| パメラとベルティ 
生命共振を世界に!
n

 第18回国際ヒマラヤ舞踏祭 2019
ハイライトビデオ





[English]

今月のビデオ

Vimeo

YouTube
Dailymotion

サブボディ
紹介ビデオ
 

第18回国際ヒマラヤ舞踏祭 2019


舞踏博士 アダム

 
不確かさの網の深淵
 アレクサンダーとコーボディ
 
春夏秋冬春 イー
 
変容の背後 
アレックスとコーボディ

逃れ得ぬもの
アリエルとコーボディ
 
母はノーといった
テジャスとコーボディ
 
開幕公演
観客の義務
リプリーとコーボディ

 
 
開幕公演 
見る人の義務
 リプリーとコーボディ 

拡大舞踏際

 癇の花式典
イーとコーボディ

 
 
恐れ
ジオとコーボディ
 
山崎、よみがえれ!
リゾームリー
リゾームリー
インタビュー
 
リゾーム・リーとの対話

第17回
国際ヒマラヤ舞踏祭
 

 消失前後の何か 
リゾーム・リー
 
 
 
ビデオ講義シリーズ
 

「少女」 土方巽ソロ 解説 

 
Xによる還元と再生
 
 
透明さとはなにか
 
これまでのビデオ
2011-2016www.youtube.com/
subbodybutohschool

2010以前
www.youtube.com/
subbodycobodybutoh


今月の写真
 
 

ヒマラヤ舞踏祭
 第1回-14回 ハイライト
 
 
 
 これが共振リゾームだ

土方巽写真集 鎌鼬 
2015以前の写真
これまでの写真

600
今日の更新
 
共振塾は年中無休!

一年中いつでも参加できます。


夏期集中コース(半日)開催中!

6月10日(月)ー8月23日(金)

秋期コース(全日) 受付中!(残席3名)

9月2日(月)ー12月8日(日)

冬期集中コース(半日)

12月9日(月)ー2月21日(金)

春期コース(全日) (残席9名)

3月9日(月)ー6月14日(日)

ヒマラヤでいのちの創造性を全開しよう!


申し込み・問い合わせ


第18回国際ヒマラヤ舞踏祭 2019

からだの闇を掘る
 
ハイライトビデオ 第18回ヒマラヤ舞踏祭 

2019年6月18日

第18回舞踏祭の大きな収穫

今回の舞踏祭では驚くほどのいのちの創造力が爆発した。
毎日塾生たちが開く新しい舞踏世界の独創性に驚かされた。
誰かが率先して共創したコーボディ作品がほぼ毎日繰り広げられた。
ヒマラヤで20年コーボディ共創に注力してきたわたしでさえ、
見たこともないような共振パターンや舞台の仕掛けが次から次へと出現した。
踊り手たちはまるで疲れを知らない子供のように、
毎日異なるコーボディ世界を共創し続けた。
それが12日間ぶっ通しで続いた。
舞踏公演でこんな事が起こったのは、1972年土方巽の燔犠大踏鑑による
「四季のための二十七晩」公演に次ぐくらいの熱気が渦巻いた。
そのときは、土方巽、芦川羊子、小林嵯峨、玉野黄市、和栗由紀夫らの出演で、
「疱瘡譚」、「すさめ玉」、「碍子考」、「なだれ飴」、「ギバサン」、などの土方巽演出・振付・出演(「なだれ飴」を除く)作品が連続公演された。
大きな違いは、それがすべて土方巽ひとりの演出・振付出会ったのに対し、今回は四十名の舞踏手による共創であった点だ。こんな例は舞踏史上にも、現代ダンス史上にも例がないに違いない。
この中で塾生たちは例年のように、自分の作品だけでいっぱいいっぱいになるのではなく、
毎日他の人のコーボディ作品を踊り抜いて生長した。
こんな事が起こったのは共振塾史上はじめてのことだ。
まるでここに突然枯れない創造力の泉が湧きはじめたかのような奇跡だ。
これはいったい何なのか?
何が起こったのだろか?
その謎の全貌は未だに明らかになっていない。
ただ、今年は、下意識モードのからだ(サブボディになると、
単に下意識とからだの境界が消えて、サブボディになるだけではなく、
自己と他人、個人と群れとの境界も消えてサブボディ=コーボディになるのだと信じて
突き進んできた。
調体シェア、探体シェアを始め、ドリーミング・シェアなどのクオリア・シェアを毎週欠かさず
推し進めてきた。
それが、今年になるまでできなかったのは、わたし自身が二元論に深く囚われていたからだ。その囚われを脱ぐのに二十年かかったことになる。
こんなものなのだ。
頭でわかっていることがからだでも実現できるようになるには、途方もない時間がかかる。
これに関連して起こったサブボディ技法のに大きな革命については、先に書いた下記のとおりだが、’この革命はいまの夏期集中の中でなおも進行中だ。
やがてそのうち、現在の実験成果を紹介できる日が来るだろう。
今は、とりあえず、旧稿を再録するに留める。

ひとつは<24時間目瞑動と微細傾聴>であり、
もうひとつは<ドリーミングシェアを核としたサブボディ=コーボディ共創技法>だ。


 
<24時間目瞑動と微細傾聴>


完全な静寂体になり、誰かにからだが動かされるままに身を任す。

瞑動とは動く瞑想だ。それを続けながら、からだの闇のごくごく微細なクオリアに耳を澄まし続ける。
これが基本だ。
からだが動かされるままに心地よいゆらぎに身を預けながら、
もしからだのどこかが動きたくなればそれに従う。
それがサブボディ(の動きだ。
そして、下意識では、自他の境界が薄まり、容易に他の人の動きと共振しやすくなる。
<ドリーミング シェア>あるいは一般に<クオリア シェア>と呼ぶ新しい共創技法は
そうして生まれた。

<クオリアシェアによるサブボディ=コーボディ共創技法>

下意識のからだでは個人のサブボディと共振するからだコーボディの境界が消える。
だれかが、自分にとって踊らなければならない大事なクオリアを動きや言葉によって
率先すると、他の人々もそれと同じ共振パターンまたは異なる共振パターンで共創する。
これがこの一年実験を続けてきた新しいサブボディ=コーボディ共創技法だ。
この稽古を十分続けてきたことによって、
今回の舞踏祭から、踊りの創り方が根本的に変わった。
これまでは誰かが考え抜いた構成や振り付けに従って踊っていた。
まだ、既成のツリー状の階層秩序から抜けきれていなかった。
だが、今年からは根本的に様相が変わった。
互いにサブボディ=コーボディ状態になると、自然に自他の区別なく、
最適の踊りを共創できるようになる。
そういう魔術的な奇跡が今年から起こり始めたのだ。
実際、初日から連続して毎日、無限のコーボディが現れては次から次へと変容していった。
まさしくこれまでだれも見たことがない得体の知れないことが起こった。

舞踏祭のあとも、夏期集中コースでは、毎日かつてない新しい練習法が編み出され、実験を積み重ねている。
サブボディ=コーボディとは、非二元かつ多次元共振世界であり、
そんな世界に生身の心身でのまま集団で躍り込んで共創実験を続けた例は、世界史上まだ例がない。
幸いこの夏期集中はモンスーンにもかかわらず、多くの参加者を得て活気に満ちている。
どんな成果が得られるか、楽しみだ。




からだの闇をもっと読む

 

 

この夏、涼しいヒマラヤで舞踏を学びませんか。
どの月曜日からでも開始できます。、期間も自由に設定。
夏中8月23日まで続きます。

 

第18回国際ヒマラヤ舞踏祭 2019

 
舞踏博士 アダム
 世界生命共振芸術
Spain
 

Adam



アダム、マドリードからスタート!

ヨーロッパ生命共振舞踏ツアー

When: 18 Jul at 10:00 – 23 Jul at 17:00
Where: Escuela Internacional del Gesto, Madrid, Spain

SHADOWBODY workshop

The workshop "Shadowbody" (The shadow of the body) proposed by Adam Koan and Julie Becton is based on a multitude of exercises and experiments with the body-mind through improvisation, group dynamics and imagination that help to bring out the " sub-body "that dwells in darkness, the shadow of the daily body. Through movement we find ways to explore space, time, place, the body as a multidimensional relationship. Playing with different techniques that help to release and better understand the psycho-physical ability of the body, we challenge the daily logic to jump to the living that inhabits the moment, enhancing the capacity of our body to resonate. The curious who enter the butoh harvest unexpected and rich discoveries, it is available for practitioners familiar with body work as well as for beginners.

Adam Koan
Adam is an educator, researcher, dancer and interpreter, writer and butoh dance guide from the United States. She studied at Hillsborough Community College & University of South Florida and was trained at the Subbody Butoh School in India, which she visits regularly since 2013 and is currently part of the school's guidance team. Among his teachers are Rhizome Lee, Ken Mai, Tadashi Endo, Diego Piñón, Sara Zalak, Theresa Carlos, Martha Sponzilli, Yumiko Yoshioka, etc. In particular, it is interested in increasing butoh's accessibility to the most marginalized or less visible sectors, especially in India where it has worked with people with special mental-physical needs and LGTBI communities.
More information about Adam Koan's Shadowbody workshops:
http://workshop.shadowbody.com/
Adam's Facebook: https://www.facebook.com/surrealpoet

Julie Becton
Julie is the artistic director of the Asheville Butoh Festival and teaches dance in the United States, Cuba, France and Mexico for more than 40 years. She is a professor of modern dance, musical theater and performance at Warren Wilson College. She has received numerous awards for her work in dance and obtained the 2008-2009 NC choreography scholarship to travel to Japan and deepen her studies of the butoh dance that she teaches since 1998. There she studied with Yoshito Ohno, Natsu Nakajima, Akaji Maru and Seisaku
More information about the Asheville Butoh Collective workshops, to which Julie Becton belongs:
http://www.ashevillebutoh.com/classes-workshops/
Julie's Facebook: https://www.facebook.com/juliebectongillum

PROGRAMMING

From July 18 to 20:
Workshop by Adam Koan and Julie Becton from 10 a.m. to 1 p.m. and from 2 p.m. to 5 p.m.
On July 21:
There is no workshop but performance of Julie and Adam at 7:00 pm. and Shadow Jam: from 8pm to 10pm
On July 22 and 23:
We continue with the workshop from 10:00 a.m. to 1:00 p.m. and from 2:00 p.m. to 5:00 p.m.


LOCATION
The workshop and the performance will take place at the International School of Gesture, Calle de María Teresa, 11, 28028 Madrid


PRICE
Workshop, performance and jam: € 180 (€ 200 from June 20). 150eur for the students of the International Gesture School (€ 170 from June 20).

*** For the workshop, 15 participants maximum ***
For the non-participants of the workshop, the performance will be charged to the reverse ticket office and the Jam a 3eur.


INFO and REGISTRATION:
nataliya.andru@gmail.com
622 310 792

Contact Adam

 
 世界生命共振芸術
Japan
 

Pilar



ピラー、石垣島でワークショップ

石垣島ダンスWS 「共鳴を踊る」

Dancing Resonace


石垣島の海と大地を舞台にダンスのWSを開催します。

When: 7月25日
Where: 石垣島 
御神崎の砂浜 & 海

地球の7割を占める海
地球のひとつの島の砂浜
その境界線

アマゾン、ヒマラヤの自然の中で自己探求と表現を追求してきた
ピラー・エチャバリーアの絶妙なガイドで、
母なる自然にどっぷり身を浸す体験。
そこから湧き上がる、心・身体・魂の動きを
踊りへ繋げるワークショップです♪

石垣島 ダンスWS「 共鳴を踊る 」
~ 石垣島、内なる旅へ ~


存在の本質は「無限」であるということを発見する旅。

陸と水中での動的瞑想、そして自然の中でガイドに導かれ、あなたの内面を旅しましょう。

その旅は、生命本来の野生性や、あなたにとっての真のダンスを思い出させ、身体、他者、また自然との繋がりを取り戻します。

そしてその繋がりは、芸術の持つ力(癒しや目覚め、変容)に触れる土壌となるでしょう。

石垣島ならではの美しさと魔法に触れながら、あなたの身体をもっと知り、偽りのない踊りを見つけましょう。

思いもよらないことをきっかけに生まれる動きがあります。
流れに身を任せ、あなたの内なる風景の住人になって、細胞、内臓、心、肌、骨、舌から踊りましょう……

呼吸と水との深い関わりや、水と大地の境界線を肌で感じて、水がどのようにしてダンスを育み、開放し、変容させるのかを探っていきましょう。
 
*ワークで取り入れる探究メソッド : 水中ボディワーク(WaterDance、Fluid Presence、Aguahara)、サブボディ共振塾、ソマティック・ムーブメント、コンティニュアム・ムーブメント、呼吸と音のプラクティス、コンタクト・インプロビゼーション。

日時:6月25日(火)9:00 〜13:00

場所:石垣島、御神崎の砂浜 & 海 ( 天候などにより場所変更の場合あり )

料金:一般 5,000 円 / 島民 3,500 円

Link to the page



第18回国際ヒマラヤ舞踏祭 2019


舞踏祭、大収穫とともに終了!

ご支援深謝!

これから少しずつビデオを編集し、アップしていく予定です。

お楽しみください。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
..

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Now we are editting Performance videos, will upload slowly,
Please enjoy it!
 
 世界生命共振芸術
Japan
 
 
 

Igu, Ikuyo, Kiyoko Pilar




祝!

東北舞踏 三角標第3回公演


清子、郁代、ピラーら客演し、

盛況裡に終わる!


「東北舞踏 三角標」の第三回舞踏公演が、盛況のうちに、終えることが出来ました🙇
沢山の方にお越しいただき、暖かく、熱心に見て頂きました❗心から、感謝します🙇
これからもよろしくお願いいたします❤
ありがとうございました🙇


岩手県一関市赤荻字上袋204
スペースIGU

Contact Igu

からだの闇を掘る

2019年6月4日

サブボディ=コーボディ共創革命

今年の舞踏祭の半分が終わった。
まだ半分が済んだばかりなのに、もういつもの舞踏祭が終わったくらいの
ずっしりした手応えを感じている。
それは、ことしは連日誰かが率先して共創したコーボディ作品が
毎日繰り広げられているからだ。
踊り手たちはまるで疲れを知らない子供のように、毎日
異なるコーボディ世界を踊っている。
そうだ。例年のように、自分の作品だけでいっぱいいっぱいになるのではなく、
毎日他の人のコーボディ作品を踊り抜いている。
そしてそれらがまた、毎日まったく異なる世界を開いてくれるから
驚きが止まらないのだ。
まるでここに突然枯れない創造力の泉が湧きはじめたかのような奇跡だ。
これはいったい何なのか?
何が起こっているのだろうか?
からだの闇のサブボディさんに訪ねていると、いくつか思い当たる節に出会った。

去年から今年にかけてサブボディ技法に大きな革命が起こった。
ひとつは<24時間目瞑動と微細傾聴>であり、
もうひとつは<ドリーミングシェアを核としてサブボディ=コーボディ共創技法>だ。
今期は特にこの2つを期初からずっと繰り返し稽古し、共有してきた。
その成果が舞踏祭のリハーサル期間を通じて醸成し、この創造の爆発につながったようだ。
整理しておこう。

 
<24時間目瞑動と微細傾聴>


完全な静寂体になり、誰かにからだが動かされるままに身を任す。

瞑動とは動く瞑想だ。それを続けながら、からだの闇のごくごく微細なクオリアに耳を澄まし続ける。
これが基本だ。
からだが動かされるままに心地よいゆらぎに身を預けながら、
もしからだのどこかが動きたくなればそれに従う。
それがサブボディ(の動きだ。
そして、下意識では、自他の境界が薄まり、容易に他の人の動きと共振しやすくなる。
<ドリーミング シェア>あるいは一般に<クオリア シェア>と呼ぶ新しい共創技法は
そうして生まれた。

<ドリーミングシェアによるサブボディ=コーボディ共創技法>

下意識のからだでは個人のサブボディと共振するからだコーボディの境界が消える。
だれかが、自分にとって踊らなければならない大事なクオリアを動きや言葉によって
率先すると、他の人々もそれと同じ共振パターンまたは異なる共振パターンで共創する。
これがこの一年実験を続けてきた新しいサブボディ=コーボディ共創技法だ。
この稽古を十分続けてきたことによって、
今回の舞踏祭から、踊りの創り方が根本的に変わった。
これまでは誰かが考え抜いた構成や振り付けに従って踊っていた。
まだ、既成のツリー状の階層秩序から抜けきれていなかった。
だが、今年からは根本的に様相が変わった。
互いにサブボディ=コーボディ状態になると、自然に自他の区別なく、
最適の踊りを共創できるようになる。
そういう魔術的な奇跡が今年から起こり始めたのだ。
実際、初日から連続して毎日、コーボディ研究20年の私を驚かせてくれる
無限のコーボディが現れては次から次へと変容していった。
まさしくこれまでだれも見たことがない得体の知れないことが起こりだした。

舞踏祭は、まだ半分過ぎたところだ。
これから後半そして楽日には一体何が起こるだろうか。
いまから楽しみだ。





からだの闇をもっと読む

 

サブボディ共振塾ジャーナル
 

Ozerk、Lee


共振塾後期塾生募集中!

 後期長期コースは、9月2日から12月8日まで。リゾーム・リーがガイド。
短期コースは、1日から1か月まで任意の期間参加できます。
9月はオゼークがガイド。
毎週1-2日は長期短期合同のクラスになります。
ふるってご参加ください。


お申込み、ご質問は subbody@gmail.com


 世界生命共振芸術
Europe
 

Adam and Gio



新たに4か所追加!

ヨーロッパ生命共振舞踏ツアー


**UPDATE**
FOUR new locations added: Novi Sad, Belgrade,
Nis (Serbia), and Budapest (Hungary)


Next month begins this tour engaged by me and Julie Becton Gillum (USA performer and festival organizer). Alongside this (beginning late July), Gio (South Korea) also of Himalaya Subbody Butoh goes her direction. See the complete dates below.

Also, for those going to the 2 week Serbia retreat camp, please complete instructions on completing your registration: http://retreat.shadowbody.com.

[Adam & Julie's Tour]

June 13 thru 16 – Leipzig, butoh workshop – 4 day intensive

June 21 thru 28 – Lviv, Ukraine – 1 week nature intensive

June 30, July 1, July 3 – Turin, Italy – Moving Bodies Festival – workshop & performance - two workshops + performance

**Julie Becton Gillum joines tour here**

July 11 – 16 – Helsinki, Finland – 5 day intensive

July 18 – 23 – Madrid, Spain – 5 day intensive

July 25 – 29 – Bilbao, Spain – 3 day intensive

July 31 - Aug 4 – Ozora, Hungary – O.Z.O.R.A festival - performance/helping guide

Aug 5 - 10 – Budapest, Hungary – "Butoh in Wheelchair" (Collaborating with Gio)

Aug 12 - 13 – Novi Sad, Serbia – 2 day workshop

Aug 14 - 15 – Belgrade, Serbia – 2 day workshop

Aug 16 - 17 – Nis, Serbia – 2 day workshop

Aug 19 – Sep 1 – Sesalac, Serbia Sesalac Butoh Retreat – Register at http://retreat.shadowbody.com

Sep (TBA) – Bucharest, Romania – 5 day intensive

Sep (TBA) – Leipzig, butoh 5 day workshop

[Gio's Tour]

July 24 - 28 – Zurich, Switzerland – INANNA Community – Marius Soluna – resonantart@gmx.ch

July 29 – Aug 3 – Ozora, Hungary – O.Z.O.R.A. Festival

Aug 5 – 10 – Budapest, Hungary – “Butoh in Wheelchair”

Aug 24 – 31 – Piedinterra, Italy – Nature Residency Workshop with Atsa Gudmudsdottir – piedinterra@gmail.com

Sep 1 – 7 – Greece – Performance with Ioanna Myrka

Sep – Spain

Contact Adam

Contact Gio

 
共振塾は年中無休!

舞踏祭の後も,6-8月は夏期集中コース!
涼しいヒマラヤの夏に、舞踏を学べます。
半日なのでコストも半額!
お気軽にご参加ください。



ご質問・お申込み:subbody@gmail.com


 世界生命共振芸術
Europe
 
 

Adam and Gio



この夏、ヨーロッパ各地へツアー

今年のサブボディはエネルギーに満ちている。
6月の舞踏祭を待たず、5月の毎週末ダラムサラの町の各地に踊り出、
かつて最大規模の舞踏祭を実現しようとしている。
舞踏祭終了後はジオとアダムがすぐにヨーロッパツアーに旅立つ。
サンテリ、アレックスもフィンランドンのフェスティバルに参加、
リーは夏中ヒマラヤで夏期集中コースを開く。

Next month begins the Euro Life Resonance Tour engaged by me and Julie Becton Gillum (USA performer and festival organizer). Alongside this (beginning late July), Gio JU also of Himalaya Subbody Butoh also goes on Euro tour. See our complete dates below here.

[Adam & Julie's Tour]

June 13 thru 16 – Leipzig, butoh workshop – 4 day intensive

June 21 thru 28 – Lviv, Ukraine – 1 week nature intensive

June 30, July 1, July 3 – Turin, Italy – Moving Bodies Festival – workshop & performance - two workshops + performance

**Julie Becton Gillum joines the tour here**

July 11 – 16 – Helsinki, Finland – 5 day intensive

July 18 – 23 – Madrid, Spain – 5 day intensive

July 25 – 29 – Bilbao, Spain – 3 day intensive

July 31 - Aug 4 - Hungary - O.Z.O.R.A festival - performance/helping guide

Aug 5 - 11 - Hungary - Samsara Music Festival (Tentative) - performing/helping guide

August 19 – Sep 1 – Sesalac Butoh Retreat – Register at http://retreat.shadowbody.com/

August or September (TBA) – Bucharest, Romania – 5 day intensive

August or September (TBA) – Leipzig, butoh 5 day workshop

[Gio's Tour]

July 24 - 28 – Zurich, Switzerland – INANNA Community – Marius Soluna – resonantart@gmx.ch

July 29 – Aug 3 – Hungary – O.Z.O.R.A. Festival

Aug 5 – 10 – Budapest, Hungary – “Butoh in Wheelchair”

Aug 24 – 31 – Piedinterra, Italy – Nature Residency Workshop with Atsa Gudmudsdottir – piedinterra@gmail.com

Sep 1 – 7 – Greece – Performance with Ioanna Myrka

Sep – Spain

Contact Adam


サブボディ出版
 
 
ここ十数年、このサイトに連載してきた舞踏論が本になりました。
ここにはわたしがなにを生き、なにに抗い、なにを切り開こうとしてきたかの
すべてが詰まっています。
ぜひ、手元に取り寄せ、じっくりお読みください。


舞踏革命 リゾーム リー

印刷版・電子版とも、アマゾンでお求めいただけます。

印刷版 3456円 (574ページ)

アマゾン出版 ペーパーバック版へは、ここをクリック

電子版 1800円

アマゾン出版 Kindle版へは、ここをクリック

サイト案内
共振塾申し込み
 India Dharamsala
サブボディ共振塾
ヒマラヤ
共振塾案内
リゾーム・リー
 共振スタジオ
短期コースの産婆陣
ジオ (5月) 

リー (6-8月) 
オゼーク (9月) 
シャドウボディ
アダム (10月)
共振塾の活動
共振塾ジャーナル
ビデオ
写真
設備施設
サブボディメソッド
サブボディとはなにか
舞踏論 第一部
舞踏論第二部
静かな家の深淵
舞踏論第三部
病める舞姫
十体論 
美とは何か 
生命論
共振論
クオリア論
透明論
 透明さについて2005
修復
肯定論
実技ガイド
実技ガイド
 産婆ガイド
共振タッチ技法
図解ツアー
キーワードツアー
探究
からだの闇を掘る
ヒマラヤ共振日記
多重人格日記
トラベルガイド
ヒマラヤ・ダラムサラ
デリーからの道程
リンク
共振リンク
読書案内
ブログを読む
facebook
申し込み
お申し込み
ダウンロード
鏡の背後
(PDF・英語)
世界中で学べる
サブボディ

 生命共振舞踏
 Japan
東北共振塾
スペース イグ

イグ 
 USA
Minnesota
粘菌舞踏団
道心共振塾

ガドウ 道心 
 India Dharamsala
Sound Cloud(Audio)
Pajarosonanbulo
(video)
 
Gorka
Pamela 
 Brasil


Jaime, Aia
 USA
New Orleans
先祖の囁き
オディール
 USA
South Dakota.
シャドウボディ
アダム
 Japan
一つの流れ
シブ
 Korea
ジオ 
 Colombia
 
ピラー
 Spain
サブボディ研究所
ジョナサン
 Poland
 
 カスカ
 Switzerland
ピット
サングリア デスクレータ
アスカ
Netherland
フォーリングリーブス
クリスチャン 
Netherland
 
ナターシャ 
Italy
祖先の声
キャラ 
Greece
 
アクロポディチ 
ダンスセンター

アンジェリキ
 
Turkey
オゼーク 
Finland
 
サンテリ 
 India Bangalore
 
Devanjalee 
 India Assam
サンダーン
モヌジ 
 
サブボディ出版
on アマゾン 
New
 
 舞踏革命
 
 生命共振としてのクオリア
 
からだの闇を掘る 1
 
からだの闇を掘る 2 
 
静かな家の深淵
 
Behind the Mirror
サイト内検索
英語サイト
[English]
ロメス、永遠に!
サイトマップ | はじめに申し込み共振塾ジャーナルメソッド実技ガイドからだの闇共振日記多重日記ヒマラヤ道案内設備 | リ ンクブックメール