June-August 2018
サブボディ共振塾ジャーナル
 
ピンクの少女は脱人間化する ピウ
 
焼けるからだ ルースとコーボディ
 
 
 
 
 
 


2018年9月5日

<コーボディ ドリーミング シェア>


今期の二日目、この夏20年ぶりに見つけた
<コーボディ ドリーミング シェア>を試みた。
肝は、さまざまな秘膜調体を十分に行うことだ。
とりわけ、生命誕生以来30億年間も単細胞のまま過ぎしてきた生命にとって、
10億年前の群体細胞としての共振方法を発明したことは
いのちにとって画期的な事件だった。
触れるか触れないかの距離を保ちながら共同行動を取れるようになったのだから。
多細胞生物へつながるこの発明の驚きはすべての細胞の記憶にはっきりと刻印されている。
誰もがすぐに胞衣層の秘膜距離の共振を楽しめるのがそれを証している。
ともあれ、さまざまな秘膜距離での共振練習の後、
みんながそれぞれにとって印象深いコーボディを夢想し思い出し、シェアした。
一日がかりで次のような多彩なコーボディ世界が次から次へと出現してきた。
それを目の当たりにするのは、まるで魔術でもミているかのような気分だった。
ほんとうにいのちの創造性は無限なのだと驚かされた。
今日出てきたコーボディ世界は次のとおりだ。

ビシャール 「母なる子宮」
ナベラ 「種を割る」
マリア 「蜘蛛の巣」
ザディ 「虫の解放」
ナタリア 「庭でお茶する先祖たち」
ゴラ 「無題」
ルース 「夏の雨」
プレルナ 「雪崩」
モヘット 「蛇皮」
ラブ 「疫病神」
ザリナ 「ヤドカリ」
バルン 「ウラル王像」
サマー 「不安全な場所」

出会って未だ二日目の塾生たちが生き生きとこれらの世界を
次々と共創していった。
今期の塾生はさいわいだ。これらの多彩な世界をすべて
共有財産にして踊りを創っていけるのだから。
そうだ。20年目にしてサブボディ=コーボディ技法が
とうとう完成したのだ。



共振塾ジャーナルをもっと読む

 
 
 


2018年9月3日

石庭劇場で始まった共振塾2018後期

今年の夏のサブボディ技法の根本的改革で、
この新学期は新しくシェアすることが多い。
瞑動、
リゾーム調体、
生命共振クオリアの二重共振に耳を澄ます、
共振ヨガ、
共振探体、
共産婆、
などなどだ。
初日からその多くをシェアし、
最後は半数がボトム体で、半数が灰柱の歩行で始める
40分の石庭劇場で終わった。
例年になく盛りだくさんだけれど、充実したスタートを切ることができた。
明日からはさらに、新技法の<ドリーミングシェア>や<共振リゾーム>を
最初期からシェアするタイミングを見計らう。
サブボディ=コーボディは40億年の生命記憶を秘め持っているので、
人間の赤ん坊のように、長い段階を踏んで成長しなければならない存在ではないことにごく最近気づいた。あたかも赤ん坊のように取り扱わなければならないのではないかという、勝手な思い込みがこれまでのサブボディ技法を歪めていたのだ。
いつまで経ってもからだの闇の旅では不可思議なことばかりで驚かされ続ける。
だが、これが醍醐味なのだ。


共振塾ジャーナルをもっと読む

キメラ イマーゴ リーとコーボディ
 
雨の中のピンクの女の子の花| ピウ
秋期コース受付中!!
 


短期コース受付中!

 

長期コースは、満席ですが、1ヶ月から1週間の短期コースを受け付けています。

静かなヒマラヤの自然の中で、情報にまみれたいのちを洗い、耳を澄ましてください。そこからいのちの希望に従う新しい人生が始まります。


長期コース(9-11月) 産婆 
_


Lee

短期コース、冬期集中 産婆


9-10月 アダム


11月 オゼークとビ微シャール

_
 

12月ー2月 リーとダラ

 

<共振塾 後期 2018>

9月3日(月)ー11月30日(金)

月曜から金曜日 午前10時から午後’4時半

短期コースはお好きな月曜から、任意期間参加できます。

<第17回国際舞踏祭ヒマラヤ>

 11月23日(金)ー12月2日(日)

 

<冬期集中コース 2018-2019>

12月3日(月)– 2月22日(金)

月曜から金曜 午前10時から1時までの半日コース。

金曜日午後3時からの恒例週末舞踏実験公演は、年中休み無く続けられています。
お楽しみください。

 

<申し込み>

下記まで申し込みの動機をそえてお送りください。

subbody@gmail.com


 
 
 ダブルアニマウス| パズとアダム
 
アニマ・アニムスの来し方 デバンジャリとリー
 
暗い隠された肌| アダムとリー
 
アニマウス パズとアダム
 
浅い水面| リラ
 
 


共振塾後期募集中!

 

一年コースは満席、短期コースを受け付けています。
一月、一週、一日と任意の期間参加できます。
情報から身を離しヒマラヤでからだの闇に耳を澄ます。
そこからはじめて創造者としての新しい生き方が始まる。


長期コース(9-11月) 産婆 
_


Lee

秋冬短期コース 産婆


9月 アダム _

10月 パメラとアレックス

11月 オゼークとヴィシャール

_
 

12-2月冬期集中 リーとダラ

 

共振塾 2018 後期

September 3 – November 30, 2018

Monday-Friday. 10:00-5:00

You can join in on every Monday, with any duration.

 

冬期集中 2018-2019

December 3 – February 22, 2018

Monday-Friday. 10:00-1:00

 

 

<Application>

Send e-mail with your personal information and hope.

subbody@gmail.com


 
 夏期集中コース
薄延び ピウ 
 
涙の重力| リラとクリスチャン
 
タイ キメラ アダムとコーボディ
 

.

自己爆発| クリスチャン
 

.

彼女にあなたの赦しがいるの? ピウ
 
 地衣類研究 アダム
 

共振塾、いつの間にか、年中無休に!

昨年まで続けていた夏冬のヨーロッパ、インドツアーをいったん中断して、
夏冬とも半日の短期コースを続けている。
すると、いつのまにか、共振塾は一年365日たんたんと続く、年中無休塾に
変貌したことに気づいた。
思えば大変なことだ。
特に夏冬は比較的少人数で、思い切った実験ができるので、
毎日驚くほど新しい技法が生まれでてきている。
来年からは、夏冬のツアーは、リーに代わってジオやアダムなど古い塾生たちが
展開することになっている。

また、毎週恒例の金曜午後3時-5時の舞踏公演も、
一年中休み無く続けられている。
これも思えば世界ではじめての快挙ではないか。

お楽しみください。


 

夏期集中コース
 
 
8月コース 時間変更のお知らせ

8月コースは、4:00-7:00に変更になりました。

9月以降は長期・短期とも通常通り、10:00-5:00です。

ふるってご参加ください。

 
画家の世界| ピウ
 
ジュピター リラとクリスチャン
 
フロイト| パメラとアダム
 
振り子| リラとクリスチャン
 https://www.xvideos.com/video36083419/_
 
 人間性のない身体:動物| ピウ
 
アースクローバー| リラ
 
 見ることができる許可| リラとコボディ
何もない政治| パメラ
 

.

 4人の政治家 パメラ
 
私的世界 アニ
 


7月集中コース募集中!

7月2日-27日
10:30 to 1:00

参加しやすい半額の半日コース!
毎月曜から、お好きな期間参加できます。




産婆: リー, アダム、パメラ

毎日、よりすぐりの重要な舞踏技法を学べます。

毎週金曜日3時から実験舞踏劇場
参加無料、カンパ歓迎!

Contact:Pamela

Read More subbody Journal

 
 水無月の二つのソロ エリーとピウ
 
 水無月の4つのソロとコーボディ
 


夏期集中コース

7月2日ー27日
10:30 ー 1:00

At 共振塾ヒマラヤ
ジャギワラ、ダラムサラ、インド

毎金曜日 3時からサブボディ舞踏劇場開催



スクールジャーナルをもっと読む

 
母性| アニ、ゴーラ、ヴィシャル
 
深みの中で| アニ
 
  リバースツイスト1 | パメラとベルティ
 
2018年6月16日

微細リスニングとリゾーミング変容

共振塾夏期集中コースでは、
毎日、参加者にとってもっとも重要なことはなにかに耳を澄まし、
一つの技法に集中して掘り下げている。
第2週は、さらに微細なクオリアに耳を澄ますことに焦点を当て、
目隠しで歩いたり、目隠し歩行でで触れた背後世界の刺激を与え合い、
それぞれの見えないクオリアにからだが感染していく<リゾーミング・シェア>を試みた。
ヴィシャールは、モノとの共振をガイドし、石、木、紙、布、ガラス、金属、プラスチックなどとの生命共振クオリアを探った。
パメラは人の背後や間隙、下や上で踊る技法をシェアした。
週末のサブボディ=コーボディ劇場では、参加者の踊りが少しずつだが、確実に変わってきた。
3週目はこれらを統合し、<からだのくもらしかた>技法に向かうことになるだろう。

耳を澄ます 体の闇の中や体の周りのさらに微細なクオリアを聞く。
忘れていた記憶、思い出せない夢、日常の意識が周縁化したり、解離してしまっているクオリアに耳を傾ける。
うまく共振できないクオリア いきおいそれらの多くは<うまく共振できないクオリア>として総称することができる。 そこに各自のサブボディがからだの闇の奥深く退避しなければならなかった秘密が潜んでいる。
クオリアをまとう からだのまわりの秘膜に、できるだけ多くのクオリアをまとって動く。
あたかもクオリアの雲をまとってその雲を運ぶ。
●クオリアとの生命共振を踊る からだのまわりのクオリアと共振する。からだの各部の踊り場がそれらのクオリアと共振する。
自在跳梁 英語では<Jumping Wild>と呼ぶ。からだの各部で、それぞれのクオリアとできるだけ短い時間で共振し、次から次のクオリアへと移っていく。

じょじょにからだの闇に隠されている秘密に迫っていく。
それは同時に土方巽が『病める舞姫』の中心に据えた<からだのくもらし方>という技法を身につける旅でもある。
これらの後、第4週は、土方が収集した<癇の花>のクオリアを学び、各自の<癇>のクオリアを探り、身につけることになるだろう。
今年の水無月は、これまでにない濃密なひと月になりそうだ。


共振塾ジャーナルをもっと読む

 
  ディープ リスニング| Ani、Balt、Louve、Maelstrom、Piu、Cobody
   
中へ | エリーとパメラ
2018年6月10日


ディープ リスニング



共振塾夏期集中が始まった。
パメラ、ヴィシャール、リーの3人の産婆は、
毎日、参加者にとってもっとも重要なことはなにかに耳を澄まし、一つの技法に集中して掘り下げる。
最初の1週間は、次のテクニックを共有した。

耳を澄ます 体の闇の中や体の周りの微妙なクオリアを聞く
原生体 もっとも原始的なクオリアに耳を澄ます
●動かされて動
細分化 からだをいくつもの細部に分けて管理する
●リゾーミング
 からだの一部から変容が始まる
透明さ 内に半分、外に半分耳を澄ます 内にも外にも囚われない

あるかなしかの微細なクオリアに耳を澄ますことは、
他のなによりも重要なことだ。
なぜなら、それは踊りの最大の障害となる自我や自己を消す道だからだ。
参加者は、週末の公演で深いリスニングを見せた。
それぞれがとても丁寧に耳を澄ましていることが見えた。
その美しさに驚かされるほどだった。
踊り手がなにかに耳を澄ましていることは、観客にも直かに伝わる。
そして、その世界にいのちごと惹き込まれる。
それが生命共振劇場だ。

次は何か?
私たち三人の産婆は、24時間耳を澄まし続ける。
さて、来週はどうなるか?
楽しみだ。


共振塾ジャーナルをもっと読む

 
 
 

 共振塾夏期集中コース

          

        2018年 6月4日(月)ー8月24日(金)

 

 

この夏、涼しいヒマラヤで共振舞踏を学びませんか。

当地は標高2000m,気温は20度前後と

もっとも過ごしやすい避暑地です。

毎日重要な舞踏技術一つを集中稽古、一ヶ月で20の技法を学べます。


期間: 

6月コース: 6月4日ー29日

7月コース: 7月2日ー27

8月コース: 7月30日ー8月24日

 

月曜から金曜まで。毎日10時から12時30分。
午後はスタジオ、ヒマラヤの野外で自由練習。


任意の月曜からはじめ、任意週間継続できます。・

 

 講師 リゾーム・リー、パメラ

 

内容:

この20年の蓄積の中から、毎日ひとつの厳選された舞踏技術を集中稽古。

                  一月通しで参加すると、合計20の技術を練習できます。
三ヶ月通しだと基礎からプロフェッショナルな技法まで、
ほぼすべての舞踏技術に触れることができます。

例:下意識モードのからだになる
いのちの声を聴く
からだの闇に耳を澄ます
生命の呼吸
からだの各部の踊り場を開く 
(手、足、背骨、呼吸、声、顔、目など)
深層筋の使い方
秘膜で共振する
十二の調体技法
透明になる
原生体
異貌体
衰弱体
いのちの傷を創造に転化する
非二元
寸法の歩行
虫の歩行
合わせ離れ共振技法
静かな家
背後世界を開く
胎界遡行
元型を踊る
人間関係チャンネルを開く
気化する
密度を運ぶ
Xによる還元とその再生
病める舞姫
微細傾聴技法
祖型に通暁する
群れのからだになる
いのちの深淵の探体技法
花と秘密と謎
世界=自己チャンネルを踊る
離見
脱自
間とタメ
舞踏十体
自在跳梁
序破急成就
ドリーミング・シェア
リゾーミング・シェア
ツリー・リゾーム技法
共振リゾーム
世界共創技法


場所:

サブボディ共振塾、ダラムサラ、インド
標高2000メートル、夏期でも20度前後と過ごしやすい避暑地です。



受講料:

3ヶ月 (12週間)    600 USD , 6万5千円

          1ヶ月 (4 週間)    225 USD,  2万5千円

          1週間(5日)     60 USD,   6,500円

          1日体験       13 USD,  1,500円

 

dharamsala-map.jpg微細


申し込み・お問い合わせ: subbody@mail.com

 

 

BACK  ■  NEXT→