January-February 2017
BACK  ■  NEXT→
サブボディ共振塾ジャーナル

第3次インド共振舞踏ツアー

Dharamsala - Kolkata - Tumkur - Bengaluru -
- Goa - Auroville - Sri Lanka - Chennai - Dharamsala


India

INDIAN SUBBODY BUTOH TOUR 2017 from jordi on Vimeo.

 
 第3次インド共振舞踏ツアー2017
India Goa
 
 Dancing in the Jungle of Goa
Sri Lanka Colombo

Pilar


ムーンミラー

~ Exquisite Water dance performance by Pilar Echavarria

Meet Pilar on the dance floor TONIGHT 3rd March@Prana Lounge Colombo
�To Expand your dance and dive deeper into the wisdom of your body �6pm~9pm �
PLEASE WEAR COMFORTABLE CLOTHES THAT YOU CAN MOVE FREELY IN.
https://www.facebook.com/events/284775765274117/ —
with Pil ARa Echavarria at Prana Lounge Colombo.


India Goa
 
 
 Isa



下意識儀式ダンス

2 days Workshop & 1 day Ritual
inspired in Butoh Dance

A journey into the inner body secrets
to awake the hidden source from the body
and allowing the authentic expression of
existernce to Dance and Celebrate with
Live Music
Final ritual at Banyan Tree

Contact:
Aia Scarton - whatsaap +55 73 98122821
Isa Barreto +91 8554802675

Live music: Zorba Prem

Templo of Dance (Arambol - Goa)

Sri Lanka Colombo
 

Pilar


共振ダンス in コロンボ


Friday at 18:00-21:00
Prana Lounge Colombo · Colombo, Sri Lanka

About
Discussion Details
An invitation to expand your dance and dive deeper into the wisdom of your body, to create and express your wild and true dance with Pilar Echavarria.

The essence of this workshop lies in listening to the authenticity of our body, in movement or in stillness, and allowing the inner dance to unfold. We would do this through practices, frames and scores of exploration from different methods of Subbody Butoh, Contact Improvisation, Somatic Movement Arts.

Open for everybody that loves to Dance and have the curiosity to explore deeper into your body!

ABOUT Pilar Echavarria

Pilar ECHAVARRIAhas been co*creating movement classes, workshops, and festivals to guide and explore Contact Improvisation, Butoh and movement in the water since 2010 worldwide. She is Organizer and creator of "Liquid Dance Laboratory" in Ibiza-Spain and "Liquid Flow Festival" in Mexico.

Pilar has has been dancing and researching the body since 2006 through different arts and techniques of improvisation, movement and healing: Contact Improvisation, Butoh, Authentic Movement, Continuum Movement, Tao Shiatsu, Body Mind Centering, Axis syllabus, Somatic Arts, WaterDance, Watsu, HealingDance, Jansu and Aguahara; while learning and teaching, performing and creating, living and traveling around the world.

Her inspiration and study in Contact Impro is attributed to teachers Daniel Lepkoff, Nancy Stark Smith, Martin Keogh, Ray Chung, Eckart Mueller y Daniela Schwartz, Joerg Hassemann, Frey
Faust, Karl Frost and the CI Commuity in Argentina. In Butoh by Minako Seki, Atsushi Takenushi, Katsura Kan, Diego Pinon and the ‘Himalaya Butoh School’ in India where she studied for two years. And in the Water Movement by Shantam and her own self research.

Cost : TBA
Student Discount 50%, please present your student ID upon registration
India Auroville
 
Honza


タントラ・フェスティバル

"What people believe is truly unbelievable. It's a dogma-eat-dogma world out there."
-- Swami Beyondananda


Research:
"Mount Meru of Hindu traditions has clearly mythical aspects, being described as 84,000 Yojan high (about 1,082,000 km (672,000 mi), which would be 85 times the Earth's diameter), and notes that the Sun along with all the planets in the Solar System revolve around Mt. Meru as one unit."
Which makes it the black hole in the center of the milky way.
The sri yantra is a 2d mapping of this object.

Researching...
"Tantra has been labelled as "yoga of ecstasy" driven by senseless ritualistic libertinism.
This is far from the diverse and complex understanding of what Tantra means to those Buddhists, Hindu and Jains who practice it.
To its practitioners, Tantra is defined as a combination of texts, techniques, rituals, monastic practices, meditation, yoga, ideologies that are freely selected based on personal preference, or master-disciple developed, or guru-revealed."
"Tantrism usually refers to a "systematic quest for salvation or spiritual excellence" by realizing and fostering the divine within one's own body, one that is simultaneous union of the masculine-feminine and spirit-matter, and has the ultimate goal of realizing the "primal blissful state of non-duality".

Enjoy, Copy, Remix & SHARE...
India Goa
 
 Dancing on the beach at Arambol in Goa
Bharath


渚で踊る

Bharath, Johann, Keshav, Sasha, Pilar, Lee and Cobody

ゴアのビーチでの踊りをもって、今年のインドツアーは終わった。
予想以上の発見に満ちた旅だった。
その成果は今年の塾生とともに少しずつシェアしていきたい。
来年は、ラジャスタンの砂漠から始まって、カルカッタ、バンガローなどの都市、タムクールのジャングル、そしてゴアの海で終える多彩なコースを予定している。
インドの深い闇に学びながら、
生命共振の息吹が少しずつ伝わっていく。
長い楽しみだ。

India Tumkur
 
南インドのジャングルで踊る 


南インドのジャングルで踊る

バンガロー舞踏祭第一部の舞台となったタムクールのアンツ農園は、
南インドの深いジャングルの中にある。
夜には豹や熊が出没し、異様な咆哮がこだまする。
1週間のドリーミング・シェアのワークショップの中日、
参加者は付近のジャングルに思い思いの場所を見つけて踊った。
最初のバニヤンツリーで踊ったアフガニスタンの青年は、
心身に刻み込まれた戦争の傷跡を踊り、見るものを戦慄させた。

短期のワークショップであれ、お互いのもっとも深いところで共振することができるのが<ドリーミング・シェア>の特徴だ。
いよいよ本当の生命共振の舞踏に切り込んでいく道が切り開かれた。


India Bangalore
Bengarulu Butoh Festival part 2 Bangalore
 
 Trailer of Butoh Fusion in Bengaluru
 
 "Chaos"
Butoh Fusion in Bengaluru


舞踏融合の実験

バンガロー舞踏祭第二部では、
明晰夢シェアと、舞踏フージョンのワークショップと公演を試みた。
舞踏祭を主催するバラードがハウスダンサーで、
舞踏との融合をこの一年間試みてきたというので、それを支援した。
ハウスとは、米国黒人がアフリカの音楽をつかって、
ヒップホップよりさらに細かい16ビートで踊るストリートダンスだ。
それと舞踏との深い次元での融合を図るために、ワークショップでは
舞踏の微細管理技法で、顔や手、からだなどの踊り場をそれぞれ百ほどに細分化し、
音楽の一部に乗ったり、降りたりする合わせ離れの共振技法と織り交ぜて、からだ内部のクオリア流と流れてくる音楽に自在に共振する技法を実験した。

さらに公演では、参加者各自が、習い覚えたバラナチアムなどのインドの伝統舞踊やベリーダンス、前記のハウスダンスなどから、舞踏に変容する踊りを創造した。
その作業は、太古の踊りが各国の民族舞踊に分化する以前のアニミズムや、その基礎となっている純粋な生命共振から出てくる踊りとはなにかを探求する興味深い実験となった。

習い覚えた現代に流通している踊りから、さらに深い生命共振から出てくる踊りとのつながりを探求するという課題には、すべての参加者が意欲的に取り組んだ。
この実験はいつか未来の生命の舞踏の創生に関わるだろう。

 

 

 
 The-New-Indian-Express-Bengaluru
 
 Bangalore Times
India Tumkur
Bengarulu Butoh Festival part 1 Tumlur
 
 Performance at AntzFarm
 
 Resonance with Banyan Tree
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 タムクール・アンツ農園でのワークショップ
 
バンガロー舞踏祭
タムクール
 
22 - 28 Jan


バンガロー舞踏祭の第一部、タムクールの深いジャングル内にあるアンツ農園でのワークショップは
これまでにない深い実験と発見が相次ぐ画期的なものとなった。
南インドのジャングルの深い静けさと野生が、生命のピュアな共振を呼び起こしてくれた。
特に練習場の土がいい。土や石や草を焼いた灰、岩や大樹の気根などにじかに触れると
足裏や皮膚の細胞が知らぬ間に忘れていた原生的なクオリアを思い出させてくれるのだ。
夜には椰子やバナナやバニヤンなどの樹々のそよぎに混じって
見知らぬ多様な獣の声が遠くでくでこだましている。
実際に農園の一匹の犬は顔の一部を3年前に豹に食われ
その傷の痛みを今も引きずっていた。
そういう見えない世界への畏怖こそが、からだの闇深くうずくまっている祖型的なクオリアの源泉なのだ。
このツアーで実験を続けている<混沌シェア>はカルカッタを経て、
タムクールの野性的な環境の中で、
これまでの沈黙の中で動きを創造するサブボディ技法と統合され、
各自が調体・探体を通じて見つけた異世界を言葉で説明しながら
からだの動きを通じて共創する<ジャーニーシェア>に進化した。
それについて詳しくは別稿項に譲るが、
地元のインド人の集合的無意識域から立ち上ってくる
さまざまな想像世界を、各国のツアーメンバーとともに
からだで共創するというかつてない深い体験をシェアすることができた。
これがインド共振ツアーで求めていたものだ。

ついに「病める舞姫」の原風景に出会った

3年前、土方の「病める舞姫」に取り組みながら、
その舞台となった戦前の東北の深い闇など知らない現代の若者に
その原風景に触れさせたいと思ってはじめたのが
インドツアーの原初の動機だった。
日本や西洋の高度情報化社会からは消え去った原風景が、
インドの奥地にはきっと残っているはずだと探し回った。
そしてついに理想的な場所に遭遇したのだ。
地元の若者の創造を支援しているアンツ農園のデニッシュも
この実験を大歓迎で喜んでくれ、
来年はもっと長期間のワークショップを行う約束をした。
北インドのダラムサラと、南インドのアンツ農園、
インドでのサブボディの拠点が一つ増えた。
再来年には第3回の世界サブボディギャザリングもここで行う計画が進んでいる。
インドツアーではじめて理想郷に出会った感じだ。
まずはアンツ農園の自然とワークショップ風景から紹介しよう。



India Goa
 
Pilar 


Butoh meets Liquid Dance in Goa

Come to explore the play between water and land, gravity and non·gravity, transformations of the density of our own inner fluids, opening our hidden bodies, secrets, flowers and mysteries… For the first time, bringing the Subbody Butoh Method from the Himalayas into the Waters!

India Kolkatao
 
 昏い光 アンナ、ゴルカ、ハイメ、ナイリート、パメラ

ユーラシア共振舞踏ツアー 2017

 

 今年の夏ツアーの日程が決まりました。

1. Netherlands (Rotterdam): Jun 19-July 3
2. 2nd Subbody Gathering (Barcelona):July 6- 15
3. Poland (Michalowice): July 18- Aug 7
4. Switzerland (Geneva) : August 10 - 16
5. Russia (Uragivostock) : August 20-25

お楽しみください。
India Goao
 
Aia 


Aia Perfprmed in Goa

Hi Lee! 

I'm in Goa now, and connected with the Subbody. Since I arrived here I could perform 3 times with musicians and also I'm giving workshops for women on Sundays   " The dance of the wild feminine". I can feel that my mission is to work with woman, holding space for the dark feminine. Exactly what  personally I find in school.

Last Sunday was successful workshop with tears and deep qualias and I could feel how Subbody method is been integrated in my creations and the way of listening and working with that. It's really excited! 
For that I just want to give my big thank you for you. Since I started with this research I feel completely inspired. The birth of Subbody mode is a mark in my body. And each day I can listen more to that state of Life resonating through.

I feel that I want more, to go more deep, to learn more, to research more. For that, dharamsala is very possible next semester again.

Thank you for all non teachings- teachings! 
Enjoy the tour
We meet in Goa, I will be here with Pilar waiting for you all.

Big hug!!!
Aia



 
Kolkata
 2nd Kolkata Butoh Festival
 
クリエイティブ・アーツスタジオでの混沌シェア
Ramajit


Derector of The Creative Arts

第二回カルカッタ舞踏祭の皮切りとなったクリエイティブ・アーツ劇団での
混沌シェア
ワークショップは、予想をはるかに上回る大きな成果を挙げた。
全員で下意識モードになって想像力を全開し、各自の想像世界を
グループで共創する今回のインドツアーの実験の先行きを明るく照らし出した。
ビデオカメラの不調でうまく撮れなかったのが残念だが、
その一端は下記の参加者たちの興奮に満ちた声からご想像いただけると思う。
カルカッタの参加者は劇団関係者など、知識人層に限られるが、
この後南インドでの土着の人々との同じ実験がどのような展開を見せるか、
今から楽しみこの上ない。

Butoh is a dance form to listen to the silence of the body...

" I discovered that, when my consciousness becomes quiet enough and calms down to the same level as my subconscious, I can feel the whole flow of qualia in my body very delicately and precisely." Rhizome Lee

Two days with Master Rhizome Lee have been like being in a continuous state of meditation...connecting to your innermost core of the body... to find the organic impulse of your body...

 

Vineeta Bothra Abhani It has been a truly truly blissful experience

Sundeep Kedia Very strong amazing body language

Priyal Loyalka Brilliant workshop..thank u ma'am for this opportunity!!!!!!!

Saroj Tivary Yes it was a unique experience ..lucky to be the part of this..thanks ma'am for arranging this.

Seema Grover A new kind of experience that takes you to a different level..thank you ma'am for being in our lives!!

Priyal Loyalka Thank u so much ma'am for introducing us to this unique, different, wonderful way of letting go. had never heard of butoh before. three days of so many emotions...felt relaxed, stressed, angry, emotional, happy,s ad, felt like crying ,laughing sometimes. But today just felt freeeeeeee and so so light .thank u sooooo much!!!!!

 Anita Khandelwal An amazing three day session of letting ourselves flow freely in our emotions individually and collectively. The warmth, energy and emotions took us to a different world within ourselves. For the first two days the body felt pain, stress and tiredness but today we felt so peaceful, calm and relaxed and floated together in the most wonderful way.
Thank you ma'am for this amazing and unique experience.



―主催のラマンジットさんのFBより

 

 

India Kolkata
 

Butoh: Avant-garde theatre finds a space in Kolkata
Japanese flavour in City of Joy

By Mehk Chakraborty Posted On : January 6, 2017 in Art & Culture , News - India & You , Kolkata


Butoh is being manifested in different forms across the globe, including in Kolkata, India. Image via Flickr,Duc
Butoh is being manifested in different forms across the globe, including in Kolkata, India. Image via Flickr,Duc
The Japanese dance-theatre form, Butoh is slowly finding a place in the cultural space of Kolkata, with upcoming festivals such as the 2nd Kolkata International Butoh Festival serving as platforms for the promotion of the art.
Butoh can be best understood as a performative dance or movement in the space of theatre with performers traditionally appearing on stage with white make-up across the body and movements that are controlled very precisely. Not a theatre form that is aesthetically and philosophically appreciated by all, or easily defined, this avant-garde form has a disputable point of origin. However, most agree that it surged following World War II, in Japan, with key ‘founders’ such as Hijikata Tatsumi, was the turning and starting point for the modern to postmodern foundation of the art.
Kolkata, the capital of eastern Indian state of West Bengal, has found this expressive form of performance art interesting, creating an existence in the city, although the circle is small. “Butoh is finding a space in the city which was otherwise becoming stagnant in its theatrical forms. Although there have not been too many practitioners in the past, with the commencement of the annual Kolkata International Butoh Festival last year, I think Butoh will be more accessible and therefore understood,” states Sudipta Dawn, Director of Culture Monks, which collaborated with others to create this festival. Organisations such as Culture Monks have brought forth theatre nights with Butoh performers in the past, in spaces such as the French cultural centre Alliance Francaise du Bengale.

In the upcoming
2nd Kolkata International Butoh Festival, Butoh, both as a radical movement and dance form is being given a space. Some of the events slated for the festival, which is being organised by Culture Monks, Alliance Francaise du Bengale, Creative Arts Studio and others, are street performances, collaborative performances as well as joint productions. “Because of its expressive nature, which is also highly therapeutic, Butoh is becoming a voice for housewives and students alike, who are some of the people who come and attend these workshops,” stated Dawn, adding, “The collaborative performances are aimed at being a space for those looking to express and we are open to people joining. Those interested can get in touch with me or the organisation as the performances will take place over a while.”
One of the most awaited events within the festival is the workshops by Rhizome Lee, on January 10-12 at Creative Arts Studio as well as January 14-15 at Sparsh Studio, which is a more extensive one. Lee, a Butoh Master, who was born and trained in Japan, is also the founder and director of the Subbody Butoh School, which is based in Dharamsala, in the northern Indian state of Himachal Pradesh. “Butoh is a space for the self, to address points of conflict and these kind of festivals also become a space of convergence and exploration of projects for artists getting together,” stated Dawn. Sanghamitra Deb, an upcoming actor and dancer who was hoping to attend the festival, stated that although she hadn’t practised Butoh intensively, “It does help in performance because it opens the mind, and helps in observation and empathy, necessary traits for a performer. The body also becomes ready in the process.”
Butoh in evolution
The sense of aesthetic in Butoh, radical in nature, finds appreciation in limited sensibilities, but it is also evolving with time. “Butoh is a becoming a choice for those who find its uniqueness attractive, those who have an interest in exploring different forms as well as for the physical rather than textual performer,” shared Dawn. Deb is not worried about its current underground standing however, adding her concerns on the growth of Butoh, she said, “I just hope it doesn’t lose itself in the process of making itself more accessible to urban masses.”
Even with a changing socio-political scape since the time this theatre-dance form found a strong base, Butoh remains relevant and is explored by young artistes in Kolkata as a mode of expression. Describing what Butoh meant to her, Deb stated, “It is a form of movement which came out of devastation, death and destruction. So, it looks like every thing is falling apart, like chaos. But like any kind of chaos, there is intense order, and strength within Butoh, which basically comes from one’s own personal discipline, of harmony between body and mind.” For those looking to explore this dance-theatre of the inner self, the 2nd Kolkata International Butoh Festival is a great space to look forward to.
For more details on the festival visit Culture Monks or contact Sudipta Dawn at +91-8697919308 

India Kerala

 インドツアーは、塾生たちの手によってリゾーミングそのものに、発展している。
驚いたことに、後期の授業中、重いエッジにぶつかってしばらく踊れなくなっていた
ラウラが、なんとインド南端のケララで踊りだして、新聞記事にまでなっている。
そうだ。リゾームはたった一人でも道を切り開き、
いつでも連結して群れにもなることができ、分離も自在だ。
おめでとう! きみの踊る星が再び回りはじめたことに!

 
Laura Dyduch performing the Butoh dance at Varkala. 
 

KERALA
A dance form from Japan, to welcome New Year

Called Butoh, the dance focuses on primal expressions than the performer

On New Year’s Eve, some of the tourists who arrived at Varkala from near and far to welcome 2017 got the opportunity to see a kind of dance they had never seen before.

The dance was called Butoh, and it was performed by 31-year-old Laura Dyduch from Germany. Butoh may not be one that fits the New Year break revelry menu, but it indeed is a contemporary dance form that originated in Japan. Ms. Dyduch told The Hindu that Butoh was seen as a strange dance with the performers looking neither male nor female. “The dance largely focuses on primal expressions rather than the physical beauty of the performer.”

Ms. Dyduch, who learned the dance under the tutelage of Butoh maestro Rhizome Lee at Subbody Butoh Himalaya in Dharmasala, Himachal Pradesh, is in Kerala now on a two-month tour to promote the dance form. She will be performing at the Kochi-Muziris Biennale. A sociologist serving children with special needs, she got trained in Butoh because of a passion for it. She said that Butoh was a dance form that took roots in the post-War Japan. “This art form conspicuously rejects traditional styles of both eastern and western dances. Butoh expresses intense emotions through slow, controlled, and even distorted movements,” she said. It is traditionally performed in white body

India Bengaluru
 
India
 

第1次インドツアー、ラジャスタンの砂漠の民、ラバリ族と出会う。
(あいさつの仕方も知らないまま、出会っただけに終わった。
ま、最初はこんなものさ、と唇を噛んだ。
でもかれらのからだの闇と交感する方法はないものか。
それから2年間からだを掘り続けた。)


 2016年12月28日

いのちのクオリアシェア

わたしたち人類が共有するクオリアは、すべて40億年間の生命歴史を通じて、生命が細胞内に保存してきた生命遺産というべきものだ。
そこには、地球上のあらゆるものとうまく共振するための、生命の叡智が詰まっている。
温冷、明暗、軽重、音声、匂い、触感、などの感覚クオリア、運動クオリアをはじめ、生物として生き延びるための恐れやふるえなどの祖型的なクオリア、アフリカ大陸から全世界に拡散した出アフリカの苦難な旅の最中に出会った気候変動や、災害、トラブルに際して出会ったあらゆる苦難は、天国・地獄、神・悪霊などの元型として人類の集合的無意識深く刻み込まれた。、

わたしたちは、それらのからだの闇に潜在するクオリアを、
全員で下意識モードになって、想像力を全開し、
その世界を共有・共創する技法を確立した。
インタークオリア技法と呼ぶ。

今年のインドツアーでは、行く先々で出会うインド人と、
国際的な参加者が一緒になって、
互いのからだの闇から出てくるクオリアを交換し、共有し、
多彩な踊りを共創する。
第1次、第2次ツアーでは、まだ表面的な共振にとどまっていた。
わたしはそれが悔しくてならなかったのだ。
コロンブスのように収奪するのではなく、
レヴィ・ストロースのように観察するだけでもなく、
踊り手には踊り手なりの共振の仕方があるはずだ。
言葉は通じなくても、からだの闇の集合的無意識の部分では
わたしたちは生命遺産としての同じ元型や祖型的なクオリアを共有しているはずだ。
その部分で共振しようと、それから2年無我夢中で探り続けた。
ようやく今までよりも深いいのちのクオリアをシェアして
踊りを共創する方法を実験するところまでこぎつけた。
これには現地語もサブボディ技法も理解する優れた通訳が必要となる。
こんな試みは人類史でもはじめてのことだろう。
どんな経験になるか、今から楽しみだ。



インドツアーをもっと読む

 
 Highlights of 2nd India Resonant Butoh Tour
India Kolkata
 2016年12月25日

第二回カルカッタ舞踏祭

去年に続いて、アシュナガールプロジェクトのスディプタと、
塾生のナイリートが準備を進めてくれている。ありがとう。

1月7日 体験ワークショップ 
10:00-4:30
8 - 13日 ワークショップ     10:00-4;30
14 日 協同公演

参加者の誰でも新しいアイデアや催しを付け加えることができる。
インドツアーは参加者の創造性をリゾームとして最大限に発揮する実験でもある。既成の舞踏はこうであらねばならないなどという規範はすべて破壊し
無際限に拡張する。
来るべき生命の舞踏を開くために!



インドツアーをもっと読む

India Goa
 
 
 
 
  Pilar


インドツアーの各地の活動明細がじょじょに明らかになってきた。
ゴアでは、ピラーがここ十年の舞踏と流体ダンスの経験を統合する
渾身のワークショップを開く。


BUTOH meets LIQUID DANCE
A Journey through experiment…
February 2017 in Goa

もっと読む




In BUTOH, we use our imagination, memory and visions, to take our body into a journey of infinite dimensions, to Become that…
Surrendering to bigger forces of nature and the universe, we are being moved, we are being danced and transformed.

When we immerse our body in the water, all our skin is being touched by that powerful magic fluid that have all the memories of all life and death. When we physically allow ourselves to be moved by it, a cognitive poetry of our liquid body can unfold, awakening ancient wisdoms, timeless memories, infinite imaginaries… our LIQUID DANCE.

Breathing, breathlessness… that subtle constant wave moving us, that natural and dramatic essence that shine or disappear when we are in the water; bringing up fears, pleasure, wildness and vulnerability.


Bringing the Subbody Butoh Method into the Waters and merging it with others practices and methods from Aquatic Bodywork, Somatic Arts and Contact Improvisation; we will explore to surrender to the flow and forces of the water, while being an active initiator of the dance that our life wants to embody.
Researching the play between gravity and non·gravity, transformations of the density of our own inner fluids, opening our hidden bodies, secrets, flowers and mysteries…

How does our dance and body can expand, when bringing these Arts of Movement together in Water and Land?
Which creations may unfold from these explorations?
Underwater performances, mermaid healings, rituals in wonderland, nothingness, deathlessness…?




::: WORKSHOPS :::

DANCING RESONANCE - Inward journey

3 Day Intensive Workshop. February 9-11, 2017


An invitation to expand your dance and dive deeper into the wisdom of your body,
to create and express your wild and true dance!

There is movement unfolding in unknown and unexpected directions,
and an intention of exploring and inhabiting a fluid state of presence.
Be an inhabitant of your own inner landscapes,
and dance from your cells, your organs, your heart, your skin, your bones, your tongue…


With the support of practices, frames and scores of exploration from different methods: Aquatic Bodywork (WaterDance, Fluid Presence and Aguahara), Subbody Butoh, Somatic Movement Arts, Continuum Movement, Breath and Sound practices and Contact Improvisation; we will explore how water can nurture, open and transform our authentic dance, while researching our intimate relation with breath and water, and the transitions between water and earth.

* Open to everybody, no previous experience is needed.




SUBBODY BUTOH METHOD IN THE WATER
- A journey towards creation


3 Day Workshop and Lab - February 13-15, 2017


The Flower, the Mystery, the Secret


Through the Subbody Butoh Methods, you can travel in your whole self world and create your own Subbody Butoh dance, which is entirely unique to you… Feeling the subtle sways in your body and mind, listening to the sub-signals from your subconscious, meditating, breathing, surrendering to be moved and resonating with various other worlds behind this world.

In this Workshop we will open the potential of creativity and authenticity that are folded in the darkness of the waters of the body, focusing on “The Flower, the Mystery, the Secret”, to enhance the beauty of the dance that emerges from our Water being.
The Flower: the deep life resonance between a moment of the dance and the life of the witness or of the world. The flower of timing, the flower of change, the flower of density. The flower is nurture by the blood of the dance.
The Mystery: Which is the mystery hidden in your body that moves you? What makes you dance? Why do you dance? What moves you? How can you go deeper into your own Butoh world?
The Secret: While encountering the deep mystery, flowers start blossoming and our body is being moved by bigger forces. When physical movement and the stream of life crystallize as oneness, it becomes a dance… the secret of the dance. How to hunt the secret?


“The beauty of life seems to be muddled by the chaos of the Flower, the Mystery and the Secret; which are from an unknown world”.





 
 
 
  インド共振ツアーの深層精神身体地図
 2016年12月5日

インド共振ツアーの深層精神身体地図



日常のわたしたちの考え方は、今日の
二元的で階層的なツリーシステムに縛られています。上下、内外、正誤、良否、自他、などなどの分別判断に。
それらは、生命共振の大地から切り離された現代の共同幻想です。
生命には、どんな二元論的区別も階層もありません。それらはすべて人間が投影した幻想にほかなりません。

わたしたちは日常思考を止め、現代の情報の束縛から解放される必要があります。
私たちは上図の青と黒いものを脱ぎ捨て、純粋ないのちになります。
インドツアーの参加者は毎回、思考や判断が立ち上がってくる度すぐにそれを止める必要があります。さもなければ、ツアーで出会う純粋な生命共振を妨げてしまうことになるからです。

わたしたちは、こころとからだの深部への旅を敢行します。
インドやユーラシアでは、いくつかの宗教的な山があります。仏教、道教、ヒンドゥー教、あるいはまだ山にはならな地域のシャーマニズムやヨガなどの丘があります。
それらは人類最古の心身共振パターンであるアミニズムに基づいています。
古代・中世の僧侶たちは、非二元の生命共振という地盤に基づいていた原始宗教から、さまざまな理論的な山を構築しました。それらの山々は二元論的かつ階層的な幻想に縛られています。
私たちが旅するのはそれらの山脈の地下、ユーラシアの人々のこころの深層に眠る元型や祖型的な生命共振クオリアの世界です。
最深部の、純粋な生命共振世界を共有します。
それは
非二元かつ多次元共振するリゾーム的なクオリアの世界です。そこには善悪・良否・内外・上下・自他などの二元的な境界線は一切ありません。

わたしたちはツアー中一緒に呼吸や瞑想をしたり、声や動きを通じて下意識モードに入り、からだの闇の中のすべての現象をひとつのいのちとして共有します。
それはどこにもないとてつもない深層への旅、
生涯忘れることのできない体験になるでしょう。
お楽しみください!


部分参加も受け付けています。
参加費:一地域(1~2週間、1万円、1ヶ月2万円、2ヶ月フル3万円。
交通費・宿泊費は自分持ちです)

申込み・問い合わせは:subbody@gmail.com


第3次インド共振ツアーをもっと見る



 
2nd India Resonant Butoh tour/
at AntZ farm, Tumkur, India 2016
 
 2016年12月3日

第3次インド共振ツアーの新しい実験



1回目と2回目のツアーでは、インドのさまざまな風景や地元の人々と共振しながら、それぞれのサブボディ=コーボディを踊った。
今から思えばそれはまだ表面的な共振に過ぎなかった。
わたしたちはもっと深い生命共振を目指している。
3回目のツアーでは、今年確立された新しい方法である「
カオスシェア」を試みる。
地元各地のインド人を含むすべての参加者が下意識モードに入り、
自由に想像力の旅をし、それらのすべての想像世界をコーボディ共振によって共有するというものだ。

手順は次のとおりです。
1.自分の母国語で黙ったまま「リラックスする。リラックスする。一、二、三」と唱え、下意識モードに入ります。
2.特に今、気になっているからだの部分を選んで、その部分に耳を澄まします。
その部分から連想が起こり、どこか別の想像上の世界に導かれます。
想像力を全開して、そこから始まるからだの闇の世界の旅を楽しみます。
3.15分から20分の旅の後、各自の旅を自分のものとして分かち合い、からだの動きで共創します。
シェアする方法はいろいろあります。
下記のうち好きな方法で行います。
最初、言葉で旅の内容を説明したのち、からだの共振でその世界を共創するのもいいでしょう。
または、なかなか言葉にし難ければ黙ったまま、からだの動きで旅の内容を踊り、自由に共振してもらってもいいでしょう。
あるいは、紙に絵を描いてそれを見せ、その絵に対して自由に共振して貰う方法もあります。
あるいは、同時にことばと動きの両方を使うことができます。
ときには声や歌で導くこともできます。
4.とにかく、すきな方法で各参加者の旅の世界を示し、それを他の全員が自分の経験として共有し、その世界をサブボディ=コ―ボディの動きで共創します。

これを実際に行うと、それぞれの世界がてんでバラバラの多様なもので、とんでもない奇妙な展開や転換に満ち、文字通りの自在跳梁する序破急を味わうことができます。
日常の意識を保ったままではとてもついていけるものではありませんが、全員が下意識モードになることができれば、
日常世界の自他区別や、因果の論理などは消失します。
そんなものは日常的人間だけが囚われている幻想にすぎないのです。

自他区別だけではなく、文化、宗教、民族、男女、年齢などの境界を超えて、いのちとしてその突拍子もない転換に次ぐ転換を楽しみます。
そこはときに多様な元型や、いのちの祖型的な恐れや震え、
衝撃に満ちていることでしょう。
とりわけ、地元のインド人のからだの闇深く息づいている
野性的な闇を共有することは、いのちにとって
とてつもなく魅力的ですばらしい体験になります。

この混沌シェアは、インドツアーもようやく3回目になって発見された、
あらゆる境界を超えて生命共振を楽しみ、
いのちと下意識の無限の創造性を開く方法です。
多分、人類史上世界でもはじめての試みです。
思う存分楽しんでください。
おそらくこのツアーは、誰にとっても生涯忘れることのできない
体験になるでしょう。



第3次インド共振ツアーをもっと見る



 
 中心へ! ローレンスとコーボディ
 2016年12月1日

わたしたちは何か名付けようのないものに変成しつつある

第13回舞踏祭も半分が過ぎた。
今日は中日の休みだ。
この舞踏祭では、これまでにないものを感じた。
これまでの舞踏祭では、塾生の創る踊りの展開がまざまざと読めるものが多かった。頭で作っているものはすぐ読める。
だが、今年ははじめから先が読めないまま、予期しない展開が次から次へと起こり、驚きとともに楽しむことができるようになった。
この十二年間ではじめてのことだ。
これは今期、はじめから自他の境界を超えて、
お互いのからだの闇の奇妙な展開をシェアすることを続けてきたことに
よっているだろう。
塾生たちがようやく、からだの闇の不思議な展開に従うほうが、
頭で考えるよりはるかに面白い踊りになることを体得しはじめた。
ここまで来るのにゆうに12年かかったことになる。
干支が一新する時間とはこういう時間が熟す必要な時間なのだと知った。
やれやれ、
面白くなるのはようやくこれからだ。

舞踏祭後、来年1月から始まる第3次インドツアーでも
わたしたちはこの実験を地元のインド人たちと共有するつもりだ。
インド人のからだの闇に潜む、
元型や祖型的なクオリアの不可思議な展開を一緒に踊る。
それがどんなに奇妙でわけのわからないものであろうと、
喜んで共有することができる。
その共振変成技法が3回目にしてようやく発見された。


これはとてつもなく面白いことになりそうだ。
やばい!
からだの底からワクワクし始めてきた。



13回舞踏祭をもっと見る



 
 
 
2016年11月12日

第3回インド共振舞踏ツアー!

今冬のインドツアーのコースが定まりました。
奮ってご参加ください。

<目的>
生命共振の息吹を全インドに広げる。
さまざまな分野のアーティストや、人々が交流し、助け合い、
協同しやすい柔軟なネットワークを作る。
それをヨーロッパやアジア・アフリカ・アメリカなどの
ネットワークと結び世界中に生命共振の輪を広げていく。

<期間>
2017年1月5日から、2月末日まで

<ツアーコース>

Kolkata Jan 5- (2nd Kolkata Butoh Festival)
Tumkur Jan 22- (intensive workshop)
Bangalore Feb 5- (workshops/performances)
Goa Feb 12- (workshop)
Rajasthan Feb 19- (celebrating with local village people)
Delhi Feb 26- (Shiv Nadar University)

<参加費>
一地域1万円。全行程5万円。長期塾生は無料。
交通費・食費・滞在費は自分持ち。
ご自由に参加ください。



共振塾ジャーナルをもっと読む

 
11 November, 2016

3rd India Tour!

We are planning the 3rd India Resonant Butoh Tour as well as the previous tours.

<Purpose>
Spread the breath of Life Resonance all over the India among various kinds of artists, young people including tribal people, and build flexible network in India for exchange, collaboration, support young peole, education and so on.
Toward the worldwide network beyond all borders.

<Tour Course>

Kolkata Jan 5- (2nd Kolkata Butoh Festival)
Tumkur Jan 22- (intensive workshop)
Bangalore Feb 5- (workshops/performances)
Goa Feb 12- (workshop)
Rajasthan Feb 19- (celebrating with local village people)
Delhi Feb 26- (Shiv Nadar University)

If you have any ideas of activity (workshop, collaborative performance and so on) at your place, Please inform the link below:

Total coordinator: Honza:honzasvasek@gmail.com


Read more "School Journal"

 
 
 Camel Caravan 1st India tour
 
Banyan Rhizome in Pune 
 
 "Oneness in Kolkata"
2016年10月30日

第3回インド共振舞踏ツアー!

今年の冬も、前回、前々回に引き続き、
南インドへの共振舞踏ツアーを予定しています。
奮ってご参加ください。

<目的>
生命共振の息吹を全インドに広げる。
さまざまな分野のアーティストや、人々が交流し、助け合い、
協同しやすい柔軟なネットワークを作る。
それをヨーロッパやアジア・アフリカ・アメリカなどの
ネットワークと結び世界中に生命共振の輪を広げていく。

<期間>
2017年1月5日頃から、2月末日まで

<ツアー予定地>

Kolkata Jan 5- (2nd Kolkata Butoh Festival)
Tumkur Jan 22- (intensive workshop)
Bangalore Feb 5- (workshops/performances)
Goa Feb 12- (workshop)
Rajasthan Feb 19- (celebrating with local village people)
Delhi Feb 26- (Shiv Nadar University)

<参加費>
一地域1万円。全行程5万円。長期塾生は無料。
交通費・食費・滞在費は自分持ち。
ご自由に参加ください。



共振塾ジャーナルをもっと読む

 
巣籠もり姫 ピラー 
2016年10月29日

巣籠り姫 ピラー

ピラーはこの十年、一途に彼女の分娩前後の体験をさまざまなしかたで探求し、踊り続けている。
世界の行く先々で水があったら水に潜り、穴があったら入り込む。
その闇は胎内体験と同時に過去の人類の想像力の遺産ともいうべき元型や、
祖形的なもの巣窟でもある。
この日、ピラーはジョギバラ谷の川の流れの下に、
不思議な洞窟を見つけ、入り込んで得も知れぬものに変容してみせた。
サブボディが十年の時をかけてじっくりと成熟していくのを
目のあたりにするのは、産婆として予想もしなかったよろこびだ。
第二スタジオを作ったおかげで、
卒業生たちに産婆修行を積む場ができた。
ピラーのクラスは来週からはじまるが、
来年には多くの古い塾生が産婆修行に帰ってくる。
楽しみが増えた。


共振塾ジャーナルをもっと読む

 
 共振は自他の境界をやすやすと超える
2016年10月28日

共振は自他の境界をやすやすと超える

塾生たちは、深い瞑想状態に入って
からだの闇を旅し、そこで出会ったクオリアのすべてを
一枚の絵に描いた。
わたしたちは他の塾生の絵に、体動、視覚、聴覚、情動、
関係、世界、思考などのあらゆるチャンネルで共振して踊った。
いのちのクオリア共振が自他の境界をやすやすと超えて起こる
とても楽しい授業となった。

共振塾ジャーナルをもっと読む

 
チベットの行方不明者 アナイスとコーボディ  
 
野生の美 アヤ  
 
阿呆の顔たち ララとコーボディ  
 
壁 ヨハンナとコーボディ
 
 
 
新・共振スタジオ
2016年10月23日

共振ダンスコース、来週から開始!

新・共振スタジオで、ピラーによる
初心者コースが始まります。
ダラムサラの旅行者を対象に、1週間単位の短期コース。
軌道に乗れば、毎金曜日の共振塾の長期生との合同公演、
11月末から12月にかけてのヒマラヤ舞踏祭の
共同開催も予定している。
また、来年3月からは古参のガドゥや、
クリスチャン、ロバート、ナイリートなどの古い塾生が交代で
ここで産婆として活動する。
お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りください。


共振塾ジャーナルをもっと読む

 
サンタクロースの夢 シルビアとコーボディ
 
胎界への旅 オルガとコーボディ 
 
インドル・ナーグの5つのソロ 
 
ワングマール パメラとゴルカ
 
鏡の裏 アヤとコーボディ
 
 原子を探して スマン
 
錆びたタイムマシーン ラウラとコーボディ
 
新・共振スタジオ
 
 同じジョギバラ村の共振塾から5分のところにある。5
2016年10月13日

新スタジオ、オープン!

建築を進めてきた新スタジオがようやくオープンする。
共振塾と同じジョギバラ村の徒歩5分の道路沿いにある。
共振スタジオと名付けた。
前学期、産婆になったばかりのピラーが、
10月23日から、ビギナー向けの舞踏クラスを開講する。
また、来年3月からは古参のガドゥや、
クリスチャン、ロバートなどの古い塾生が交代で
産婆として活動することになる。
お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りください。


共振塾ジャーナルをもっと読む

 
 
バリの水中で踊るピラー
2016年10月13日

ピラー、バリの水中から帰還!


この夏、無事合計2年間の産婆コースを修了したピラーが、
新スタジオの最初の産婆として、舞踏クラスを開講する。
これで共振塾は、長期コースの塾生だけに特化できることになった。
いままでは、短期の生徒も一緒に受け入れていたため、
しばしば足踏みを余儀なくされることがあったが、
これで一気に集中できることになる。
共振塾の塾生と新規の初心者コースの生徒とは、
毎週金曜日のサブボディ劇場をともにしたり、
合同で自然の中で踊ったりなどの交流を考えている。



共振塾ジャーナルをもっと読む

 
赤い神さまと踊る
2016年10月11日

赤い神さまと踊る

いのちはいつも世界と共振している。
そして何ものかに動かされている。
土方巽はこれを「静かな家」では<赤い神様>と呼んだ。
「病める舞姫」では、「空気中に住む大きないきもの」と呼んだ。
「静かな家」や「病める舞姫」における真の主人公は彼らである。
踊りてはただ彼らに突き動かされる人という役や
死者という役を踊るために舞台上に立つ。
じょじょにそういう見えないものたちを舞台上に登場させる。
これはからだのまわりに視えないクオリアの雲をまとう
<からだのくもらしかた>という身体技法の第二の発展段階だ。
そうしてわたしたちは目には視えない有象無象たちが
百鬼夜行するいのちの舞踏を共創する。


共振塾ジャーナルをもっと読む