December 2017
サブボディ共振塾ジャーナル

サブボディ 冬期コース

 
 けむり虫の態変 リゾーム・リー
 
オルガン・アライブ/スマン・コボディ
 
スネークトカゲイグアナ/パメラ
 
 赤兒のけむり虫 リゾーム・リー
 
 けむり虫の共振リゾーム リーとコーボディ
 
語られることのない話 マルガリータとナレッシュ
 
 

野猿が遊びに来た

ヒマラヤの冬は晴れた日の日差しを受けながら
全員で代わる代わるガイドする
共振ヨガの調体が楽しい。古い塾生が家族連れでもどってきたり、
野猿が群れをなしてやってきて同じ庭で遊んだりする。
天国に近い気分だ。

メールで申し込み

 感謝!
共振塾ビデオ 
900万視聴突破!

 視聴数  9,001,730_   購読者数 9,813
 
満足/シラス
 
 目覚めた灰 マルガリータ
 
けむり虫のリゾーム リーとコーボディ
 2017年12月16日

けむり虫のリゾーム

今年の冬は、例年恒例のインドツアーを2019年に延期して、
新設の共振スタジオで冬中ヒマラヤで活動することにした。
長年、懸案の「透明論」、「舞踏論」、そのほかの著述をすすめ、来年以降、
いのちに本当に何がしたいのかに耳を澄ます冬にしたい。
サイラスが12月、パメラが来年の1,2月を産婆役としてガイドする。
わたしは気楽な一参加者として顔を出し始めたが、
普段の産婆役から開放されて、突然踊り心が目覚め脳心身が踊り手のそれに戻った。
創造性が次から次へと湧き上がる久しぶりにとびきりしあわせな解放感を味わった。
(そうか。普段俺はこんなしあわせを塾生たちに味わってもらえているのか)

ともあれ、この冬は予定していた著述の他に思いがけぬ創発が起こるかもしれない。
「けむり虫」とは、土方巽の『病める舞姫』の冒頭に出てくる蚊柱の異名だ。
同著の書物としての出版時に土方が書き加えた数行だ。
じつはここに、『病める舞姫』のエッセンスが凝縮されている。
「あれはなんぞいのちの生まれ変わりの途中の虫だろうねえ」
土地の老人が語るそのことばは、この書の背景となっているアニミズムの世界観の
本質が結晶したものだ。
それは、土方の最後のソロ『静かな家』の舞踏譜に記された、
「死者は静かにしかし永遠に変容する。」という
アニミズムが発見した<無限変容するクオリア>という人類史上最大の発見と
同様のエッセンスだ。

アニミズムー無限変容するクオリアー死者ーけむり虫

という土方が握りしめていた舞踏革命の本質をわたしも辿っていこう。
「けむり虫のリゾーム」は、その変容をソロのみならず、
<共振リゾーム>のコーボディで行おうとするものだ。
まず、初日は少ない観客たちだったが、大喝采を受けた。
この冬はこの『けむり虫のリゾーム』を、手を変え、品を変えて変奏し、
来年以降必要となる心身技法を発明工夫していこう。


「共振塾ジャーナル」をもっと読む


新・共振スタジオ オープン!
一年中、毎日サブボディワークショップ開催!

 
 
 
 
 

ヒマラヤで創造性と固有性を全開しよう!

ヒマラヤの冬は太陽でホカホカ!
任意の月曜日から任意期間参加できます。


2017年12月11日(月) - 2018年5月23日(金)
2018年6月
11日(月) - 11月23日(金)

月ー金曜日 10時ー5時
@共振スタジオ
ダラムサラ、インド


申し込み・お問い合わせ: subbody@gmail.com

 
シレックス/アレックス、シラス、コッホディ
 
 自己愛姉妹 / モヒット、ナイリート、サイラス、ソニア
 
新・共振スタジオでのはじめての自由共振
 
第14回ヒマラヤ舞踏祭のハイライトビデオ
 
第15回国際舞踏フェスティバルヒマラヤ予告編
 
非日常的素敵な日 ゴルカ 
 
二人の変人 リタとアダム
 NoBody / Margarita
 
もし、ランシメロにできるなら、私達にもできる サンテリ、エミリア、ソニア、ルース
 
 つながり ナレッシュ、モヒット、ヴィシャール

第14回国際ヒマラヤ舞踏祭 2017

 11月26日ー12月8日
毎日 ワークショップ 11:00-13:00
舞踏公演 18:00-20::00
At 共振塾ヒマラヤ
無料

 
ヒマラヤ舞踏祭 第1回-14回 ハイライト
 
 草の葉 (ウオルト・ホイットマンに捧ぐ) サンテリ
 
これが共振リゾームだ
 
自他 ハルシャドとコーボディ
からだの闇を掘る
 
狼になる アダムとコーボディ
 2017年11月12日
狼になれ!
ミツバチの群れ、モグラの穴、
リゾームになれ!

アダムからメールがきた。

ドルーズの『千のプラトー』を読み進むうち、第2章の「狼になる」に、とても興味深いコーボディのイメージ"を見つけた、と下記の文が書が書かれていた。

「私は周りの群衆の端にいますが、私はそれに属しています。私は四肢、手、足のいずれかで群れにくっ付いています。私は群れの周辺が私がいることができるる唯一の場所であることを知っています。私は自分が群れの中心に引き込まれれば私は死ぬだろうし、私が群れを離れてもやっぱり死んでしまう。どちらにもならずに群れの端っこにとどまることはとっても難しい。群れの動きは予測不可能であり、リズムに従わず、渦巻き、北へ、そして突然東へ、群衆の誰も他の人との関係で同じ場所にとどまっていない。これはとても高い緊張感を必要としますが、それは私に暴力的で眩しい恍惚を与えてくれます。」(29ページ)


私は返信した。

「何という偶然だろう!
この<ある分裂病者のとびきりの夢>の一節はちょうどきみに推めようとしていた箇所とまったく同じだ。
ここにはサブボディとコーボディの最も深い秘密と謎がある。
私は20年間「砂漠で迷子」と名付けてこの謎に取り組んできた。
きみもぜひこの謎に他の人々をガイドしてください。
だれもが興味深い豊富なヒントを得るだろう。
『千のプラトー』は、もっとも興味深い舞踏のテキストのひとつだ。わたしはそう信じている。」


先週末のサブボディ=コーボディ劇場では、
一つ前のサンテリのソロが終わるやいなや、アダムと他の踊り手たちが、突如狼の群れになって庭に踊りだし、さまざまな場所を駆け巡った。
まさに予測不可能の経路を走り、空間を拡げ続けた。
終わるなり、わたしは思わず叫んだ。
「これこそ正真正銘の<共振リゾーム>だ!
とうとう、やったね!」


世界が踊り始め、リゾームに変わっていくわたしの長年の夢がが実現しようとしている!





からだの闇をもっと読む

 
タタパニ2 /アダム、ヨハン、リタ、ハルサドのサブボディ
 
 タタパニのサブボディ1 / サンテリ、エミリア、ガガン、マルガリータ
 
霜月の3つのサブボディ モヒット、ルース、ソニア
 
暴力を探して エミリアとゴルカ 
 
死の儀式 ナレッシュ 
 
 2017年11月7日

短期コース募集中!

共振塾校舎屋上に新スタジオが完成。
毎週短期体験生を募集しています。

短期コースは年中無休。下記の産婆たちによってガイドされます。

11月 アダム、サンテリ

12月 サイラス
1月  パメラ
2月・3月 サンテリ、アダム
4月以降  アダム ジオ他




からだの闇をもっと読む

?rel=0&vq=hd1080 
誕生 サンテリとヴィシャール
 
牧神 アレックス
 
わたしは大丈夫、お気遣いありがとう アダム
 
 流れ マルガリータとコーボディ
 
 2017年11月2日

新スタジオ完成!

共振塾校舎屋上に新スタジオが完成。
毎週短期体験生を募集しています。

短期コースは年中無休。下記の産婆たちによってガイドされます。

11月 アダム、サンテリ
12月 サイラス
1月  パメラ
2月・3月 サンテリ、アダム
4月以降  アダム ジオ他




からだの闇をもっと読む

 
神無月の4つのサブボディ ガガン、レイレ、ナレッシュ、ルース 
 
  神無月 マルガリータとガガン
 
無力/ヨハン、ナレシュ、ヴィシャル
 
冬の戦争/エミリアとソンジャ 
 
 Silex / Alex, Silas and Cobody
BACK  ■  NEXT→