April-May 2018
サブボディ共振塾ジャーナル
 
| エリーとパメラ
 
 第16回ヒマラヤ舞踏フェスティバル開幕舞踏パレード
 
ベールを解く アレックス、パズ、サンテリ
 
 
2018年5月17日

カロッタ山でのノマドリゾーム
 
共振塾近郊のカロッタ聖地に登り、ノマドリゾームで踊った。
昼過ぎから雨になり、半分しか踊れなかったが、いい息抜きになった。



共振塾ジャーナルをもっと読む

 
柳田氏の孔雀 |ザリナ 
 カングラ遺跡でのふたつのデュオ | パズとルス | ザリナとパズ |
 
ストーンズメモリ| ローレンス
 
 無踏への歩み サンテリとコーボディ
 
一緒に| Gagan とコーボディ
 
転生Z.L リサとコボディ

.

 
以内   ガガン
 
 
 

 共振塾夏期集中コース

          

        2018年 6月4日(月)ー8月24日(金)

 

 

この夏、涼しいヒマラヤで共振舞踏を学びませんか。

当地は標高2000m,気温は20度前後と

もっとも過ごしやすい避暑地です。

毎日重要な舞踏技術一つを集中稽古、一ヶ月で20の技法を学べます。


期間: 

6月コース: 6月4日ー29日

7月コース: 7月2日ー27

8月コース: 7月30日ー8月24日

 

月曜から金曜まで。毎日10時から12時30分。
午後はスタジオ、ヒマラヤの野外で自由練習。


任意の月曜からはじめ、任意週間継続できます。・

 

 講師 リゾーム・リー、パメラ

 

内容:

この20年の蓄積の中から、毎日ひとつの厳選された舞踏技術を集中稽古。

                  一月通しで参加すると、合計20の技術を練習できます。
三ヶ月通しだと基礎からプロフェッショナルな技法まで、
ほぼすべての舞踏技術に触れることができます。

例:下意識モードのからだになる
いのちの声を聴く
からだの闇に耳を澄ます
生命の呼吸
からだの各部の踊り場を開く 
(手、足、背骨、呼吸、声、顔、目など)
深層筋の使い方
秘膜で共振する
十二の調体技法
透明になる
原生体
異貌体
衰弱体
いのちの傷を創造に転化する
非二元
寸法の歩行
虫の歩行
合わせ離れ共振技法
静かな家
背後世界を開く
胎界遡行
元型を踊る
人間関係チャンネルを開く
気化する
密度を運ぶ
Xによる還元とその再生
病める舞姫
微細傾聴技法
祖型に通暁する
群れのからだになる
いのちの深淵の探体技法
花と秘密と謎
世界=自己チャンネルを踊る
離見
脱自
間とタメ
舞踏十体
自在跳梁
序破急成就
ドリーミング・シェア
リゾーミング・シェア
ツリー・リゾーム技法
共振リゾーム
世界共創技法


場所:

サブボディ共振塾、ダラムサラ、インド
標高2000メートル、夏期でも20度前後と過ごしやすい避暑地です。



受講料:

3ヶ月 (12週間)    600 USD , 6万5千円

          1ヶ月 (4 週間)    225 USD,  2万5千円

          1週間(5日)     60 USD,   6,500円

          1日体験       13 USD,  1,500円

 

dharamsala-map.jpg微細


申し込み・お問い合わせ: subbody@mail.com

 

 

 
 4月の3ソロ| マリア、サンテリ、スデップ
 
屑箱女王  ヨシ
 
何か| アレックス
 
研究| リサ
 
金曜の午後熱 ヨシとコーボディ
 
アジブグレイ アカシ
 
アジブ グレイ | アカシ
 
反射の アレックスとサンテリ
 
立ち上がることは何を意味するのですか? ジオとコドー
ダメド・ソウルの欲望| リタとコボディ
 
死んだ母 ザリナ 
 
梗塞過程 オゼーク
 
中毒| Akash
 
 恥ずかしがり屋| Gaganと共同体
 
デスペジャダ| リサとリーア
 
アンノイア| ソンジャとサンテリ

 

 衣服交換 レイレとコーボディ
 2018年4月15日

 衣服交換 レイレとコーボディ

ダンサーたちは、お互いの衣服を交換して、他人のコスチュームで踊った。
人格や性も交換した人のものになりこんで踊った。
非二元の国ではこういうことも普通に起こる。
自他の境界が消え、入れ替わりが起こる。
これは、厄介な自我や自己への囚われから解放される良い訓練になる。
いつも誰かが面白い実験を思いつく。
楽しくなってきた。


「共振塾ジャーナル」をもっと読む


 
<世界クオリアシェア>
 2018年4月13日

<世界クオリアシェア>

一人ひとりが今までに出会った中で、最も奇妙な世界クオリア、あるいは世界変容クオリアを思い出し、共創する。
構内でそれを共創する最適な場所を選び、そこへくじで当たった人を目隠しで招待し、その世界クオリアの中で踊ってもらう。
こうして、全員が他の人の世界クオリアを共有し、そこで踊る一日となった。

これは、世界と自己の固定された関係、いつも自己の側から世界と関わる思い込みを脱ぎ去り、世界の側から踊る訓練になる。
15年の共振塾の歴史の中で、ここまで実現できたのははじめてである。
ようやくわたしたちは、長年囚われてきた<自我や自己>の罠から抜け出るすべを見つけ始めたのだ。

土方は、『病める舞姫』第2章で書いている。
「(なにものかに)吊り上げられ、どこかへ連れ去られ、そこへ置かれる」
「軒先に引っかかった洗濯物のような怪しい位置に棲む。」

カフカも書いている。
「世界ときみとのたたかいでは、世界に支援せよ」
長い間謎だった言葉だが、ようやくその真意がつかめるようになった。
自己の立場にこだわっていてはならないのだ。
世界になり、世界の側からも踊れる、透明なからだになること。
それはいのちになる必須の道である。



「共振塾ジャーナル」をもっと読む

 
4月の3ソロ| 佐賀、ソンジャ、リタ
 
Lethe覚えている人| オゼルク
 
運命| Sudeep
 
ジェジェ アカシ
 
 A.5 No Fish |リサとコーボディ
 
 耳を澄ます アレックス、ラスティ、サガ、サンテリ
 
義務から遠く オゼーク
 
BACK  ■  NEXT→