サブボディ共振塾ジャーナル

インド共振舞踏ツアー

 
 
 Resonating, Kali and Sick Dancing Princess

Honza, Iza, Sati



カルカッタ舞踏祭

カーリーと病める舞姫の共振舞踏公演

この公演には、多少の解説が必要だろう。
カーリーとは、インドの女神で、すべてを愛し、すべてを喰い滅ぼす、
グレートマザー元型である。
対して、病める舞姫とは土方巽にとっての最後の舞踏の女神、
衰弱体の極めつけの癇の花の舞姫である。
この二つ、インドのもっとも深い闇と日本の暗黒の極みが
出会うとき、いったいどんなとんでもないことが起こるか、
誰にも想像できない。
土方自身にとってさえ、病める舞姫はついに踊られることはなかった。
だが、サティ、ホンザ、イザは、インドの舞踏手と果敢に共振し、
やってのけた。
人類史上まだ起こったことのない、文化や国境を超えた生命共振を
実現したのだ。
写真からもどんな深い舞踏公演だったかが、しのばれる。
これは必ずや歴史に残る伝説となるだろう。
おめでとう! みんな!
わたしたちは、踊り続けるだろう。
地上のすべての境界を超えて、生命共振を踊り続けるだろう。

Lee





 
 Highlights of 2nd India Resonant Butoh Tour
India Delhi
 


共振サブボディ舞踏公演
at Shiv Nadar University, near Delhi

わたしたちはパフォーマンスを自分の基準で判断することはない。
サブボディの発現と共振は生命の創造である。
だれがいったいいのちを、良い悪い、正しい正しくないなどと
判断できるだろうか。
批評家などに、あるいは批評魂を持っていると自負する
観客などにときどき勘違いした人がいるが、
もし誰かが生命を判断するとしたら、
それはその人のとんでもない思いちがいによる高慢にほかならない。
わたしたちはただ意識をかぎりなく鎮め
魂がわたしに触れると、生命の秘密とともに舞台に躍り出る。


 

説明可能な、そして説明不可能な時間と空間 
ナディール大学での生命共振ワーク
at Shiv Nadir University, near Delhi

インドツアーでの最も美しい共振の一つ
 
説明可能な、そして説明不可能な時間と空間
India Tumkur
 
Secret of the Earth 
 Sati

大地の秘密


Video: Sati, Music: Gorka
Dancers: Devanjali, Kaska, Honza, Iza and participants
of Tumkur

産婆役のホンザのガイドによって参加者は深いサブボディモード
に入り、土に触れ、大地のクオリアに耳を澄ました。
大地からは物理的な土のクオリアだけではなく、
土に住む虫やバクテリア、植物の根、埋められた死体、
祖先や母のクオリアなどが連結共振してやってくる。
ダンサーが互いに母となり子となって共振している。
美しい瞬間だ。


India Delhi
 
 2ヶ月に及ぶインドツアーも最後の地、デリーに入った。
 Sati

ナダール大学での舞踏ワークショップ


Workshop 1st day
Ash walking, Being moved,
Dismantling objects, concepts and body of everyday life.
Carrying own life and Dancing the Secret
... They are truly alive and beautifully serious in Butoh exploring
2 more days workshop and performance

 カルカッタ舞踏祭
India Kolakata
 
 Resonating, Kali and Sick Dancing Princess

Honza, Iza, Sati



カルカッタ舞踏祭

カーリーと病める舞姫の共振舞踏公演

この公演には、多少の解説が必要だろう。
カーリーとは、インドの女神で、すべてを愛し、すべてを喰い滅ぼす、
グレートマザー元型である。
対して、病める舞姫とは土方巽にとっての最後の舞踏の女神、
衰弱体の極めつけの癇の花の舞姫である。
この二つ、インドのもっとも深い闇と日本の暗黒の極みが
出会うとき、いったいどんなとんでもないことが起こるか、
誰にも想像できない。
土方自身にとってさえ、病める舞姫はついに踊られることはなかった。
だが、サティ、ホンザ、イザは、インドの舞踏手と果敢に共振し、
やってのけた。
人類史上まだ起こったことのない、文化や国境を超えた生命共振を
実現したのだ。
写真からもどんな深い舞踏公演だったかが、しのばれる。
これは必ずや歴史に残る伝説となるだろう。
おめでとう! みんな!
わたしたちは、踊り続けるだろう。
地上のすべての境界を超えて、生命共振を踊り続けるだろう。

Lee





India Kolakata
 

カルカッタ舞踏祭での生命共振
 
 
 It's Opening!
Kolkata Butoh Festival
 
 ”影を踊る”

日本の奇妙なダンスである舞踏が、
いかにヒマラヤインドに拠点を設けたか、
共振塾の歴史と活動がインドの新聞に紹介された。

Indian Express

 Dancing in the Shadow
How an obscure Japanese dance form has found a home in
a remote village in Himachal Pradesh

Indian Express
 
 
 
カルカッタ舞踏祭の準備とリハーサル
 
今日から開演!
カルカッタ舞踏祭

Subbody Butoh School, Kacha Koli & Ashinagar Project Presents

Kan flower of Hijikata with Kali at Kolkata
....... We are in deep co searching and Rehearsal.
Kali is protector, dark mother/
Kali is death, destruction, also a forbidden thing, drooping tongue.
Butoh founder, Hijikata's butoh score "Sick Dancing Princess"
The sickly dancing princess was Hijiukata's Butoh teacher
of weakened body.
Butoh, storytelling, sounds, music, colour and more blending.
27th ~ 28th of Feb.
Resonant Subbody Butoh India Tour
Now at Kolkata Butoh Festival

Sati
India Kolakata
 
 "Old House"
Subbody Butoh Introduction and Jam.
 
 Sati

"Old House"
サブボディの紹介とジャム

Exploring Invisible Qualia in Old House
through Body and Sounds
At Kolkata
More Creation Experience is on Process

India Kolkata
 

Devanjalee, Gorka, Honza
Iza, Kaska, Pamela, 
Ramm, Sati







Kolkata Butoh Festival

Collaboration wiht Ashnagar Project Kolakata and
Subbody Resonance Butoh Himalaya

20 - 28 Feb, 2016
Kolkata, India


India Pune
 

Janhavii

 The Maple Jam with Sati Dust Gio

So this time we combined the maple jam with Gio's butoh workshop.
Thank you Gio for taking all of us through a beautiful cathartic process. And thank you all for making it to the jam like every time. smile emoticon
See you all soon!
Warm Resonance.
India Bangalore
 
Devanjali


忘却 舞踏公演 at バンガロー

"FORGOTTEN" an interactive WOMB smile emoticon my first publik bUTOH performance outside of Dharamsala at Shoonya Bangalore. An experiment at movement translated into video mapping using an app! This is such a solid team. Sati Dust Gio my mysterious and powerful Midwife and co dancer, Iza Waszak a perfect resonating companion of a co dancer, Tejaswi Meshram as digital map whizard , Gorka Ferrero Musical magician, Dipankar Panth just fab and coolest co organiser ever. Aina Dalentoft and TB Dinesh my pillars. This impossible electric Photo Sanjita Majumder my classmate from another planet ! Am simblly grateful people .Thank muchho!

India Bangalore
 
青い箱 パメラとイザ
Video: Honza, Music: Gorka

 Butoh Ressonance: Multi-art Exhibition & Performances
at Shoonya - Centre for Art and Somatic Practice, Bangalore
India Pune
 
Janhnavi and Sati


サブボディワークショップ in Pune 

11,12th Feb
symbiosis Liberal Arts at Pune
India West Bengal and Jarkhand
 
 Exploring Tribal village near Jamshedpur in Jharkhand

Next Schedule!

We had finished Bangalore, Tumkur and Auroville with big echo to each other's life.
Now our group has free resonance for 2 weeks.
Some of us head to Puri, some at Pune.
If you are at this place let's hope to dance together at some point.
<
Pune>
improvised performance at Viman Nagar, next week.
Jam & Class : 13th of Feb, at The Maple Jam.

<Kolkata>
* Exploring Tribal village near
Jamshedpur in Jharkhand : 17~18 of Feb
* Subbody Butoh Kolkata workshop : 20~21 of Feb
* Performance with Janardhan Ghosh on a new piece of story telling called - "otherness of being" : 22~25 of Feb.
* Butoh Performance : Sick dancing Princess : 27 & 28
at Satyajit Ray Film & Television Institute
at will be Alliance Francaise du Bengale.

** First week :
Delhi workshop and performance.
We will update soon.
Contact : Sati gio ( womandocu@gmail.com)

India Pune, Kolkata and Delhi
 

Next steps in the tour
(Kolkata, Delhi)


Hello all, I hope you all are well at anywhere, anytime. We are learning the true Rhizome that separate, be together freely.
Now we are in a small separation with free resonance.
I came to Pune even though the workshop didn't organised.
Yesterday I arrived here and directly we began jam, with any music and dance. Starting to explore what qualia is for them.us.
We hope we could make one exploring qualia film in Pune. Some of these musician will go to school monthly course.
Right now I became to contact with Janhavii.
We are going to make Jam and small class.
Anyway nice exploring to make subboy butoh base at Pune.
I see here very young generation butoh like we saw village butoh at Tumkur.

*****************************************

This is the schedule for Kolkata. (the conversation with sudipta, organiser of Kolkata, delhi)

1) Tribal village near Jamshedpur in Jharkhand : 17~18 of Feb
Sending link about the place http://www.kala-mandir.org/web/art-culture.php
There are several forms of folk dance and rituals which we could explore here. Kalamandir has a space for living in the village. The cost of food and accommodation would be around Rs. 600 - 700 per day per head. Jamshedpur is around 4 hours by train from Calcutta.They will arrange to receive and drop us to the station.
We will go to their houses and engage with them. Yes, we could collaborate but with a particular form. Most of them are male only dances, but their are a few where women are also involved. Some of them are martial forms, some are daily rituals, or seasonal rituals. We need to decide our narrative and then decide on the collaboration.
These forms are eternal but also static in their world view and very reticent in inculcating new ideas. So you could use the space, energy, their rituals and create something from it. It's the conversation between very different system, and they of course can only come together spontaneously. We have to see how they react to your presence and acts, and then maybe the formless will be more translucent.

2) 20-21 Feb. workshop

3) 22,23,24 &25 Feb.
we work with Janardhan Ghosh on a new piece of story telling called - "otherness of being" . we will have a staging of this piece at Rabindra Bharati University. Along with jazz musicians from Canada.

4) 27-28 Feb.
We will have a staging of 'Sick Dancing Princess' on Feb 27& 28 . The venues are being decided. One will be Alliance Francaise du Bengale.

5) 3-6 Feb. in Delhi
I'll schedule the workshop in Delhi from March 3-5. The performance in Delhi can be on 6th. But the Delhi schedule has to be confirmed.


******************************************

I added in this list two more, Ramm and Prasana. Ramm is one of old students from Kerala. Prasana is like butoh family from bangalore. Prasana booked ticket to reach around 25 or 26 of Feb. I will arrive 16th evening.

Any idea or question are very welcome.



Love to all

Sati Gio





India Bangalore and Tumkur
 
Resonance at antZ farm, Tumkur, India 
 
子どもたちはピュアな生命共振の先生だ。

インドの子どもたちは、先進国の人々のように、もっとも大事な生命共
振を忘れきっていない。
わたしたちがインド共振舞踏ツアーで、学ぼうとしているのはピュアな
生命共振の多彩な姿なのだ。
わたしが一昨年、ヒマラヤから飛び出してインドツアーにでかけたのも、
ことばだけでは、土方がまだない生命の舞踏のために「病める舞姫」
で探ったような、

空気中の見えない大きな生きものに翻弄されたり
世界から食われたり、
湯気や洗濯物に驚かされたり、
熱や虫に侵入されたり、
モノたちの物腰に脅かされたり、
ただ生きているみたいな明るさや、
人間の条件をすべて失うまでに変形をこうむったり、
岩の蝉の目のように凝り固まって、
「病める舞姫」という<癇の花>そのものに転生したり、
、といった

無限に多数多様な生命共振の有り様を学ぶことは不可能だと
思い至ったからだ。
わたしたちは何かを教えるために旅をしているのではない。
学ばねばならないことに出会うためだ。
その意味で、この旅で出会う子どもたちのピュアな生命共振は
わたしたちの先生なのだ。

サティはじめ、6人の古い塾生たちはそれを忘れず、
人々との関わりの中から新しく学ぶことの多さに興奮して
探求を続けているさまがひしひしと伝わってくる。
彼らはいまインド東部のカルカッタに向かって移動中だ。
インド最大の街がはらむ闇の深さが彼らを待ち受けている。

Researching with local sources, infinity possibility of real creation.
At antZ farm, Tumkur

Sati
 
 Butoh Ressonance: Multi-art Exhibition & Performances
at Shoonya - Centre for Art and Somatic Practice,
Bangalore

サブボディがヒマラヤからインド各地に共振を
どんどん広げている!



Its raw, organic, supple, changing, evolving, breathing!
And today's the final day: DON'T miss these amazing artists while they're here 


 
 

Devanjalee, Gorka, Honza
Iza, Kaska, Pamela, Sati







Butoh Resonance

Multi Art Exhbision and performance

Jan 30 - Jan 31
Shoonya - Centre for Art and Somatic Practices · Bangalore, India

Tickets Available
www.eventshigh.com

India Bangalore and Tumkur
 
 Workshop at AntZ farm
 
  Performance at AntZ farm
India Tumkur
 
 

Devanjalee, Gorka, Honza
Iza, Kaska, Pamela, Sati








Workshop with children

on the Flower Carpet



India Tumkur
 
 Workshop at AntZ farm, Tumkur, India
26 January, 2015 

 Workshop at AntZ farm
2nd India Resonant Butoh Tour



This video is at AntZ farm for Butoh residency and
workshop.

First day of the workshop was guided by Honza to very
comfortable state through body, no thinking no concept
just toward subconscious world. I was taking video with
observing each participant's condition.
They looked like in the womb without knowing how to
move, breathe..

Many sounds landscapes vibrated the space. One of new
participant was in deep sub mode and the sounds got
louder, like coming back to childhood. Another participant
told me later, she was in completely different mode from
her actual age, feeling like 80 year old losing
the function of legs. Some of them was in the state that
the body was not able to move.. Like Kan body.

After taking this video, I suggested to have some talk for
sharing about own experiences with this video, learning
transparent eyes.
The talk was so beautiful. We learned how midwife has to
keep aware to support subboies. Or how to support each
other in the resonance.
With the curiosity about subbody, the role of midwife and
more…
We, midwife learned from participant's honest feedback
and rich sharing.

Right now I'm at city to check this weekend performance.
It would be great!

Warm resonance
Sati Gio



Read Indian tour more


 
18 January, 2015 

 オーロビル 第2回ワークショップ
第二次インド共振舞踏ツアー


ミラクル サーカス小屋で開催。
小さな美しい奇跡がいくつか起こった。

Photo by Lavanya and more



インド共振ツアーをもっと読む

India West Bengal
 
 西ベンガル舞踏キャラバン 第1次共振舞踏ツアー パート2
2016年1月13日
 

西ベンガル舞踏キャラバン


第1次インド共振舞踏ツアーは、第1部のラジャスタンでのらくだキャラバ
ンのあと、列車でインド亜大陸を西から東へ横断し、
西ベンガルとジャークハンドの各地をめぐった。
ラジャスタンの砂漠とは打って変わって、ここには
昔の日本さながらの稲の水田が広がっていた。
一年に二度収穫できる二期作だ。
人々は泥田で汗まみれで働き、
子どもたちは土の路上で驚くほど創造的な遊びをしていた。
家や庭には人とともにさまざまな家畜がともに生き、
夜闇は深く、人々は昔ながらの見えない背後世界のクオリアを
背負って生きていた。

土方巽の『病める舞姫』の舞台になっているのは戦前の秋田の農村であ
る。
日本人でもその暮らしざまを想像できる人は少ないのに、
まして現代の外国人にそれを伝えるのは至難である。
共振塾で『病める舞姫』に取り組む上でのデッドロックであった
その課題を果たすことも、インドツアーの動機の一つであった。
シャンティニケタンという村で行ったワークショップの参加者は、
その古代的な暮らしに触れ、それぞれに忘れていた祖形的なクオリアに
触れ、これまでにない踊りを踊った。

ツアーはその後、西ベンガルに古から伝わるバウルミュージックのフェス
ティバルや、ジャークハンドのショゥという仮面舞踏の古い伝統風土にも
触れた。
それは去年2月の記事に書いたのでここでは繰り返さない。

興味がある方は、
風狂のバウルの音楽がからだを駆け抜けた」や
インドの世阿弥
をお読みください。

第1次ツアーは西ベンガルから大きく南下し、
マハラストラ州のプネとムンバイにむかった。
第1次ツアーのクライマックスとなった第三部をお楽しみに。






インドツアーには途中からでも参加できます。
申し込みは、womandocu@gmail サティまで。



インド共振舞踏ツアーをもっと読む

India Aurovile
 
2016年1月11日
 

オーロビルのワークショップ


第2次インド共振舞踏ツアーはさる5日から、南インドのオーロビルで
始まった。
その第一報が届いた。
6人の古い塾生と、多くの参加者たちが楽しんでいるようすがわかる。
おまけにさっそくワークショップの参加者の一人から、
ワークショップに感動して、3月から共振塾に入学したいという申し込み
まで来た。
よほどいのちが開かれる新鮮な体験をしたのだろう。
たのもしい六人衆だ。

インドツアーには途中からでも参加できます。
申し込みは、womandocu@gmail サティまで。



インド共振舞踏ツアーをもっと読む

 
India Rajastan
 
 Camel Caravan in Rajastan
1st India Resonant Butoh Tour Part 1
 
 First encounter with Rabari people
1st India Resonant Butoh Tour
 
 Dancing Caravan in Rajastan
1st India Resonant Butoh Tour
2016年1月5日
 

ドキュメンタリー

ラクダ キャラバン in ラジャスタン


これは1年前に行った、第1回インド共振舞踏ツアーの第1部、
ラジャスタンにおけるラクダキャラバンの記録である。
最近、参加者のローレンスの撮ったビデオの中に、
面白いシーンが映っていたのを見つけたので編集した。
ローレンスは途中から参加したので、前半部のプシケルのビデオは
ない。ところどころ、写真スライドで補完した。

見どころは、キャラバンの2日目に、砂漠の中のラバリ部族の
部落を訪れたシーンである。
ラバリ族はインドでも有名なノマドたちで、
ラジャスタンとグジャラートを中心にインド南部に広がっている。
最初、何人かアロンの笛に合わせて踊りながら近づいていった。
彼らはいったい何者だ?と警戒の色を強めていた。
若者らは鍬や手刀を握りしめて身構えていた。
インドの少数部族民は、インドの4大カースト以下の存在として
位置づけられている人々だ。
外部からの闖入者に対する彼らの恐れがどれほど深いものであるか
実を持って知った。
ラクダ御者のアドバイスで、まずチャイを一緒に飲んで
歓談することから始めた。
メンバーがみなそれぞれの仕方でコミュニケーションを図っている中、
日本人塾生のをぢこが、コミカルな動きで子どもたちの歓心を引き始
めた。
彼女は日本で10年以上のストリートパフォーマンスの経験者だ。
持てる技法をずべて繰り出して、滑稽な鶏の鳴きマネや鶏歩き、
泣いたり笑ったりという万国共通のクオリアで動いた。
じょじょに男の子たちが彼女の動きを真似してついて回ったりし始め
た。
同じ共振パタ-ンで動くことは、あらゆる境界を超えて成り立つ技法
なのだ。
やがて、ひとりのラバリ女性が歓迎のたべものの皿を持って
近づいて、その皿で彼女の動きを増幅して動き出した。

さまざまな重要なことを学んで、わたしたちは別れを告げた。
異文化や異族、障害者との間の境界を超えるいのちの共振技法を
磨く
わたしたちの旅は始まったばかりだ。
この世界からあらゆる境界をなくすまでわたしたちは続けるだろう。
ことしも今日から南インドで第二回ツアーが始まっている。
いまからでも参加できます。
申し込みは、womandocu@gamil サティまで。



インド共振舞踏ツアーをもっと読む

India Tumkur
 
 Devarayanadurga heritage hill
 Devanjalee

Dear friends

At the
antZ farm with a residency in Butoh called viButoh workshop [18th to 23rd Jan 2016].  In collaboration with
the Himalaya Subbody Butoh school

antZ farm is at the foothill of Devarayanadurga heritage hills near Tumkur/Banglore. It is a collective that is concerned with art, ecology, culture, architecture, bio-diversity and community friendly technology. It is a space for exploring cross dialogue and narratives which
may emerge when rural and urban sensitivities collide.

Details, directions and registration information at
j.mp/vibutoh ; also fb.com/myantZfarm ;
antzfarm@janastu.org ; Devanjali 9740140151

Looking forward to your participation. Please pass this on
to friends
and also use the poster attached for your pin boards.

love and light

Devanjali Sarkar
Coordinator, Subbody Butoh
Curator, antZfarm narratives

 百万視聴御礼!
 視聴数 1,039,136 ; 予約視聴者 1,216
 
 

 
ひとつ in カルカッタ 2015

第1回 インド共振舞踏ツアー

チャンダナ、エマヌエル、ローレンス、パメラ、をぢこ & リゾーム・
リー
制作 アシュナガール,プロジェクト、アルカ

India Kolkata
 
いニュース from カルカッタ!


今年冬カルカッタで共同公演・ワークショップをしたアシュナガール・
プロジェクトから、第2回インドツアーの国際舞踏団々へカルカッタ
アートウィークへの招待状が届いた。

ちょうど旅の予定がない時期だったので、
南北への移動が大変だが、2月初めの予定に織り込んだ。
ツアー・スケジュールも下記の地図のようにふくらんだ。

わたしたちは行く先々で、インドの残存するカーストをはじめとする
あらゆる障壁を超えて、無限の可能性を持つインド各地の人々や
アーティストとのネットワークを耕していく。
このネットワークは、ヨーロッパや世界でも形成されつつある。
国境、人種、宗教、文化、貧富、障害などの境界を超えて、
やがて世界が一つの柔軟な生命共振ネットワークで繋がるまで、
わたしたちは旅を続けるだろう。

Leeがいなくても、すでに今年の第2回インドツアーは
長期の塾生たちの手で遂行されつつある。
いや、返っていないほうが、参加者たちの創造性をかきたて、
サティだけではなく、ホンザ、カスカ、ゴルカらもそれぞれに
ワークショップをガイドすると意欲を燃やしている。
この旅で、多くの生命共振の産婆が育つことだろう。
合わせて第1回インドツアーの共同舞踏公演「ひとつ in カルカッタ」を
ご紹介する。
何度見なおしても面白い。
予定はまだまだ旅の途中で変更されるだろう。
なにもかもリアルタイム共振の旅なのだ。

------------------------------
Dear Mr. Rhizome Lee
Greetings from the Arshinagar Project!!
Hope you are well.
You will be happy to learn that we are organizing the 1st ever Contemporary Art Week in Kolkata, from Feb 1-7, 2016. As a part of the art week, we have managed to
secure the Park Street Cemetery, which is a graveyard
with great historical significance in Calcutta, as a performance venue.
We would be delighted if you could come to Kolkata
during the period and grace the art week with
performances at the Park Street Cemetery.
We would be happy to cover the cost of your travel
( train tickets) and stay in Calcutta during that period.
We can also think of organizing a small workshop.
We would be really grateful to you if you kindly confirm
your visit to Calcutta.
Looking forward to hearing from you.
Many Thanks
Sudipta Dawn

 
 南インドの自然と文化と少数部族の人々
 
2015年12月27日

脳みそをインドの水でザブザブ洗おう!

南インドは各時代の人類の多様なありかたの生きた宝庫
だ。

今年のインドツアーは、南インドの各地を歴訪する。
その中心となるバンガローやタンクールのあるカルナタカは
いまから15年前に何度も旅してジャングルや山岳地帯の
少数民の部落を訪れた。
アーリア人やドラビダ族がインドに来るはるか前の
10万年前にはじめてアフリカからインドに移住した人々の子孫が
今も同じ暮らしを保持して森の奥深く棲んでいる。
アフリカのピグミー族に似た真っ黒い顔、縮れ毛、短身の人々だ。
森の自然と共に生きる彼らアニミズムの人々から多くのことを学んだ。
「自然が俺たちの神様だ」と彼らの一人は言った。
おそらく今の生命共振という考え方は彼らから受け継いだものだ。
その後、メソポタミアから来たドラビダ族の子孫や
アーリア人が平地のヒンドゥの主流を占めているが、
彼らとは混じらぬ山岳民は驚くほど多彩な時代の文化を保存している。
石器時代以来の森の智慧を保つ少数部族民。
紀元前の原始仏教やその前のジーナ教の石窟や地下寺院も多い。
東南アジア源流の原始的な稲作の文化は驚くほど日本と似ている。
アレキサンダー大王の遠征の落とし子であるギリシャ人の子孫や、
ポルトガル人がアフリカから連れてきた奴隷の子孫も
彼らの文化を守って生きている。
南インドは石器時代から歴史時代を通じて、さまざまな時代の
人間のあり方を今も保存している人類史の生きた宝庫である。

現代の急速に発展しつつある高度情報化時代の生き方を、
過去や未来からの目によって相対化する眼差しを身につけるには
うってつけの場所だ。
わたしは15年前にインドのジャングルで生まれ変わった。
わたしたちはちっぽけな自分だけを大事にする自我や、
洪水のように押し寄せる情報にがんじがらめにされている。
南インドのジャングルは、現代的な思考を止め、意識を鎮め、
ごくごくかすかなイノチのふるえに耳を澄ます
サブボディ生命共振技法の隠れた源流のひとつなのだ。
(ああ、行きたいなあ・・・。)



『からだの闇』をもっと読む


 Nature, Culture and Tribe people in Karnataka
 Highlights of 1st India tour
 
2015年12月25日

裸のイノチをインドの大地に解き放て!

今年のインドツアーは、南インドの各地を歴訪する。
行く先々で幾つかのワークショップと参加者たちとの
コラボレーション公演が予定されている。
それだけではない。
インドツアーの醍醐味は、去年同様各地で目新しい風景の中で踊り、
海やジャングルで踊ることだ。
見知らぬインド人が行き交う広場や街角で踊る。
国境や文化や民族の違いを超えて、生命共振から沸き立つ踊りがど
こまで通用するか、
異民族・異文化と交わ理ながら磨き抜く。
情報や安逸な先進国の暮らしにどっぷり浸かった脳みそを
まるごと取り出してザブザブと洗う。
文字通り裸のイノチをインドの大地に解き放つことにある。
日本や先進国の常識はまったく通用しない。
近代化と情報化がどれだけ現代人のイノチを束縛しているかを
思い知るイノチの共振を磨き抜く旅だ。

リーに替わって旅をガイドするサティが、favebookに
インドツアーのページを立ち上げた。
ご自由にお立ち寄りください。
今からでも参加できます。
お問い合わせ・申し込みは、womandocu@gimail.comまでどうぞ。



インド共振舞踏ツアーの国際旅団
各地のオーガナイザー・サポーター



Devanjalee (Bangalore), Gorka (Arzentine), Honza(Netherland)

Janhavi
(Pune), Kaeridwyn (Auloville), Kaska (Poland)

Lakshika
(Munbai), Mago (Korea), Pamela (Mexico),


Ram
(Kerara), Sati, (Gio) (Korea), Snehal (Pune),


Varun (Pune)

You can join now!
Contact: subbody@gmail.com
 
Resonant Butoh Workshop in Bangalore
 
 Devanjali


インド南部のバンガローに移住して、ヒーリングダンスの拠点を
築きつつあるデバンジャリーが、ワークショップと、
それ以後の活動の場所として、森のなかの格好の施設を見つけてくれ
た。
森に住む山岳少数民の人々との交流も望めるかもしれない。
りーも膝の故障が治り次第駆けつけるつもりだ。


To register: http://www.meraevents.com/event/butoh-workshop

with Devanjali Sarkar


Resonant Butoh Workshop in Tumkur Farm
 
 Devanjalee


Dear all

The Banglore workshop in the city is on 16th-17th Jan.
i have booked Gandhi bhavan that is a guest next door
from the 15th jan till 18 early morning for 4 people who replyed me, and then we move to the farm in Tumkur outside Banglore.

i am setting up for
the workshop at the Tumekur farm 19th-26th Jan.

The workshop is in 2 parts over 2 weeks.
first week with body workers and dancers,
second week with local people ( possible a theatre group).

Dear Honza THE POSTER is electric!! Thanx very much.
will use it at some point.

light
Devanjali Sarkar


To register: devanjalee@gmail.com

 Gorka


Dear All
I can offer resonant voice worshops. Open voice in many different ways. Please include it. ¡¡¡
Gorka Ferrero


Great!
Every participant of India tour!
Please invent new experiments to deepen Life Resonance too, this tour without Lee, it is big chance for all of you to grow up to be a midwife.
Enjoy it together as One Life!

Lee


 
Sati


膝の故障で参加できなくなったリーの代わりに
第2回インドツアーをガイドすることになったサティ(ジオ)は、
次のようなインドツアーの提案を参加者に送った。
すべての参加者は、これに任意の提案や実験的なアイデアを
追加したり変更することができる。私たちは一つの生命として
このツアーをより豊かなものにするために共創するだろう。


第2回インドツアー_テーマ提案
タイトル:インド共振舞踏ツアー

想像してみよう!
国家、宗教、性、アイデンティティ、年齢、障害の障壁など
あらゆる境界がない世界を。
私たちの日常生活はすでに多くの境界線で囲まれ、
囚われているため、それがない世界を想像することは困難です。
だが、もともとイノチには、どんな境界線もありません。
善悪・正誤の区別もない。
イノチはあるがままでイノチです。
私たちは一つのイノチである。それを思い出そう。
このインド共振舞踏ツアーは、
私たちがひとつのイノチであることを回復する旅の一つです。


興味がある方はどうぞご参加ください。途中参加もOKです。
お問い合わせ・申し込みは
subbody[at]gmail.com
Sati made a Proposal for 2nd India tour as the following;
All participants and organizers can add or change any proposals and experimental ideas. We co-create this tour richer together as One Life.


2nd Indian Tour _ Theme Proposal
Title:Resonant Butoh India

Imagine! No borders of nationality, religion, sexuality, indentity, age, disability...
We can't imagine it truly in everyday life flows already bounded by many borders.
Originally life doesn't have any concept, border. Life is life as it is.
We are oneness as life. This tour would be one of the
richest path recovering to life itself.

<Activity #1>
Resonant Butoh Workshop
-Sharing pure life language - Workshop and Presentations

<Introduction>
With Subbody Resonant Butoh Method which is developed
by Rhizome Lee.
Subbody means subconscious and subtle body. With
various conditioning technics we create movements
through exploring subconscious realm, away from
boundary of ego and daily consciousness. Encountering
with hidden pure life languages through body. Recovering resonant life through dance!

<Contents>
1. Transform from daily thinking to subbody, cobody (resonant subbody) mode by original conditioning
methods.
2. Listen to hidden realm of body, catch and follow the subtle tendencies of life in it.
3. Research in the abyss of life(=Necessity of creation,
the reason of own dancing) for each and share them together as own issue with opening empathic imagination.
4. Enter and share each other's mystery, secret and
flower of Llfe. Co-create subbody=cobody butoh dance pieces together with opening transparent life resonance.

<Activity#2>
Experimental perfomances "Life Celebrations from India"
--Exploring true creativity which will be arised from life resonance!

<Introduction>
This is kind of a small nomad festival in resonance with
local community.
This is celebration as recovering that we are oneness as
life itself. Listening to local community, people, deeply and visible, invisible enviroment. Ane we go to very organic resonant improvisation toward oneness as life with local community. Go for Butoh Tribes spreading to modern
socity.
: This performance will go as another activity from workshops as very open improvised score.

Midwife and creation facilitator

Co_Midwives
: Sati(Dust Gio) / Honza / Kasia / Pamela / Gorka etc
Basically Sati will bring Lee's method, experiences from school. But this is very open to all midwives and would
go in deep communication each other. Let's go to create
new form of midwiving.
Attached Sati's CV here, If the organizer needs more midwife's information, ask directly through mailing list, please.


<Sati (Dust Gio) CV>
She is a Butoh Dancer, Facilitator of Subbody Butoh, Organic Improvisation class, Researcher of hidden dance in the resonance
with children, disabled body, sick body and all bodies.
_Got certificated as subbody butoh facilitator(midwife) from subbody Butoh school after 4 years course
_ Teaching at subbody Butoh school supporting Butoh master
Rhizome Lee.
_ Has been collaborating with Dance company, Ten Pen Chii
(Germany with Yumiko Yoshioka), 14th Baktun (Canada with Gessuri Gaitan) and Residency collaboration with Indian contemporary
dancers and local musicians. _Influenced strongly by Butoh master Rhizome Lee, Yumiko Yoshioka, Masaki Iwana and many dancers of life.
_ Giving Subbody Butoh workshops in Europe at Holand(2014) , Greece (2015), organizing for 2016 at Spain, Italy etc.

Tour schedule

Auroville - Bangalore - Pune -
Dharamshala or North India (depends on participants)


Auroville : from 5th Jan
Bangalore : from 15th Jan
Pune : From 10th Feb (not finally decided yet)

This schedule is quite depens on our resonance ability with local community.
Now Bangalore is going to be extended time and richer space.
If there is more space, we can give more workshops or do more activity in Auroville or Pondicherry. Let me know
about any possibilties for workshop and performance.

 

インド共振舞踏ツアーの国際旅団
各地のオーガナイザー・サポーター



Devanjalee (Bangalore), Gorka (Arzentine), Honza(Netherland)

Janhavi
(Pune), Kaeridwyn (Auloville), Kaska (Poland)

Lakshika
(Munbai), Mago (Korea), Pamela (Mexico),


Ram
(Kerara), Sati, (Gio) (Korea), Snehal (Pune),


Varun (Pune)

You can join now!
Contact: subbody@gmail.com
Jan-Feb 2016
BACK  ■  NEXT→