夏期集中コース  
リバースツイスト1 | パメラとベルティ 
生命共振を世界に!
n


[English]
サイト案内
共振塾申し込み
 India Dharamsala

サブボディ共振塾
ヒマラヤ
共振塾案内
リゾーム・リー
 共振スタジオ
パメラ 
 
ヴィシャール 
シャドウボディ
アダム
 
アレックス 
先祖の囁き
オディール
 
オゼーク 
 
Rhythmos Noir
ダラ 
Sati Gio 
共振塾の活動
共振塾ジャーナル
ビデオ
写真
設備施設
サブボディメソッド
サブボディとはなにか
舞踏論 第一部
舞踏論第二部
静かな家の深淵
舞踏論第三部
病める舞姫
十体論 
美とは何か 
生命論
共振論
クオリア論
透明論
 透明さについて2005
修復
肯定論
実技ガイド
実技ガイド
 産婆ガイド
共振タッチ技法
図解ツアー
キーワードツアー
探究
からだの闇を掘る
ヒマラヤ共振日記
多重人格日記
トラベルガイド
ヒマラヤ・ダラムサラ
デリーからの道程
リンク
共振リンク
読書案内
ブログを読む
facebook
申し込み
お申し込み
ダウンロード
鏡の背後
(PDF・英語)
世界中で学べる
サブボディ

 生命共振舞踏
 Japan
東北共振塾
スペース イグ

イグ 
 USA
Minnesota
粘菌舞踏団
道心共振塾

ガドウ 道心 
 India Dharamsala
Sound Cloud(Audio)
Pajarosonanbulo
(video)
 
Gorka
Pamela 
 Spain Almeria


Subbody gathering
Jaime, Aia
 USA
New Orleans
先祖の囁き
オディール
 USA
South Dakota.
シャドウボディ
アダム
 Japan
一つの流れ
シブ
 Korea
Sati Gio 
 Colombia
 
ピラー
 Spain
サブボディ研究所
ジョナサン
 Poland
 
 カスカ
 Switzerland
ピット
サングリア デスクレータ
アスカ
Netherland
フォーリングリーブス
クリスチャン 
Netherland
 
ナターシャ 
Italy
祖先の声
キャラ 
Greece
 
アクロポディチ 
ダンスセンター

アンジェリキ
 
Turkey
オゼーク 
Finland
 
サンテリ 
 India Bangalore
 
Devanjalee 
 India Assam
サンダーン
モヌジ 
 
サブボディ出版
on アマゾン 
New
 
 生命共振としてのクオリア
 
からだの闇を掘る 1
 
からだの闇を掘る 2 
 
静かな家の深淵
 
Behind the Mirror
サイト内検索
英語サイト
[English]

今月のビデオ

共振塾ビデオは
Vimeoに
移行しました


生命共振アート
 
白 ダラとダニエル
ビデオを見る

Dancing Eyes of Skin Dara
夏期集中コース  
 
 
母性| アニ、ゴーラ、ヴィシャル
 
 深みの中で| アニ
 
  リバースツイスト1 | パメラとベルティ

   ディープ リスニング
Ani、Balt、Louve、Maelstrom、Piu、Cobody

| エリーとパメラ 
 
第16回国際
ヒマラヤ舞踏祭 

 
 
 Xinef | ルース
 
オデース リタ
 
 それは| ローレンス
 
このすべてで| アレックス

オープニングパフォーマンスホイールオブライフオゼルクとボディ 
 タイトルなしZalina
 
 
 
カロッタ

暗黒熱 リゾームリー
 ブダペスト 2000
 
 
ビデオ講義シリーズ
 
 
舞踏の豊かな定義

病める舞姫を読む 2 

病める舞姫を読む 1 
 
 
土方巽とは誰か?
 
これまでのビデオ
2011-2016www.youtube.com/
subbodybutohschool

2010以前
www.youtube.com/
subbodycobodybutoh


今月の写真
 
 

ヒマラヤ舞踏祭
 第1回-14回 ハイライト
 
 
 
 これが共振リゾームだ

土方巽写真集 鎌鼬 
2015以前の写真
これまでの写真

ロメス、永遠に!
https://www.facebook.com/padutcafesztival/videos/421255095006945/UzpfSTEwMDAwMTkwNDI1MTM3NDoyMDU1OTg5MzQ3ODA3ODU0/ へのリンク

600
今日の更新

長期共振塾生募集中!

2019年 3月入学
2019年3月4日-12月7日 (残席 13 )

2019年 9月入学
2019年9月2日ー2020年6月5日 (残席 15 名)

詳しい入学要領はここをクリック

お問い合わせ・申し込み

短期集中コース募集中!

任意の月曜から、任意期間参加できます。
春・秋期は10:00-5:00
夏・冬期は、10:00ー12:30

詳細はここをクリック

短期コースは年中無休。任意期間参加できます。

申し込み

生命共振アート

Hungary
 
白 ダラとダニエル
ビデオを見る

Dara


ダラとダニエル、ハンガリーの
PDAフェスティバルで踊る


Fehér (White) 

In the current form of the piece, a solo-duo solo-duo movement and dance improvisation following the Japanese butoh technique, with Dániel Gyöngy and Darinka Pilári: I reclame dance for the victims of the present and the violent acts of the past who lost their lives - or are losing their will In spite.

When: June 20 21:00-22:00
Where: The performance will take place within the framework of the PAD Street Festival, in the courtyard of the B24 gallery.
Entrance is free. Everybody is welcome!
*
I'm white,
like blank paper.
Write to me,
hold on to my skin eternity
bloody-black penna:
a slice of unwanted reality.

*
Concept and dance: Dániel Pearl and Darinka Pilári
Costume: Zsuzsa Szász


Contact Dara


夏期集中コース
 


夏期集中コース

7月2日ー27日
10:30 ー 1:00

At 共振塾ヒマラヤ
ジャギワラ、ダラムサラ、インド

毎金曜日 3時からサブボディ舞踏劇場開催



スクールジャーナルをもっと読む


生命共振アート


踊る皮膚の目 ダラ
 

.

生命共振アートにご支援を! 


生命共振アートのさざなみを!


わたしたちは、これまでのサブボディ共振舞踏の
枠組みから、一歩踏み出そうとしている。
インドの山奥のヒマラヤで雌伏18年、
共振塾の卒業生は千人を超え、世界各地で
幅広い活動を展開している。
舞踏や踊りだけにこだわらず、多くの芸術分野にまたがり、
生命共振の無限の創造性・固有性・共振性を
最大限に生かしていのちの創造力を拡張している。
わたしたちはそれを総称して
<生命共振芸術>と呼ぶことにした。
いのちの共振はリゾームであり、ノマドだから、
誰にも止めることはできない。
中心も上下も境界もなく
いつどこでも自由に連結し、自在に分離することができる。
既存の世界の階層秩序や国家・宗教・
文化の違いににとらわれず、いのちがみずみずしく
ほとばしるような世界を創ろうとしている。
あなたもこのいのちの共振に参加しませんか。
ジャンルを問わず、新しい生き方を求めている人なら
誰でも大歓迎です。
また、この活動への暖かい支援を求めています。
共感される方は、下記までご一報くだされば幸いです。

Dara: darinka.pilari@gmail.com

Gio: womandocu@gmail.com

Lee: subbody@gmail.com



生命共振アート ツアー
2018 in Europe

Europe
 
 

Gio


ジオ、生命共振アートツアー
in ヨーロッパ 2018

共同開催者・参加者 募集中!

Join in the “Europe Life Resonance Art Tour 2018”


Dear All Dancing Friend 

Life Resonance Art is new project of us that is not only Butoh, but also expand the collaboration with diverse Artists beyond borders.

Lee has continued Europe tour for these years, but this year has to rest it by knee condition, concentrate on writing in Himalayas. And Gio will take over it instead of Lee.

Gio is going to do the Europe tour with performances, workshops and collaborations with all kinds of Artists, starting July 2018 at Iceland and travel to various part of Europe.

Now we are accepting participants and organizers of it.

If you like to join in it, or organize any activities in your place, please contact Gio or Lee.

 

Gio: womandocu@gmail.com

Lee: subbody@gmail.com

Gio: Sati Gio has been the longest co-researcher with Lee at the Subbody Resonance Butoh Himalaya, and had worldwide experiences of performances, workshops and collaborations with various artists in Canada, Germany, Greece, Hungary, India, Italy, Netherlands, Poland, Spain, Korea and so on. You can enjoy and learn a lot with her.

 

 

Contact Gio


世界生命共振アート

世界各地でサブボディ共振舞踏・生命共振アートを楽しみ、学べます。


Hungary
 

Dara


ダラ、ロッテンとと再び
ハンガリーで共演!

予告ビデオを見る


彼女とチベットのミュージシャン・ロッテンは、去年ダラムサラで共演した。
(上の予告ビデオはその時に撮られたもの)。
この夏、ダラの街、ハンガリーのペーチで再び共演するという。
嬉しいことだ。
サブボディ=コーボディは、ノマドでありリゾームだ。
世界中どこでも自由に連結し、自在に離れることができる。
そして、どんなに離れていても私達は、一つの命だ。


Mgon Nagpo (The Great Black One)


"The rhythm of the now does not reach me through light, it resonates within every particle of the darkness of the body. It’s darkness that binds us, opening up the horizon where we finally meet. Don’t be deluded by the mirage of light, this rhythm will become dance even when your eyes are closed."

Two eagles were circling above when they first played at the foots of the Himalaya, in Dharamsala. The meeting of Tibetan music and Japanese buto in two wanderers through whom traditions of East and West, mountains and valleys live together. Their common language is the sounding rhythm in the darkness of the body.

Musician: Loten Namling
Dancer: Ma (Dara)

19.00, 30th June 2018, garden of Vasarely Museum Pécs
Trailer: https://vimeo.com/273860344
Entrance: free and friendly
.............
Based in Switzerland, Loten Namling has travelled worldwide with his lute, singing the songs of the 6th Dalai Lama, as well as other traditional Tibetan songs, and his own songs.
Originally from Pécs, Hungary, Ma has been traveling the world seeking the origin of movement. Butō is her way to find dance in the most surprising ways.

Contact Dara

Hungary
 

Dara


ダラ、ハンガリーでワークショップ開催!
舞踏アトリエ
皮膚の目で踊る


ワークショッププロモーションビデオを見る

Where: Pécs, city centre, Hungary
When: 6-7-8 July 2018
Friday: 10:00-12.30, 14:00-17:00 studio
Saturday: 9:30-12:30, 14:00-18:00 outdoors
Sunday: 9:30-12:30, 14:00-17:00 studio


With the aim to create tradition, we launch this year the Butō atelier to open up the inner land through the exploration of the body as a unified subtle sense.
On the path of butō the self recognizes itself as a spatial entity than a personality, and so creates the receptivity for life resonance. Butō (舞踏) does not follow definite forms, it is poetic in its nature, and for this reason it is difficult to grasp it in an explicit way. Poetry brings us closer to the essence of butō. As a spatial entity that indwells in space, your body is a whole perceptual system that unify details.
In our practice instead of being a predator of perception, we create the space for receptiveness and a silent observer to let the language of movement unfold itself.

The duo of RhythmosNoir invites you to share a poetic movement practice through becoming explorers of our subtle sense. Dance in butō for us, is a light through a kaleidoscope that comes alive when the mindbody becomes a passage between the present moment and the inner land. This path is not about “knowledge production”, but about the process of discovering, and in a way unlearning, in every instant.
We believe, it is through movement we recognize our known spacetime, a movement holding certain vibrating rhythmic patterns, where poetic rhythms can be sensed in their free expression.

In short –
the atelier is about our subtle sense and living poetry

The butō atelier calls those who are interested in writing or/and express poetry through the body, those curious to find their unique dance, and those wishing to connect with their inner land.

Further information and registration: rhythmosnoir@gmail.com
...
The RhythmosNoir duo, Darinka and Edde have throughout their wanderer lives lived in various cultures, experiencing several dance and mind-body techniques around the world.
Darinka is a buto dancer, dance historian, researching spatial relations between movement and the environment (The title of her PhD research is „The Meeting of Spheres”).
Edde is traveler poet, butō dancer, a teacher of yin yoga, who has been studying various shamanistic ways, and seeking to transcribe the alchemy of nature’s spirits onto the moving image.
Both have been influenced by Japanese butō, and the approach of Rhizome Lee, with whom Darinka is continuing a co-research since their first meeting in 2016. Both live the path of butō which for them is a natural safe passage, a gate-less gate in-between worlds.

Contact Dara

サブボディ共振塾ジャーナル

夏期集中コース
 
 
2018年6月16日

微細リスニングとリゾーミング変容

共振塾夏期集中コースでは、
毎日、参加者にとってもっとも重要なことはなにかに耳を澄まし、
一つの技法に集中して掘り下げている。
第2週は、さらに微細なクオリアに耳を澄ますことに焦点を当て、
目隠しで歩いたり、目隠し歩行でで触れた背後世界の刺激を与え合い、
それぞれの見えないクオリアにからだが感染していく<リゾーミング・シェア>を試みた。
ヴィシャールは、モノとの共振をガイドし、石、木、紙、布、ガラス、金属、プラスチックなどとの生命共振クオリアを探った。
パメラは人の背後や間隙、下や上で踊る技法をシェアした。
週末のサブボディ=コーボディ劇場では、参加者の踊りが少しずつだが、確実に変わってきた。
3週目はこれらを統合し、<からだのくもらしかた>技法に向かうことになるだろう。

耳を澄ます 体の闇の中や体の周りのさらに微細なクオリアを聞く。
忘れていた記憶、思い出せない夢、日常の意識が周縁化したり、解離してしまっているクオリアに耳を傾ける。
うまく共振できないクオリア いきおいそれらの多くは<うまく共振できないクオリア>として総称することができる。 そこに各自のサブボディがからだの闇の奥深く退避しなければならなかった秘密が潜んでいる。
クオリアをまとう からだのまわりの秘膜に、できるだけ多くのクオリアをまとって動く。
あたかもクオリアの雲をまとってその雲を運ぶ。
●クオリアとの生命共振を踊る からだのまわりのクオリアと共振する。からだの各部の踊り場がそれらのクオリアと共振する。
自在跳梁 英語では<Jumping Wild>と呼ぶ。からだの各部で、それぞれのクオリアとできるだけ短い時間で共振し、次から次のクオリアへと移っていく。

じょじょにからだの闇に隠されている秘密に迫っていく。
それは同時に土方巽が『病める舞姫』の中心に据えた<からだのくもらし方>という技法を身につける旅でもある。
これらの後、第4週は、土方が収集した<癇の花>のクオリアを学び、各自の<癇>のクオリアを探り、身につけることになるだろう。
今年の水無月は、これまでにない濃密なひと月になりそうだ。


共振塾ジャーナルをもっと読む

サブボディ・メソッド 実技ガイド

 この夏は、ここ数年しばらく中断していた『実技ガイド』を再編集している。
中断していたのは、実技ガイドが膨大になりすぎて開くのが重くなっていたからだ。
この機会に一つの本にまとめて出版する予定だ。
数年ぶりに振り返ると、この数年でサブボディ技法はずいぶん深化し、
何を実現しようとしてきたのかが、はっきりしてきたのが分かる。
この記事はその象徴ともなるだろうものの一つだ。

6 変容法
微細リスニングとリゾーミング
 
 

からだに耳を澄ます。
あるかないかのクオリアを聴く。
瞬間ごとに変わっていくクオリアの流れの一瞬を狩る。
そしてからだを預ける。
ときにゆらぎや震え伸び、縮み、ショックなどの動きになる。
ときにおびえやくぐもりなどからくるからだの密度の変化になる。
それらの変化がからだの一部から他の部位へ波及・伝染していく。
それを管理するのがリゾーミング技法だ。
瞬間ごとにからだを構成する百兆個の細胞のいのちの共振パターンが変わっていく。
通常速度で起こる変化を微分化して、いのちに何が起こっているかを詳細に見せる。
リゾーミングはいのちの共振技法として欠かせない。
ひとつの踊りのなかで、もっとも大事なクオリア変容が起こる場面は、緩速化してじっくり踊る。
いきおい観客のいのちもその変容に巻き込まれる。
それが生命共振舞踏だ。
いのちからいのちへ伝わる生命共振だけが世界を、
ゆっくりとだが確実に変えることができる。

 

『実技ガイド』をもっと読む

世界サブボディ共振

世界各地でサブボディ共振舞踏を楽しみ、学べます。


Spain
 
 
 

Leire


レイレ、美術館でパフォーマンス

そうだ!美術館で踊れ、公園で踊れ、

世界中の街角をサブボディ=コーボディの劇場にしよう!



Dear Lee

I send you some photos of a performance my mum invited me to do at her exhibition in a museum in Spain. One friend of her collaborates with sound and lights.

The qualia she explores in her paintigs were those of: warm, end of the world, volcano, underground, lava... She gave me a big piece of plastic that is what covers her studio floor when she paints. So all the colours that dont go "inside" her paintings fall in this plastic.

Then she wrote a text of Artaud on it and asked me to do what I want in this space.

It was interesting and a lot to explore when doing "performance" in an enviroment out of the Butoh school.

See you soon

Leire


PD: The text of Artaud that was writen in the plastic (is a translation I did from the cook in Spanish):

A whispering wind agitates all those lost larvae that where gathered by the night in mirroring images. There can be felt a trituration of floodgates, a luck of horrible volcanic shock where the light of the day has been disociated. And from that shock, from that tearing of two principles, born all the images potentially, with a more strong push than a volcanic seabed wave.

There is the strengh of a consolidated dream, as hard as the shell of an insect and ful of legs spread in all the directions of the sky.



Contact Leire

Brazil
 
 

Pilar



女性の水中ダンスサークル

When 17th June 17:30
Where: Aracaju, Brasil

Hello everyone

Sharing here that next Sunday we will have a dance experience in the water guided by Pil ARa Echavarria here in aracaju

The practice will be in the hall of artemisia space and the waters of the sea and the river.

For more information please contact!!

" water dance explores the art of connection of breath that allows you to establish a deep relationship between what of the session with the one you receive, inspiring confidence and offering the attention that is needed to bring someone below the surface of the water.

Through the water with safety, ease and fluidity, giving what receives a deep state of sense of freedom and joy.

Waterdance makes it possible to explore the poetry of spontaneity inspired by what is present at the time of therapy.
Creating your own vocabulary of movements that have been introductionof since breath."

by Marcelo Roque



Contact Pilar

Netherlands
 
 
 

John Giskes



konpaku 魂魄 pop-up performances

6月9日の舞踏公演からいくつかの写真が届いた。

Aston special - konpaku 魂魄 pop-up performances
on 2,3,8 and 10 June 2018 Rollostraat 34, Rotterdam,
open atelier
from 13:00 to 18:00
'Mercury' performance
at cultuurwerkplaats tarwewijk
on June 9, 2018
at 19:00 pm, CILLAARSHOEKSTRAAT 1, Rotterdam.


Contact John

Hungary
 

Dara


ダラ、ソローデュオ舞踏公演

Fehér (白) 

In the current form of the piece, a solo-duo solo-duo movement and dance improvisation following the Japanese butoh technique, with Dániel Gyöngy and Darinka Pilári: I reclame dance for the victims of the present and the violent acts of the past who lost their lives - or are losing their will In spite.

When: 20th June 21:00-22:00
Where: The performance will take place within the framework of the PAD Street Festival, in the courtyard of the B24 gallery, Debrecen, Hungary.
Entrance is free. Everybody is welcome!
*
I'm white,
like blank paper.
Write to me,
hold on to my skin eternity
bloody-black penna:
a slice of unwanted reality.

*
Concept and dance: Dániel Pearl and Darinka Pilári
Costume: Zsuzsa Szász


Contact Dara


夏期集中コース
 
| エリーとパメラ
2018年6月10日


ディープ リスニング



共振塾夏期集中が始まった。
パメラ、ヴィシャール、リーの3人の産婆は、
毎日、参加者にとってもっとも重要なことはなにかに耳を澄まし、一つの技法に集中して掘り下げる。
最初の1週間は、次のテクニックを共有した。

耳を澄ます 体の闇の中や体の周りの微妙なクオリアを聞く
原生体 もっとも原始的なクオリアに耳を澄ます
●動かされて動
細分化 からだをいくつもの細部に分けて管理する
●リゾーミング
 からだの一部から変容が始まる
透明さ 内に半分、外に半分耳を澄ます 内にも外にも囚われない

あるかなしかの微細なクオリアに耳を澄ますことは、
他のなによりも重要なことだ。
なぜなら、それは踊りの最大の障害となる自我や自己を消す道だからだ。
参加者は、週末の公演で深いリスニングを見せた。
それぞれがとても丁寧に耳を澄ましていることが見えた。
その美しさに驚かされるほどだった。
踊り手がなにかに耳を澄ましていることは、観客にも直かに伝わる。
そして、その世界にいのちごと惹き込まれる。
それが生命共振劇場だ。

次は何か?
私たち三人の産婆は、24時間耳を澄まし続ける。
さて、来週はどうなるか?
楽しみだ。


共振塾ジャーナルをもっと読む

サブボディ共振塾ジャーナル
 
 

 共振塾夏期集中コース

          

        2018年 6月4日(月)ー8月24日(金)

 

 

この夏、涼しいヒマラヤで共振舞踏を学びませんか。

当地は標高2000m,気温は20度前後と

もっとも過ごしやすい避暑地です。

毎日重要な舞踏技術一つを集中稽古、一ヶ月で20の技法を学べます。


期間: 

6月コース: 6月4日ー29日

7月コース: 7月2日ー27

8月コース: 7月30日ー8月24日

 

月曜から金曜まで。毎日10時から12時30分。
(6月11-15日は、10時半から1時)
午後はスタジオ、ヒマラヤの野外で自由練習。


任意の月曜からはじめ、任意週間継続できます。・

 

 講師 リゾーム・リー、パメラ、ヴィシャール、アダム



場所:

サブボディ共振塾、ダラムサラ、インド
標高2000メートル、夏期でも20度前後と過ごしやすい避暑地です。



受講料:

3ヶ月 (12週間)    600 USD , 6万5千円

          1ヶ月 (4 週間)    225 USD,  2万5千円

          1週間(5日)     60 USD,   6,500円

          1日体験       13 USD,  1,500円

 


申し込み・お問い合わせ: subbody@mail.com

 

 


第16回国際ヒマラヤ舞踏祭 2018

 
それは| ローレンス

世界サブボディ共振

 
世界中のサブボディ=コーボディの多彩な活動を紹介します。
サブボディ=コーボディは中心を持たないリゾームです。
いつどこで連結するも、分離するも自由自在。
いま各地でさまざまな連結・分離の試みが進行中。
たとえ場所は遠く離れていても、
わたしたちはいつも共振しているひとつの命です。

Spain
 
Crick here to see the trailer 

Jonathan


灰とダイアモンド
Uncovered Physical Theater

"My soul is turning to ashes
If I breathe out
They spill from my body
I breathe myself in and out
My soul floats throughout the sky
As it turns to ashes and falls." (Kazuo Ohno)

When: June 9 and 16 at 10:30 p.m.
Where: Bt The spring threshold, Spain


Contact Jonathan

Spain
 

Jonathan


生粋のアート
ジョナサンの舞踏セミナー
This summer in vitoria,
a week of carnal research
digging into the only value, freedom.
Cheers !

When: 23 July - 27 July
23 July at 10:00 to 27 July at 14:00
Where: Baratza Aretoa
Plazuela Aldabe 4, 01003 Vitoria-Gasteiz, Pais Vasco, Spain




Contact Jonathan

Netherlands
 

John Giskes



魂魄
pop-up performances



Aston special - konpaku 魂魄 pop-up performances
on 2,3,8 and 10 June 2018 Rollostraat 34, Rotterdam,
open atelier
from 13:00 to 18:00
'Mercury' performance
at cultuurwerkplaats tarwewijk
on June 9, 2018
at 19:00 pm, CILLAARSHOEKSTRAAT 1, Rotterdam.


Contact John

Brazil
 

Aia(Raisa)、Jaime, Pilar、Yoko





祝!
サブボディカップルの
はじめての息子

グッドニュース!
ブラジルを公演とワークショップの旅を続けているピラーと、葉子が
ブラジルで長男を産んだアヤとハイメに会った。
その子はサブボディ同士のカップルの最初の子供だ。
いのちの共振が次世代に受けつながれていく。
あたらしいいのちにヒマラヤから祝福を贈る。

Dear Lee!
Today we met in Brasil
with the first subbody grandson!!!
Love from here!!

Aia(Raisa), Jaime, Pilar and Yoko



Contact Pilar

India
 

Naireet


”パオーマンスとしての動き”

When: June 4 -9 20:00
Where: Mumbai, Anant Vijay, India
B311 samartha Ashwarya building..lokhanwala..
Andheri west, Mumbai, Maharashtra 400104

Details
Every movement we make gives rise to another movement and the balancing of all the movements is in some form called the politics of performance. Understanding movement and strengthening the core to the edge muscles of the body would be the main focus of the Workshop.

A space to explore the self would be the main focus of the sessions.


Contact Naireet

Japan
 

Igu


野外舞踏パフォーマンス
in 加藤鉄平個展


When: 5月29日午後2時30分
Where:· 岩手県一関市千厩町

踊ります❗お待ちしています


Contact Igu (Ikuko Iwabuchi)


Brazil
 

Pilar


舞踏体験ウオーク In ネイチャー
CaminhanDanças na Natureza -
Uma Experiência Butoh


When: 25-31 May, 2018
Where: Terra Viva - Vale do Capão/
Chapada Damantina, Brazil


Contact Pilar

Brazil
 
 
 

Pilar



祝!共振ダンス!

ピラーは昨年一年ヒマラヤで産婆を努めた。
今年はブラジルに飛んで、共振ダンスノワを広げている。
そうだ。離れていてもいのちはつながっている。


Ressonâncias da Dança

共振ダンス 

When: May, 2018
Where: Alto Paraíso de Goiás, Brazil

A circle for fire
A circle of water...
Circles to start
Circles to finish
Circles that become networked, which create roots and transform into rhizome...
Love... Assimilo and corporifico the presence of the more of so many colors, smells, flavors, textures, sounds of our resonant cycle.
A wave of gratitude passes through my chest and leads me to thank every present presence connected by this our brasilzão, world apart and immensity...


Contact Pilar

Japan
 
 

Igu



東北舞踏集団 三角標 
第2回定期公演

「鏡異時空」


6月2日 14:00 / 18:00 の二回公演です😆
場所 スペース・イグ 一関市赤荻字上袋204
問合せ 岩渕 如妙

古民家にたち現れる一期一会の時空を是非味わって頂きたいと思います。
お待ちしています。


Contact イグ (岩渕育子)


USA
 

Gadu


道心舞踏ワークショップ

Beginning Doushin Butoh Workshop is designed as a pre-requisite for Doushin Butoh Workshop in order to learn the basic physical methods of Subbody Butoh Method and basic meditation techniques of Spring Forest Qigong. ​​​​​​​​​

This workshop will focus on the essential aspects of Doushin Butoh:
Quiet down the daily consciousness and listen to the subtle body signals
Go beyond our physical, psychological and social bounds in order to create movements that are novel and unique to the individual body
Resonate with other bodies
Go into meditative state using Spring Forest Qigong techniques
Doushin Butoh Workshop is a group process and this workshop requires no previous dance experience. Anyone who would like to explore his or her hidden creative potentials is welcome!


When: Thursdays 6:30 - 8:00pm

First Term: 5/3, 5/17, 5/24, 6/7, 6/14, 7/12, 8/2, 8/9

Where: Heart of Tao Resonance Art, 2322 Garfield St. NE, Minneapolis 55418

Tuition: $120

To Register, please complete Online Registration Form.

If you have any questions, please Contact Us.


サブボディ出版
 アマゾンでご購入いただけます
 

 生命共振としてのクオリア


リゾーム・リー

590円




『生命共振としてのクオリア』をアマゾンから電子出版いたしました。

 なぜわたしたちは、あたたかいとか、うれしいとか、
こわいという感覚を共有しているのだろうか。

この、あたたかさ、うれしさ、こわさなどの感じをクオリアという。

クオリアは人間だけではなく、動物も植物も、単細胞生物もふくめ、
あらゆる生命が外界や細胞記憶と共振することによって生みだされます。

クオリアは細胞生命が何ものかと関わるときに
細胞の変化とともに共振的に生成する。

それが『生命共振としてのクオリア』という
この書が提出する世界でも独自な視点だ。

この独自な視点は、著者リゾーム・リーが、
この20年間北インドのヒマラヤ・ダラムサラにこもり、日常的な意識を止め、
からだの闇(下意識や集団的無意識領域を指す)に耳を澄まし、
感じられるかすかなクオリアをからだの動きとして増幅する、
独自のサブボディ共振舞踏技法を見つけ、深める中で掴み取られたものだ。

クオリアは、生命が40億年間の生命史を通じて
細胞内に蓄積してきた生命の遺産である。

この生命遺産としてのクオリアにアクセスし、自由なクオリア共振を解放することで、
生命が持つ無限の創造力を解放することができる。

著者がヒマラヤに設立した共振塾という国際的な舞踏学校で、
この12年間に千人以上の生徒がサブボディ技法を学び、
世界でただ一人のユニークな舞踏者として活動を繰り広げている。

あなたもサブボディ技法を学び、
からだの奥に眠る隠された創造性を全開してみませんか。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01MU21TNH

 ここをクリック

パソコン、スマホなどお手持ちのあらゆるデバイスでお読みいただけます。
上記リンクで試し読みをした後、
フリーアプリをダウンロードしてお読みください。

 
 
サブボディ技法の推薦図書を見る


サイトマップ | はじめに申し込み共振塾ジャーナルメソッド実技ガイドからだの闇共振日記多重日記ヒマラヤ道案内ビデオ写真 | 設備 | リ ンクブックメール
     世界生命共振アート
 

白 ダラとダニエル