盛り上がればひとたまりもない。
終日、宿の衛星テレビに映る画像を眺めていた。
穴を掘って多くの死体を放り込み続ける画像をなすすべもなく眺めていた。

日本のテレビは日本人の安否だけを重大事として報道し、
フランスのテレビはフランス人のことだけ、
ドイツのテレビはドイツ人の安否だけを何事かとして報道していた。
本当はインドネシアやタイや、インドの現地住民が何万人も津波に襲われて亡くなったのに
そんなものは虫けら同然か、虫けら以下のものとして無視されていた。
先進国の人にとっては自国民だけが人間で、
配慮されるべき存在だと彼らの態度が語っていた。


そのときほど、今世紀で人間であることを恥ずかしく思ったことはない。
人間であると思い上がっている心がどんなに狭い意識に囚われているか、
全く気づいていないのだ。

今回も、地震の震源が東北沖と聞いて、
真っ先に岩手に帰郷中の共振塾生Ikukoの安否が気遣われた。
わたしの小さな自我が、まずは友人知人の安否を気にかけるのは、
狭い了見だが、仕方のないことだ。
だが、問題はそのあとで、自我や自己を離れ、
生命に耳を澄ますことが大事だ。

生命はいったい今なにを感じ、どんな共振によって、震えているのだろうか。
こんなときこそ、それに耳を傾けるいい機会なのだ。

命の声は自我や自己の反応に比べあまりにかすかで
聞き取りにくい。
聞こえないものに耳を澄まし続けること。
聞こえてくるまで静まり返ること。
多くのことや多くの情報でひっくり返って
動転している時こそ、
静まり返る技術が必要とされる。

静まれないときに静まり返ろうとすると、それを妨げているものが何かがわかる。
あらゆるものが異様にくっきりと際立ってくる。
自我も出てくる。
自分の全体がなにかも感じられる。
ただの生命でしかないかすかな震えもある。
その困難な作業の中で自我とは何か、
自己とは何か、生命とは何か、を問い直す。
それらの間のかすかなベクトルの差異、
傾性の違いを感じ取る。
そして生命に問う。
なにが一番したいのかい?
これは自分の中の自我や自己にとらわれるのではなく、
生命として生きるための技術である。

今年の共振塾は静寂体への変成から始めようと思う。


2011年3月12日

震源地に近い岩手に住むIkukoから、無事のメールが届いた。
やれやれ。ひとまずホッとした。
だが、これほどの巨大地震だ。余震のおそれもある。
気をつけてください!
不幸にして亡くなられた方に深く共振します。
生命は共振によってつながっている。
 

とりあえず生きていま

すごい地震です!
家の壁が落ちて、ガラスは割れて、家はめちゃめちゃです。
震度6強。
幸い家族は、無事です!  
余震は続いています。
停電です。
寒い夜を過ごしています。
10Mの津波。
沿岸地方にかなりの被害です。
範囲が広がっています。
東北全域、群馬、新潟、栃木、千葉、長野。
津波は、太平洋側ほぼ全域。
いよいよ時が近くなっているのでしょうか。
とりあえず、無事です! 
ありがとうございました。

Ikuko

dhasa-ikuko[at]softbank.ne.jp

(atを@にかえてください。)
2011年3月12日

兵庫県の清子からの便り


わかりました。無事を祈るのみです。
 
まだ余震が。長野で震度6が午前3時すぎ。
 
自衛隊5万人投入。福島原発は溶融を回避するため空中に放射能いりの空気を放出はじめました。
 
テレビに映る人々はとりみださずもくもくとすることをやっているようで、その姿にうたれます。
 
呆然としてなすすべもない・・なくことすらまだできない。今は全力で救出中。
 
7メートルの津波なんて・・・
 
まだ被害者の数は把握できない状態です。大変な被害になると思います。
 
震えます。地球上で生きているとはこういうこと。争うことなく協力しあうことのみが地球人の使命です。


きよこ


 
 2011年3月12日

熊野灘からの便り


和歌山県熊野は、昨年なくなった速水智也子さんの生まれ故郷だ。
そこに帰郷していた智也子さんの長女夫妻の
山田太一・亜木さんから便りがあった。
太一・亜木家にはこの冬ビザのトラブルで一ヶ月も居候させてもらっていた。
ともあれ、熊野灘も無事で何よりだ。
だが、アジアには海面すれすれのところで住んでいる集落が多い。
今後の津波被害が心配だ。


今日本全国が地震に襲われ、大津波で被害が甚大です。
史上最大の地震、津波でM8、8です。
今、私たちは亜木の祖母の家である熊野にきてますが、津波警報中です。
でも熊野は大丈夫で、まだ被害ないですが、
北海道、岩手、仙台(震度7)、福島茨城、千葉、東京、埼玉、が地震と津波。
長野でも震度6です。
いまメディアはずっと、災害TVです。
ネットで確認してみてください。
ご友人などの安否確認などされるように



熊野より・山田太一



 2011年3月11日

東北地方太平洋沖地震発生!

とんでもないことが起こったことを日本の清子からのメールで知った。
史上最大規模の地震だ。津波や火災などの被害が相次いでいる。
東北に多くある原発の事故も心配だ。
岩手には共振塾生のIkukoが帰郷しているが、メールはいまだに不通だ。
ネットで切れ切れの情報をかき集めて想像するしかできないのがもどかしい。
だが、生命は共振し大揺れに揺れている。
ネットを検索すると、この災害を情報としか受け取れず、
死者の数を憶測で予想するなど、心無い発言が目に入り、胸が痛む。
情報としてではなく生きた生命として感じてくれ。
生きていてくれと、叫ぶように祈ることしかできない生命なのだ。


兵庫県の清子からの一報


3月11日14寺46分頃国内観測史上最大のM8.8の地震が発生、
現在被害状況を連続してテレビが流しています。
ネット上でも
情報がはいっているかもしれません・・
 
津波で海岸線の町は根こそぎさらわれたところ、
燃料タンクがたおれてそれが主因で気仙沼のまちは全焼しそうな勢い・・
 
日本中の太平洋に面した海岸線には津波警報がでています。
東京でも交通網が麻痺して停電しているところがありました。
 
多くの公的スペースが帰宅できない人のために開放されています。
まだ余震も津波も警戒が必要です。
 
育子さんはすでにダラムサラでしたか?
お父さんの介護をしているといっていたからまだ日本としたら
被害にあっているのではないかと思われますが
 
一宮は海岸線からは遠いから津波でさらわれる心配はないと思われますが、
どうしているか心配。メールは不通でした。
 
育子さんのことだけではないのですが、
いまは・・・みんながなにができるか見守って祈っています。
 
自分が揺れているようです。

きよこ



Israel
 

Shlomtsi


シュロムチ、テルアビブで桂勘ワークショップと公演を主催


Katsura Kan


hello
lee,
how are you
thank you for being interested in butoh in israel
i attached to you the fukes with the descriotion of the workshop
the dates are 31\3-2\4 in tel aviv
for details : shlomtsim@gmail.com 00-972-546-836888
the performances the dates are 24\3 and 26\3
same details

all the best

shlomtsi


Shlomtsi


Contact for more information...
Shlomtsi[at]yahoo.com
(Change[at] to @)



Spain

Sara、Migui

サラとミギ、バルセロナで舞踏公演


Hola a Todo@s !!!!
 
 El próximo viernes 4 en freedonia(raval) se hace una noche butoh, danza experimental, movimiento o como cada uno lo quiera llamar donde bailamos 3 solos  +  los pases de los videos de urban Butoh.
os adjunto los flyers ....y  aprovecho para mandaros abrazos a tod@s.
 
Sara.


Holland
 
  
Honza



ホンザのウエブサイトとビデオ

今年3月からの新入生、ホンザがウエブサイトを創った。
かなりの技術を持っている人らしく、
サイトデザインやスライドショー、ビデオが面白い。
私も学びたいほどだ。
世界中から面白いやつがヒマラヤにやって来る。
世界は共振によって面白くなる。
今年も楽しくなりそうだ。

ホンザのサイト

http://Honz.nl

このページが面白い


ホンザの自己と自分のエゴの紹介

http://last.fm/user/HonzaSvasek

Enjoy, Copy, Mutate and Share...


お楽しみください。

Brasil-Germany-Tibet-India
 Pure life resonance
 
ファブリシオ、スノーライオンをベルリンに招待


Fabricio and Snow Lion (Dorjee)


ブラジル出身で現在はドイツで活動するファブリシオが、
去年の舞踏祭で協働したチベットからインドに移ったスノーライオンことドルジェを
ベルリンに招請する企画を進めている。
ドルジェの破天荒な舞踏を見たファブリシオはいたく感動していた。
「こんな踊りはヨーロッパにはない。
ぜひドイツの人に見せたい」と語っていた。
フェスティバル最終日の彼自身が主催したチベット人障害者の施設での
催しではドルジェが同時通訳兼踊り手として協力した。
こんなに早く実行するとは思っていなかったが
彼は航空チケット代など予算70万円ほどの企画を立て、
ドイツ政府の交流基金に申し込んだ。
チベットの歴史やインドでの現況、
チベット文化と舞踏との関連に言及する深いもので
今年秋の第3回ヒマラヤ舞踏フェスティバルと、
ベルリンでの舞踏フェスティバルをつなぎ、
踊りと映像、ワークショップなどからなる総合的なものだ。

これが成功するか否かは分からないが、
この試みはリゾナンスネットの未来に雛形となる先駆的なものだ。
幸い舞踏家の交流には大きなコミュニティはいらない。
各国各地域の舞踏家の周りに自然にできる小さなコミュニティと
異国の創造者やコミュニティを結ぶ共振があればそれでいい。
各国のグループは互いに招待状を送りあい、
その招待に応じて各機関に資金を申しこめば良い。
援助の得られないアジア・アフリカ・南アメリカの創造者に対しては、
先進国のグループが彼らと交流する企画を立て
援助資金を申し込めばよい。
交通費さえ確保出来ればあとはどうにでもなる。
私が10年前に企てた世界ツアーもそういうものだった。
世界各国の友人が公演やワークショップのお膳立てをすべてやってくれた。
そういう地球に空いたワームホールのような秘密の通路を通って
私はこの星を三周するほど踊り歩くことができた。
リゾネットは舞踏家や各種創造者が
国境を超えて世界と共振する仕組みなのだ。
私は長い長い間その実現を夢見てきた。
だが、もうそれが実現する日も遠くはない。
いま、桂勘を始めとする少数の人々が行っている
世界をまたにかけた活動がみんなのものとなる日は近い。

ファブリシオの企画書(英文PDF)を見る
http://subbody.com/J02workshop/PDF/Fabricio-Snowlion.pdf へのリンク

Fabricio to Snow lion

Dear snow Lion,
here is the application again.
This is a seed for our commun program. They are the main agency for the government of Germany that pays for artist to go abroad and to artists from abroad to come.
If they would pay for my going, and is already mentioned that the objective is to make a bridge and invite tibetean butoh dancers to Berlin, it would be very probably that they would pay for you to come.
Independent of that I am participating on Exit in August (the butoh Festival) and opening a place where we will have performances in Berlin. So anyway I see you coming over next year to perform and teach here.
So at the moment two things are important.
1.Pray that this application will come trough.
2.Attend the year term by Lee so that you can be qualified to perform and teach sub-body in Berlin next year.

Love and dedication,
Fabricio

Snow Lion to Fabricio
Hi Fabricio,
I am very happy and well all the time and everyday searching new body,
thanks for everything and i really feel good for all
and please can you send me the application again 
may be can you explain in more detail way to fill the application
i just make sure and it will be OK and successful 
i think i will do the best and make it happen 
i am always thinking about you since we say good bye
i had a good time with you last time we were spent a such a 
beautiful night on the mountain and it was unforgettable
thanks you so so much and i am ready for you
i wish all your family have a long life 
have most beautiful life 
please write me back soon as possible 
yours dorjee
snow lion  peace
 
Japan

きよこ

兵庫県高砂市のきよこさんから、近況と共に、昨年の共振塾の体験を
地元の「ひびき」という
ハンデイキャップの福祉グループの通信に書いた原稿が届いた。
昨年のフェスティバル最終日のチベッタンの障害者施設での催しの模様と、
そこでの感動が生き生きと描き出されている。
今年のきよこさんは日本各地に、アメリカにと師の勘さんに似て実に多忙のようだ。
どうやら舞踏家のリゾーム=ノマド化は
60歳代の人々からもう先駆的に始まっているのかもしれない。


「こんばんわ!変わらずお元気なことと。
・・・
3月のはじめに、「女人史を学ぶ会」という集まりの6回目、最終回が姫路の寺であります。
浄土真宗の寺の大黒たちがメインの集まりで全国規模で集まります。
人数は多くはないですが、この間、園田久子さんという方をチューターに
学びを重ねてきています。
性愛の歴史を軸にしています。
森崎和江さんの弟子?でもある方でもあり、
森崎さんにお会いできるチャンスとミーハー的にはじめから参加してきましたが、
このたびは、「分断を超えて-身にひきよせてー」というテーマです。
 
この席で30分間舞踏の時間をとってくれることになりました。
私も踊ってもいいなと思っていたら、
会の実行委員のほうからの申し入れが共時的にあり引き受けました。
この作舞:をこころがけているところです。
 
4月には勘さんが帰国、今年は京都でダンスリレーションが開かれます。
また、メロンオールスターズというミュージシャンのグループとのコラボ
5月後半、UCLAで「全米舞踏会議」・・
これは勘さんがかなり力をいれてコーデイネートしてきたもので、
英語力に問題はありですが、参加していこうと思っています。
4月には、アメリカから2008年夏一緒に学んだコロラド・ボールダーから
シャロニーというダンサーが同行し、一緒に作品作りをして、
この地やロス、夏のボールダーのフェステイバルにも参加していこうかと案をねっているところです。
ミンデルワークとの組み合わせで舞踏譜を作っていこうと思います。」



ヒマラヤで学んだこと
(感じあい、ひびきあう世界)
         山本きよこ


ひびきの皆様、よいお正月を迎えられましたか?
今年は、ひびきの誕生から25年を迎える年ですね。25周年にふさわしいよい出会いに
満ちていることをお祈りします。

 私は、以前書かせてもらったように、ほんの初期のひびきに時々行かせてもらい、
夏のキャンプやもちつきなどもさせてもらった記憶があります。
しかし、なによりもその創設の志の深さや運動から、たくさん学びをいただきました。
私にとってかけがえのない出会いでした。
ずいぶん前のことになりますが、まだ制度ができる以前には
月に何度か三島さんや藤本さんの泊まり介護もさせてもらい、
その時の経験は今も活きているように思います。

丁度その頃、20年くらいまえから私は仕事のかたわら、「舞踏」という踊りに出会って踊り始めました。
10年前には「高砂BUTOH協同組合」というグループを立ち上げ、
さまざまなところで踊ってきています。
それは、姫路の駅前であったり、
小さなカフェや蔵や朽木のエコキャンプや海外のフェスティバルであったり
昨年は「釜が崎」の三角公園でも踊らせてもらいました。

20年たってようやく自分が何故この「舞踏」に惹きつけられ踊ってきたのか、
その謎がとけてきました。
それは、森羅万象いのちあるものとひびきあい共に生きていくことであったのです。
私は、昨年、インドのダラムサラ・ヒマラヤに抱かれた1800メートルの高度の、
山の中腹にあるスクールに45日間の舞踏修行に行ってきました。
一ヶ月の勉強期間とそれに続く「第一回ヒマラヤ舞踏フェスティバル」への参加。
力いっぱい踊ってきました。
そして8日間のフェスティバルの最終日に、
チベットのハンディキャップの人々の生活するホームにいって共に唄い踊る一日を過ごしてきました。

12人のメンバーでマイクロバスにのり出かけたのですが、そのはじめに
「今日はもっとも純粋な共振に触れる体験をよく味わってください」
と塾長に言われました。
この舞踏スクールは「サブボデイ共振塾」といれるとパソコンのブログが開くように、
この「共振」ということをもっとも大事にしています。

みなさんは、わけもなく何かに感動して、涙が出てきて止まらない・・
という経験をされたことがありますか?
このわけもわからず身のうちが震え感動して涙がでる・・
というようなこともそのひとつだと思うのですが、 
これは、どうやら「いのちの共振現象」がもたらすものであったのだと知りました。
「いのち」と呼ぶものの実態は、目に見えず触れられず
匂いをかぐことも味わうこともできません。
「いのち」とは不思議な謎にみちたものです。
そして、とても恥ずかしがり屋で傷つきやすいものでもあるようです。
言えることは、私たちはまぎれもなくこの「いのち」の働きで生きているということ。
そして「いのち」というものは、本来ひとつであり一番おおもとのところでは、
みんなつながりあうひとつのものであるということ。
だから共振することでひびきあうことができるのだということ。

そのみえない「いのち」というものを見せてくれる踊りが私にとっての「舞踏」だったのです。
舞踏の動きは一見奇妙でわけがわからないことが多いのです。
しかし、舞踏手のくりだす動きはこの「共振」現象を起こし、
説明のつかない不思議な感動にさそいだしてくれる「いのち」
そのものに働きかけることがその本質であったと学んだのです。

その純粋な共振に触れる体験とはなんだったのか・・
企画したブラジル人のファブリシオの原案で七色のレインボーカラーをテーマに
園庭でブルーの踊り、緑の踊りを踊りました。
ゴンパと呼ぶ寺院のなかでは赤の踊り。
はじめは見ているだけだった彼らも一緒に踊り歌いだしました。
午後は、カラーのテントをこしらえそのなかで、5・6人のメンバーごとに手遊びをしたり、
身体を触れ合ったりマッサージをしたり歌をうたったり
その場でできる限りの遊びをしました。
チベットの楽しい童謡も次々ととびだしてきました。
最後は手作りの「お面」をつけて全員で踊りながらのパレードです。
笑いさんざめき本当に楽しい時間を共有しました
。帰るときに気がついたら訪問したわれわれのほうが心の底から楽しみ、
彼らの「いのち」のひびきに同調して元気な透明な力を得ていることを知りました。

何故そうなのか・・
ハンディキャップをもった彼らは率直で素直にまるごとのいのちをむきだしてさしだして生きている。
いのちの輝きと響きは誰もが持っている本来の働きであるのだけれど、
むしろ、「障がい者」とよばれる彼らのほうが
本来のいのちにちかく生きているからではないのか・・
そう思ったのです。
いのち本来の共振による生きあう力の表現。
大事なこと・・。
そのままの彼らの存在まるごとの価値。意味。
そんなことを実感したのです。

「舞踏」が「いのちの共振」を生きるおどりであるから、
むしろ彼らの表現、存在のありかたからいっぱい刺激を受け学んだ一日になりました。

この「いのちの共振」をテーマに率直にこの私自身を掘り下げむきだし踊っていき、
いのちまるごとを踊ることができるように尽くしていきたいと改めて思っています。
それが「生きていく」大切なことなのだと思えるのです。
この舞踏的に踊ることをたくさんの人とも共有したいとも思います
。私たちが伸びやかに笑いながらいきることを楽しんで毎日くらせることが生きること・・
そのものであると思うから・・・。






taller de danza Butoh con Katsura Kan

Time
Wednesday, February 16 at 4:00pm - February 20 at 8:00pm
Location
La Caldera c/Torrent d'en Vidalet, 43
Barcelona, Spain

Created By
Migui Mandalasol
More Info contacto e inscripciones: velvetsweatshop[at]gmail.com
organizado por Kaze Daruma

Spain

Migui

ミギ、バルセロナで桂勘ワークショップ


世界各地から、わが師・桂勘ワークショップのニュースが
立て続けに届く。
1月、2月、3月、、、ニューヨーク、バルセロナ、テルアビブ、、、
勘さんの脚は世界をまたにかけられるほど長くなっているようだ。

願わくは、今増殖中のリゾナンスネットが出来上がれば、
勘さんだけではなく、生徒のみんなが国境を越えて世界を飛び回って
公演やワークショップをしつづけて共振できるようになる。
その日がくるのは、だが、もうそう遠くない。
世界がだんだん面白くなってきたゼイ!





taller de danza Butoh con Katsura Kan

Time
Wednesday, February 16 at 4:00pm - February 20 at 8:00pm
Location
La Caldera c/Torrent d'en Vidalet, 43
Barcelona, Spain

Created By
Migui Mandalasol
More Info contacto e inscripciones: velvetsweatshop[at]gmail.com
organizado por Kaze Daruma


 夏季集中コースについて

今年も夏休み期間中に夏季集中コースを予定していますが、
Leeのビザ延長の詳細がまだ決まっていないため
詳しい日取りをお知らせすることができません。
決まり次第お知らせいたします。
今しばらくお待ちください。

Lee
USA
Syv


シブ、ニューヨークからその印象と、桂勘ワークショップのレポート

本当に世界は共振している。
シュロムチのテルアビブからの便りと同時に、
ニューヨークにいるシブから明日からの桂勘ワークショップと、
ニューヨークについての印象深い便りが届いた。
桂勘は土方巽を除いて、私のただ一人の舞踏の師である。
40代のころ、彼とともに日本、インドネシア、韓国、タイ、シンガポール、
ハワイなどの舞踏巡業に参加した。彼から学んだものは計り知れない。
今なお、世界を股にかけて活躍されているのがうれしい。

Dear Lee,
The world resonates also in new york this week with Katsura Kan, and I am very excited and honored to take his workshop. (I am forwarding you the information in the following email).
 
I am still in New York and enjoying it. New york is a fascinating place, for the best and the worst, where any kind of body movements, ideas, researches and creations in dance can be found, also for the best and the worst!  
I see it as a city inhabitated by ghost-like people where everyone feels and looks transparent and watches the outside through transparent blind eyes. Nobody minds, nobody cares. It takes a while to get used to it and to find a deeper layer.
 
I keep working on my way inside and listening to different beings, listening to my cells. Everytime it is about making a choice to connect to some darkness, some unknown quolias, a choice to follow unusual paths and moves. to be surprised. to allow space and silence which open to creativity, my own unique creativity, and to subbody life. to remember quolias and worlds. sometimes i don't want to go anywhere new, it is so much more comfortable and "safe" to keep the same!
i take classes with a dancer (she was in Paul Taylor company for 10 years) who uses Continuum. do you know this? it based on the idea that our body is mainly fluids and we should go back to that fluidity sensation to expand, create. we work on the cellular and bones levels through vibrations (with sounds) and different breaths. it's very interesting and subtle, you have to listen very very carefully to your body to notice what's happening. but then a lot is happening!
 
i am looking very much forward to come back to the subbody school. I like and need the intensity of the search and the surroundings. I miss it. I also realize that i miss "teaching" or rather being the midwife-student ;-) I never thought I would like this aspect, but i really do! it brings some kind of richness and another quality or understanding  in my own search, a bigger dimension on this Butoh word. It is also about staying humble: i know so little and everyone is from different countries and cultures, yet i must make myself understood and show some kinds of ways.
 
i hope you keep warm, i've heard it's been snowing in dharamsala. we also had a lot in NY, i like it!
take care lee,
 
syv


 

 

BUTOH WORKSHOP with BUTOH MASTER KATSURA KAN

Hosted by Vangeline Theater

February 10-13

 


Location:

Triskelion Ars Center

118 North 11th Street, 3rd Floor, Brooklyn, NY 11211

Tel: 718-599-3577

 

Dates and Times:

Thursday February 10th, 6-9pm in studio A
Friday February 11th, 6-9pm in studio X
Saturday February 12th, 3-7pm in Studio A
Sunday February 13th, 1-5pm in Studio X

Pricing:

$45 for Thursday/ Friday, or $90 for both
$60 for Saturday/Sunday, $120 for both

$ 210 total



Resonet
World Resonance Work Guide



View World Resonance net in a larger map
Kats D


Resonance: Winter 2011
– Newest on Kats D and Nenkin Butoh Dan

Web: http://sites.google.com/site/katsdsubbody/

 

Video: www.youtube.com/KatsDSubbody

Photo: http://picasaweb.google.com/katsd.subbody

Facebook: www.facebook.com/KatsD

-----------------------------------------------------------------------------------------------

粘菌舞踏団 舞踏公演

 The End of Days



粘菌は、植物と動物と菌類の性質をあわせ持つリゾームである。
ときにひとつの個体となり、群となって液状のアメーバとなり、
胞子となって空中に広がり気化体にも変成する。
私たちの教師の中の教師である。

私たちの脳細胞もこのように毎夜動いている。
粘菌を見つめ続ける中でわたしは生命について実に多くのことを学んだ。


This performance is collaboration between Carleton College students and Nenkin Butoh Dan and presented as a part of “Visualizing Japanese Theater” festival at Carleton College.

When:  Saturday March 5th, 1:00-2:00pm

Where: Carleton College Art Gallery, One North College Street Northfield, MN 55057           

            For map and direction, please visit: http://apps.carleton.edu/campus/gallery/

Tickets: Free

The audience participation is an integral part of this performance.  Please come to experience this unique event.

-------------------------------------------------------------------------------------

ミネソタ USA 夏期クラス

2.  Summer 2011 Subbody Butoh Workshop

8 weeks Subbody Butoh Workshop with Kats D

Subbody Butoh Method was developed by Rhizome Lee, a Japanese Butoh practitioner. “Subbody” means subconscious body. In the subconscious realm, away from the boundary of ego and daily consciousness, our mind and body melt into oneness and create world that is completely different from daily world. Though various conditioning techniques, a Subbody Butoh practitioner creates movements through exploring the subconscious realm. For more information about Subbody Butoh Method, please go to:www.subbody.net

This workshop will focus on the essential aspects of Subbody Butoh:

Quiet down the daily consciousness and listen to the subtle body signals.

  • Go beyond our physical, psychological and social bounds in order to create movements that are novel and unique to the individual body.

  • Develop Subbody movements through opening eight channels (body feeling, movement, visual, audio, emotion, relationship, world-self image and thinking).

  • Find resonance between ourselves and the environment.

  • Through the resonance with other Subbodies, become Co-body.

This workshop requires no dance experience.  Anyone who would like to explore his or her hidden creative potentials is welcome!

When:  Thursday 6:00-9:00pm          July 7, 14, 21, 28   August 4, 11, 25   September 1

Where:  Fallout Urban Art Center Studio Three, 2601 2nd Avenue South, Minneapolis

Tuition:  $200 ($180 when you register by June 15th)

To register, please write a check payable to Kats D Fukasawa and mail to 5015 14th Avenue South, Minneapolis Minnesota 55417. Full payment required to register.

Kats D (Workshop Instructor) has been studying Subbody Butoh under the guidance of Rhizome Lee since 2005. He has also studied with other Butoh masters, such as Katsura Kan, Akira Kasai and Kim Itoh. He performs and teaches Subbody Butoh regularly in the Twin Cities and abroad. For more information about upcoming performances and workshops by Kats D, please go to:http://sites.google.com/site/katsdsubbody

For more information about workshop, please contact Kats D Fukasawa at KatsD.Subbody@gmail.com.

-------------------------------------------------------------------------------------

指圧

3.  Shiatsu for Your Health and Wellness

Shiatsu is a healing bodywork originated in Japan.  Shiatsu restores one’s self-healing ability by balancing one’s vital energy (Ki).

Through applying pressure to various parts of the body, the practitioner treats one’s meridian (pathways for Ki). 

Shiatsu is beneficial as a treatment for a chronic illness as well as a preventative or recreational remedy. Shiatsu enhances one’s holistic health.

*Shiatsu is practiced lying on the floor with the clothes on.  Please wear loose comfortable clothes.

Kats D Fukasawa - Shiatsu Practitioner

Email:  KatsShiatsu[at]gmail.com

Web:  http://sites.google.com/site/katsshiatsu/



Kats D Fukasawa

Subbody Butoh Practitioner

ヒマラヤ共振日記


私たちは、共振している

そうだ。生命はあらゆる境界を超えて共振している。
国家や宗教、文化、言語、性、年齢、情報、知識、貨幣、もてる力の違いを超えて,
時と空間を超えて、生と死の境を超えて。

そうだ、このエジプトの女性のように、
兵士や警官にキスをしよう。
石や火や罵声や暴力の代わりに。

生命共振に耳をすまそう。
静かにかすかに、けれど確かに共振している
生命のふるえが聴こえるはずだ。
発明しよう。様々な共振の仕方を。
何も特別のことをする必要はない。
共振している生命を感じるだけでいい。
見つめるだけでいい。つぶやくだけ、
記憶するだけ、唄うだけ、描くだけ、写真を撮るだけ、夢見るだけでいい。

生命共振だけの力で世界は変わっていく。
もうそんな時代が始まろうとしているのだ。



Resonance Net

Resonet
World Resonance Work Guide



View World Resonance net in a larger map
 
今、次の各地で生命共振を学べます
サブボディ舞踏、ヒーリング、ボディワーク、
ワークショップ ガイド


ワルシャワ、ポーランド  by Kaska
ニューオーリンズ、ルイジアナ州, USA  by Odile
ミネアポリス、ミネソタ州, USA by Kats D
アテネ、 and Syros island、ギリシャ  by Angeliki
サイロス、ギリシャ  by Angeliki
マドリ-ド、and カナリー島, スペイン  by Laula
バルセロナ、スペイン 
by Sara, Ricardo, Roberto, Yolanda, Katherine, and many students
スイス  by Asuka, Pit, Pia
イスタンブール、 トルコ  by Ozerk

上の地図の吹出しマークをクリックください。
最新の情報を閲覧できます。


Poland
カスカのガイドによるヒマラヤ渓谷でのりゾーミングワークショップ 2009

Kaska


カスカ、生まれ故郷のワルシャワに帰還。
ワークショップを開始


毎日のようにうれしいニュースが相次いで届けられる。
今年三つ目のニュースはポーランドから。
2009年のコースを終了後、カスカはアジア各地をノマドのように旅し、
タイのチェンマイやその他の地域でワークショップを続けてきた。
彼女のワークショップは自然の中でリゾームのような動きを導きだす独特のもので
在塾中もヒマラヤの渓流の谷などで上記スライドショーのような
破天荒なワークをガイドして楽しませてくれた。
タイのあとインドに戻り、各地で活動を続けていたが、
去年インドのリシケシで重病にかかり、土地のヨギやシャーマン、そして自然の助けで
自己治癒力を回復したという。
こういう体験ほど真の生命の力を気づかせてくれるものはない。
カスカは大きく生長したことだろう。
この度、足掛け3年の旅を終え、生地ポーランドに帰還。
産婆としての活動を始めるとの便りが入った。
こんな嬉しいことはない。
カスカ、健闘を祈る。
私たちは時と場所を超えて共振している。



Dear Lee,
Last time when I wrote to you, I get seriously ill in Rishikesh.
Thanks Baba, shaman and the bigest support of nature. I am still on this planet. I have a great gift from this experience.
Now in birthland-Poland, filling big necessity of sharing here.
I am going to do all my best to be a midwife for
Subbodies workshopon on Saturday in Wrocław city
.
I am sending you info doc. about this days (I have only in polish-enjoy:_).
I collect energy for this day. I am with you and school all the time.
If you have a time on Saturday resonate with us, please.
Take care during winter time
with all my love,
k

Contact for more information...
katia366[at]go2.pl
(Change[at] to @)


USA

Odile


オデール、ニューオーリンズで
初ワークショップ


新年早々うれしい便りがあいつぐ。
昨年1年コースを修了した、ドミニカ出身、アメリカのオディールが、
早速この2月はじめてのワークショップを開催する。
ワークショップのタイトルは彼女らしく
祖先の囁きに耳を澄ますという意味だ。
彼女はいつも祖先の声に耳を澄ましていた。
それもアメリカやドミニカのみならず、
アフリカから地球上に拡がっていった私たち人間の祖先全体へ、
そしてガイアとしての地球の声にまで及ぶ深い耳の澄まし方だった。
これでアメリカ北部のミネソタのKats D と並んで、
アメリカ南部ニューオーリンズにも生命共振を学ぶ場ができたことになる。
このうえない喜びだ。
いったん増殖を始めたリゾームはとどまるところを知らない。
こうして世界各地にプラトー(高地)を増やし続け、
やがて世界中を生命共振で埋め尽くすだろう。
オディール、サブボディの産婆として経験を深めてくれ。
自分の自我を捨てて、他の人のからだの闇のサブボディの胎児の息吹に耳をすますことは、
もっとも豊かでかつ深い生長を促される尊い生き方の一つだ。

 ANCESTRAL WHISPERS:
A Subbody Butoh Workshop

dance. theatre. healing. meditation. bodywork.
shamanism. creation. destruction

When:
February 12th and 13th from 12pm-3pm Saturday $30,
Saturday/Sunday $50 (no experience necessary)

Where:
1228 O. C. Haley Blvd., between Erato and Clio (soon to be new home of Divine Yoga) , New Orleans, LA


What to expect:
*introduction to the exercises of Tatsumi Hijikata, founder of Butoh *exploring the breath and resonance of Life
*releasing habitual binds of the body and ego
*moving beyond societal and cultural ideas of beauty
*diving into the archetypal mind, the darkness of Self, the sub-conscious realm *researching your Life’s necessary movement
*moving from separation into unity consciousness with other bodies and all of Life

What to bring:
yourself in comfortable clothes and a pair of socks

About the midwife:
Odile’s BUTOH exploration began with Wicked Cricket Dance Theatre in 2001. This marked the beginning of her integration of Butoh dance, Physical Theatre practice and Eastern contemplative studies.
After clearly meeting the voices of her Ancestors through the dance, she was drawn to the Subbody Butoh School in the Himalayas, where she learned, performed, and taught most of last year (2010).
She looks forward to acting as “midwife” to the emergence of your Subbodies/Co-body, while honoring New Orleans’s rich energies.

To learn about the Subbody Butoh method visit: http://www.subbody.net/


Please contact for more information...
odilenicole[at]gmail.com
(Change[at] to @)


France-Japan

Julie



フランスのジュリー、日本のテレビで舞踏を踊る

去年8月の集中コースで学んだフランスのジュリーが、日本のテレビで舞踏についてインタビューを受け、
踊ってみせたという便りが入った。
彼女は今早稲田大学で学ぶ留学生だが、
周囲の無理解に抗して、あらゆるところで舞踏の独特の美について
理解をしてもらおうと取り組んでいる。
すでに何本か、舞踏に関する日本語の論文も書いて送ってきた。
文法的な添削はしたが、基本的な考え方はしっかり身につけている。
新春早々楽しいしらせだ。
ジュリーは去年見つけた彼女独特のボトムから踊りだし、
ほんの少しだけ学んだ気化体などへの変成を見せている。
短いが彼女の初心が詰まったエッセンスのような踊りだ。
どうぞ、お楽しみください。

Dear Lee,
I miss you and Subbody school a lot. I can't wait to come back next summer.
Last week, for the 25th anniversary of Hijikata's death, I got to dance butoh on a local TV channel.
Here is the video http://www.youtube.com/watch?v=v1eRo5M7Ep0
It was hard as I only had details about the music and everything a few minutes before. But it meant a lot for me to be able to do something in memory of Hijikata.
Dancing with a corset was also an interesting experience.
I keep doing Subbody exercises everyday but I wish I could be at your school as it is harder to deal with difficult qualias alone.

Thanks again for all you taught methis summer and hope to see you soon.
Julie

PS: I am planning to take the one-year course after I finish university. Will you still be teaching the class in 2013-2014? In case you plan to stop teaching or to have someone else teaching, let me know to see if I can take a semester off at university. I would really like to learn from you.


 
Google
WWW を検索
subbody.com を検索

調べたいキーワードを、上の検索欄に入力して、[Google検索]をクリックしてください。
お望みのキーワードのあるページが見つかります。

サブボディ舞踏スクールホームページ |
2011
←BACK  ■  NEXT→