←BACK ■ NEXT→


十体論
 はじめに
2012年10月16日

世阿弥の三体論

世阿弥の二曲三体論はいつ読み返しても味わい深い。
すべてをそぎ落として各体の精髄をぎりぎりの四字熟語に結晶させている。





老体 閑心遠目
女体 体心捨力
軍体 体力砕心


何度噛み締めても味がしみだす。

これに倣って、長年の間に析出してきたサブボディ=コーボディの十体について
そのエッセンスをどこまで簡潔な精髄に結晶化できるか、
少しづつ練り上げていこう。

この作業はわたしひとりの残り少ない時間では
完成しないだろう。
その方法を書き述べておくので、
誰かが後を引き継いで完成させてくれることを願う。

1 まず、主要な十体を選び出す。
通常、一時間の舞踏を創るには20種類以上の異なるからだを必要とする。
その中から、他の人の探体いにとっても有効と思える主なものを選び出す。
下記はわたしの30余りあるサブボディ=コーボディの中から厳選した
普遍的と思える十体だ。

静寂体
衰弱体
原生体 
異貌体
ボトム体
傀儡体
気化体 
キメラ体
憑依体
巣窟体
元型体
透明体
共振体




 十体論 目次

0 静寂体
1 衰弱体
2 原生体
3 異貌体
4 体底体
5 傀儡体
6 キメラ体
7 巣窟体
8 気化体
9 憑依体
10 元型体
11 透明体
12 共振体
サブボディ=コーボディの無境界
ノマド=リゾームの世界共創とリゾクラシー