←BACK(第13章) ■ NEXT(第15章)→


第14章 衰弱体への変成


2007年は、私にとって記念すべき年になった。
ヒマラヤに開いたサブボディ共振塾も3年目になり、
ようやく長期受講生が世界中から集まり始めた。
彼らを相手に前々からやりたかった衰弱体への変成技法を
追求する授業を開始することができた。
衰弱体への変成は見かけの動きのテクニックではまったくない。
存在の根底から、脳心身全体が変容しなければどうにもならない
超高度な脳心身の変成技法だ。、
それは一月や二月の短期で習得することなどできない。
何年もかかる長いプロセスを必要とする。
その長いからだの変成の時間を理解し、
存在全体の変成を志向する人だけが、取り組むことができる。

今わたしは、今年の衰弱体への変成技法を世界に開く。
得られた最高の秘密は直ちに世界に公開されねばならない。
秘匿して私有しようなどと図ってはならない。
それは直ちに生命の共有財産になるべく開かれねばならない。
生命にとっての創造の意味を知らない人だけが
それを私有し、著作権などでさもしく守ろうとする。
そういう人は本当の創造などしたことがないのだ。
創造の震撼は人類とともに共振してやまないものだ。
ともあれ今年はここまで来た。
このあとどういう世界が広がっていくのか、
それはこの衰弱体への長い変成をたどりぬいたとき
はじめて開示されてくるだろう。

第一節 衰弱体への変成技法

まずは、この節で述べる技法が
からだに浸み込むまで修行することが必要だ。
頭からではなく、からだからはじめること。
「頭で衰弱体を理解してから」などと余計なさかしらを立てると、
そこで長く頓挫する。
まず頭とからだが空っぽになるまで、
からだが死体となる修行を積むこと。
それだけで何年もかかるものだ。
一歩一歩死地へ降りていく、
この修行を何年も積む中で、
からだが勝手に次章で述べる衰弱体の夢を見始める。
そうしてはじめて、きみのからだの闇からのっぴきならない
きみ固有の衰弱体がこの世ににじり出はじめる。
そのときを待てばよい。
頭で何を考えてもひどい目にあうだけだ。
長いプロセスを必要とするのはそのためだ。
このプロセスをショートカットできる道は存在しない。


一、異界ゆらぎ

全身の各部位、各細胞が絶えず
本来の位置からあらぬところへずれ続ける。

――これが体術的な基礎の基礎だ。
別項の微細振動百丹三元、
異界ゆらぎの歩行などによって、
からだがいまここの世界とどこにもない異界の間で
ふるえる薄膜のような存在に変成し、
からだの任意の部位をあらゆる方向にゆらがせられるまで
からだを微細に制御する訓練を積む。

一、衰弱にょろ

足裏の二十七の骨の間の隠れ関節が絶えずねじれ、
曲がり、ふるえる。
そのゆらぎがからだの闇の不可視の坑道を通じて
予想もしない別の場所に波及する。
絶えずあらぬかたち、あらぬタイミングのゆらぎが
生じては消える。
通常の身体を通る体感ではなく、
からだの中に異界への秘密の通路が開き、
異次元から不測のゆらぎが出てきては消尽する。
もっと頼りない衰退クオリアにからだが支配される。
言葉ではなんともこれ以上説明できない。
ただ、生きているからだとは別の体感がからだを走り抜ける。
それがからだでつかめるまで続ける。

一、ずれ続け

何が起こっているのか、
意識が捉えようとしたとたん
いつのまにか別のものに摩り替わっているので、
捉えることができない。


一、非空歩行

予測のできない不測の部位があらぬ方向に動くので、
他の部位もつられて動き、それによって
立っている位置が移り変わっていく。
通常の歩行ではないやり方で空間を移動することによって
非空間が創出される。

一、非時への旅

からだのどこかが常にいまここの時空から
どこにもない非空非時に招ばれじょじょに姿を消していく。
見たこともない時が流れ、
いつの間にか帰ってきて静かに死んでいる。




第二節 衰弱体への固有技法

以上の一般技法を最下段まで踏み降りると、
やがて次第に各人固有の惨劇が浮かんでくるからだになる。
一般技法だけでは、まだ貌のないのっぺらぼうのようなものでしかない。
舞踏家は各人がたった一人で自分の生命が出会っている生死のエッジに真向かい、衰弱体になる必然をからだの闇に見出さなければならない。
各人固有のからだの闇から押し出されてくるのっぴきならない衰弱のクオリアと
肉体の修練がひとつになったときにはじめて踊りになる。
それを搾り出すことが真の変成なのだ。
衰弱体の訓練を続けそこにきみ固有の生命の貌が浮かぶまで待つ。
それではじめてひとつの衰弱体が死児のように生まれてくる。


一、惨劇

誰のからだの闇にも生死のエッジで震えているクオリアが潜んでいる。
それに間向かっていると、からだの闇のいずこかにくぐもっていた
最もひどい惨劇あるいは生の困難が口を開く。
ほとんど生きることを許されなかった死に瀕しているもの、
すでに死んでいるもの、狂ったもの、
死者と共振している闇、
そういうものがぞろぞろと出てくる異様なからだに変成する。

一、妖怪


人生のある時期に現れかけようとしたが、
殺されかけ、寸前のところでからだの隅に
隠れひそんで息を潜めていた妖怪たちが
蠢きはじめる。

一、したたり落ちる

思い出すこともできなくなっていた
もっとも深い悲しみ、見知らぬ怒り、
身に覚えもない痛み、ふるえ、
恨みのようなものがからだを伝い
したたり落ちていく。
もう生きもののかたちなどしていない。

一、法悦

あらぬ悦び、とびきりの陶酔が
時を間違えたかのように浮かび上がる。

一、逢瀬

知らぬ間にもっとも逢いたかった人との
逢瀬にふけりこんでいる。

一、依代

見知らぬ存在が訪ねてくる。
蝿にたかられるように
別の存在にたかられ
その依代となるにまかせる。

一、差し上げ

どこのどなたかは存じませぬが、
こんなからだでよろしければどうぞ
お使いくださいと差し上げる。

一、もののけ

どうやら人ではないもののけも
やってきているようだ。
動き方が人とはまるで違うのでそれと知られる。
獣の輪郭をした娘
咆哮している息子
諮詢しつつ石に変化する老婆たちの腰つき


一、臨生

夙くの昔にお亡くなりになったかたたちだ。
なにか伝えたげにこの現し世を見つめているが
何を言いたいのかは捉えられない。

一、あらぬ姿

人様に見られては存在できぬあらぬ姿になっている。
これまでの仕方では人に見せることはできない。
なにかとんでもない固有の劇場を
発明しない限り人には見せられぬ。

一、秘兆

この修行は人に見せないで行う。
人目を気にすると出てきてくれない
消え入りそうなお方たちばかりだ。
そんな修行をしていることさえ秘めよ。
出来上がるまでは愛しい人にさえ知られるな。
見られたら存在できぬぎりぎりのあらぬ姿に変成する。


(補注―2008年にはこれらの技法はさらに深化した。
別物といってもいいくらいに微細化し、具体化した。
それはたった今進行中なのでまだ書き言葉にする余裕はない。
今年の冬の休み
けを待ってほしい。)