←BACK ■ NEXT→


第16章 生命の多次元共振


徐々に生命の謎の核心に近づいてきた。
生命がこれまで誤解されてきたのは、その多次元共振性にある。
生命ほど多次元で共振しているものはほかにない。
それは自然界のあらゆる物質とは異なる原理で動いている。
生命だけがクオリアを感じることができる。
生命だけが物理的な共振だけではなく、あらゆるものとクオリアで共振している。
クオリアは物質とは根本的に異なる。
目に見えず触れることもできないのに、生命に大きな影響を与える。
だが、そんな例は他にないから、
人類はその秘密を眼に見えない神や精霊などの仕業だと
生命以外のところに求めるという誤解を重ねてきたのだ。


ここまで書いてきて、
これ以上進めないところまで来たことを知る。
これまで別個に掘り進めてきた、「生命論」、「クオリア論」、「共振論」は、
ひとつに統合されなければならない。
それは、新たに書き起こされる「共振する生命」という実践的な文章において
実験されるだろう。


解くとは、
より深い混沌の闇との多次元的な連関を開くことなのだ。


2016年2月10日 注記

ここでぶつかったのは、生命・クオリア・共振をめぐる
<非二元かつ多次元共振性>
という深い闇だ。
この闇は通常の言語では解くことが出来ない。
言語は低次な二元論に拘束されているからだ。
古来の伝統的思想が、一即多、一即全と語った地平である。
それを解くには、言葉ではなく、実際に非二元かつ多次元共振が起こっている
生命の実践的な現場・踊りの想像の現場に移行するよりほか方法がなかった。
わたしは言語意識を止め、何もかも言葉で説明したいという意識の欲求を抑え、
日々の共振塾の現場に立ち戻る道を選んだ。
2016年冬、
わたしは改めて<生命・クオリア・共振>という統合的な文章を添えて、
これまでの「生命論」、「クオリア論」、「共振論」を電子出版しようとしている。
あとは、それぞれが生命の創造の現場で無数のクオリアが
多数多様に共振変容することそのものを味わい、楽しめばいいだけだ。




「共振する生命」を読む

Google
WWW を検索
subbody.com を検索

調べたいキーワードを、上の検索欄に入力して、[Google検索]をクリックしてください。
お望みのキーワードのあるページが見つかります。

| コメントを書く |メールを送る |サブボディ舞踏スクールホームページ |